topimage

2017-09

美味しいイタリア旅4(2日目:半日フィレンツェ散策) - 2017.06.25 Sun



このイタリア旅のINとOUTはフィレンツェにしていました。

間は他の町を回る予定にしており、直前のパリでの買い物をホテルに預かってもらって周遊して、最後にフィレンツェに戻ってきてパリの買い物をを受け取り、フィレンツェ最後のお買い物と一緒に荷物を作って帰路の飛行機に預けるという計画。


最後のフィレンツェではたっぷり時間を取っているので最初のフィレンツェでは、サラッと散策といった具合にしておきましょう。


良いお天気に恵まれました。こんな窓のある明るいお部屋が好きです。


IMG_3977.jpg
(ホテルのお部屋から)


いつも予約の際、ホテル側にリクエストすることは、”窓の向こうに空間のある明るいお部屋”ということです。
目覚めた時、暗かったり窓が塞がっている状態だと気持ちがどんよりしてしまいますもの。



朝食♪


IMG_3969_2017062314584616b.jpg



わりと口コミの評判が良かったので、楽しみにしていました。


IMG_3968_2017062314584488e.jpg



豪華ではありませんが、本場のハムやチーズ、パンが美味しかったです♪


IMG_3974.jpg



それにね、朝食会場がなかなかのロケーションで・・・


IMG_3970_20170623145847918.jpg


↑道の上でしょう!?私も着席してから気が付いたんですが、位置関係から考えて・・・このアーチの中の窓のところが朝食会場だったんだと思います^^


DSC09089.jpg
(後で撮った写真)



このアーチ、表側は有名なレプッブリカ広場の象徴的なアーチです。それがホテルの一部なんて・・・なかなかすごいホテルですよね。


DSC09182.jpg



散策に出掛けます。6月の空は冬場と違って綺麗なスカイブルーで何度も見上げてしまいます。


DSC09090.jpg



キタキタキタ~~~ッ!!!


DSC09095.jpg



これがドゥオモを中心とするフィレンツェの象徴!!


DSC09099.jpg



いつ見ても何度見ても美しくて飽きることない景色です。


DSC09101.jpg



凄い人でしょう!?これがフィレンツェのハイシーズンの実態。6月はまだいいのかな~?8月あたりだときっともっと凄いのでは!?



人混みの中、観光ストリートの王道!みたいな道を歩きました。


オルサンミケーレ教会。


DSC09116.jpg



前回ブレてしまって撮影に失敗していたショット(笑)どちらがメインか分からない形で祭壇が並んでいて面白いと思う形式なので撮っておきたかったんです。←どうでもいいけど(笑)


DSC09119.jpg



こんなにかわいい坊やが遊んでいました。


DSC09126.jpg
(子供の写真なので敢えてよく見えない暗さにしています)



美味しそうなものも沢山!観光中の買い食いも楽しいですよね。


DSC09111.jpg


DSC09112.jpg


DSC09132.jpg



カフェで一休みもいいし。


DSC09138.jpg
(左に見切れているこちらのカフェはYottittiさん行きつけのシニョーリア広場に面するカフェ^^)



そしてヴェッキオ宮とシニョーリア広場。


DSC09134.jpg


ネプチューンの噴水がメンテナンス中で覆ってあって残念。半年前に見ておけて良かったです。今回は、フィレンツェ中、前回見れたものが今回メンテナンス中で見られなかったものが多々有りました。



前回、シニョーリア広場でいたく気に入ったライオン像。ヴェッキオ宮の隣の大きなランツィのロッジアにあって、ヴェッキオ宮の入り口にかぶさるように見える形で置かれています。

まるで生きているような迫力ですよね。


DSC09141.jpg


DSC09143.jpg



他の彫刻も凄い迫力ものばかり!


DSC09145.jpg


DSC09144.jpg


DSC09146.jpg


DSC09147.jpg



この辺りは本当に観光の中心で、このご時世、やっぱり沢山の警察や軍隊みたいな人がいつも出ています。

守ってくれてありがとう♪って思いながら・・・なんだろ?この格好よさ!


DSC09150.jpg


制服の配色やデザインなのか?全体のバランスなのか?体型なのか?何が入っているのか白いストラップの紋章の付いた小さなポシェットとかたまらなくオシャレ♪

キュンキュンきて、後ろから抱きつきたくなる妄想のおばさん一人でした・・・笑



こちらの後ろ姿も強そう!でしょう。


DSC09156.jpg



ウフィツィ美術館の回廊を抜けて、ヴェッキオ橋を目指します。


DSC09161.jpg



この道は、アルノ川沿いの道なのですが、右側が知っている人は知っているヴァザーリの回廊です。


DSC09164.jpg


当時、政務オフィスであったウフィツィ美術館とメディチ家の居城であったピッティ宮をつなぐメディチ家専用の階上通路です。

当然、川の両サイドの両建物ですから、このヴァザーリの回廊はヴェッキオ橋の上を端から端まで渡っている訳で、この橋の上のアーチの上がその通路です。


DSC09169.jpg



この写真は綺麗に回廊部分の外壁が写っています。


DSC09171.jpg
(向かって左側の外壁)


橋を渡りきったところの川の南岸から橋を見たところ。階上部分の回廊外観がよく見えます。要するにヴェッキオ橋というのは、複数階建の建物の乗った橋ということなんですよね。


DSC09177.jpg



そしてこの下の写真のアーチが橋からピッティ宮まで伸びる部分の公道をまたぐ階上アーチ。


DSC09178.jpg



橋は、建物が乗っているだけにぱっと見、写真だけで見るとそこが橋だと分からないですね。下の2枚の写真は橋の上の写真です。


DSC09170.jpg


DSC09175.jpg



このヴァザーリのの回廊は、一定の時期だけ予約制で少人数制でのガイドツアーになっているとのことです。行く時期が公開期間と合っていて予約が上手く取れることが必要な、秘密めいた回廊の秘密めいた観光になる訳ですね。



そして・・・賑やかな観光地フィレンツェでは、路上芸人のパフォーマンスも華やかに行われていました。

とっても良い音色のカルテット。凄い沢山のお客さんを集めていました。かなり儲けるんでしょうね。


DSC09179.jpg



石畳を直接キャンバスにして素晴らしい絵を描いているおじいさん。


DSC09180.jpg



サラッと午前中だけ街歩きをしようと思っていたにも関わらず、知っているフィレンツェがあんまりにも楽しくて、気が付けば午後も2時を過ぎていました。

この日は午後から電車で35分という未知の街、ボローニャに移動して、そちらを本格的に観光する予定で、もし上手くいってお腹が空いていれば、遅いランチを美食の街ボローニャで・・・と思っていたんですけど・・・


既に結構な時間になっていたのと、現地から発信しましたが35分という特急に乗れず、乗り換えの必要な鈍行に乗らざるを得ないという逆境に見舞われ・・・まあ、チケット代は安く済みましたが^^;


IMG_4015.jpg



ボローニャに着いた時には既に夕方、そして体力的にはボロボロになっての到着となってしまいました。





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ホテルでの朝食の眺め、素敵~
まさかあのレプッブリカ広場の建物の一部だなんて、贅沢すぎます~
歩いてる人たちや、違ったフィレンツェの角度から楽しめるひと時ですね

いとしいフィレンツェの街並み、やっぱりきれいです
ヴェッキオ宮にドォウモにヴェッキオ橋のにぎわいもすごいです
彫像物に警官、街の人々や観光客、被写体がいっぱいあって先に進めないですよね
ちょっと見るつもりがはまってしまうのがフィレンツェの魅力です
本当、あっという間のフィレンツェ滞在だったのですね~

エカテリーナさん❤️
ワクワク〜!!いい感じ。はい、一緒に旅行している感が妙にする。
ホテルの位置わかりましたよ〜。あのメリーゴーランドの前、デパートの近くな感じでしょうか。
幼かった娘が嬉しそうに乗って、私自身もすごく幸せな気分だったことを思い出しました。
『キタキタキタ〜』う〜ん。私も興奮しました(笑)

Yottittiさんへ

ホテルは、お部屋よりも一番この朝食が良かったです^^
着席してから窓の外に見えた景色にここどこ?って・・・でも位置関係から冷静に考えると?・・・そんな時間も楽しかった朝食でした^^

まさに愛しいフィレンツェの街並み、綺麗ですよね〜^^
被写体がいっぱいで何にでもカメラを向けて無駄な写真も量産してしまいました(笑)
人が多いので、それを避けて写真を撮るのにも時間を要したかも??
また最後に丸一日以上フィレンツェの時間を取っていたので、ここでこんなに時間を使わなくて良かったのですが・・・あれよあれよという間に時間は過ぎ〜・・・といった感じでした。

今回は、Yottittiさんの行かれていたシニョーリア広場のカフェに入ろうと思っていたんですが、また機会を逸してしまいました^^;

ボルフィさんへ

ボルフィさん、一緒に旅行してくださってますか!?嬉しいです♪

ホテルの位置はそうです!レプッブリカ広場を挟んでデパートとはす向かいです。
あのメリーゴーランドは、以前からずっとあるのですね〜。
私の写真をきっかけにボルフィさんが、懐かしい思い出、幸せな気分だったことを思い出していただけて良かった〜^^私もなんだか嬉しいです。

徒歩でドゥオモに少しづつ近づいていく時にまさに自分の中でキタキタキタ〜〜!!って声がしていたんですよ。
その迫力、お判りになりますよね^^まさに興奮の瞬間でした。

みなさんと同じく、ぼくもすごい眺めの朝食だと思います。
景色を眺めながらの朝食の写真、、とても惹かれるものがあって、
自分もシリーズ化したいかなって気分です。(あんまり、こんな機会にぼくは恵まれることないですけれど笑)

あのシニョーリア広場の一角にある彫刻群はすごいですよね。 ぼくが初めて一眼レフを持っての海外旅行だったのですが、角度を変えることによって、彫刻の魅力が何倍にもなる、、なんて気付いた場所です。だけど、あの時はまだフィルムだったので、撮れたのは5、6枚くらい。。 ぜひまた行きたいです。

路面の絵画、、ぼくもイタリアで何度も見かけたんですけれど、驚くくらい上手なんですよね。。
あれは一種のイタリア名物なんですかね??

bonzofireさんへ

実はこのホテル、お高いシーズンのフィレンツェのホテル相場の中で、高過ぎず場所が良くて、全体的に悪くない、まあまあ好きになれそうな感じかな〜?というどちらかというとネガティブ要因を消していく方法で探したホテルで、気に入ったから〜というプラス要因で探した訳ではなかったので、こんな素敵な朝食会場でいただけるとは夢にも思っていなかったんです。
事前期待が低かったのでより嬉しくなっていたと思います♪ラッキーでした。

シニョーリア広場の彫刻群は、bonzofireさんの写真に影響を与えた場所だったんですね!
半年前は、あの場所に興奮してあんまり見ていなかったんですが、今回は落ち着いて見ることが出来ました。そうしたら・・・動き出しそうな彫刻群、是非撮ってみたい!って思いました。
同じ場所に時を経て行って、同じ被写体を撮る・・・自分の視点の変化などを楽しめる行為で面白いと思います♪

路面の絵画、ちゃんと絵画を勉強・訓練した人たちがやっていることには違いないのでしょうが、いわゆる落書きの一種でしょうに警察とかから注意されないのかしら?と思いながら、何となく思ったのが・・・もしかすると昔からあった芸だったのかな?と・・・ああやっている内にパトロンが見つかったりしたのかしら?とか・・・そんな想像も楽しかったです^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1139-7e323339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美味しいイタリア旅5(2日目:ボローニャ到着/ホテル/晩ご飯) «  | BLOG TOP |  » 美味しいイタリア旅3(1日目:フィレンツェへ移動)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (106)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (550)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (28)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示