topimage

2017-06

煌く宝石箱フィレンツェ31(綺麗な布好きさん、集まれ!!) - 2017.05.27 Sat




中世邸宅博物館の少し奥まったところの、女性の家事室のようなところにあったのは・・・


DSC08454.jpg


DSC08455.jpg



これでもかというほどの・・・


DSC08456.jpg


DSC08457.jpg



美しい・・・


DSC08458.jpg


DSC08459.jpg



レース・・・レース・・・レースの海。


DSC08460.jpg


DSC08461.jpg



この宮殿に住んだ歴代の女性たちが編んできたレースの展示室でした。


DSC08462.jpg


DSC08463.jpg



こんな風に引き出しを開けると、中全てレースの展示♡


DSC08472.jpg


DSC08464.jpg



こんな風に襟元に使われていたもの。


DSC08478.jpg



こんな絵に描かれていても、どれほどのものかなんて、今まで分かりませんでしたが・・・


DSC08470.jpg


こんなに美しいレースたちだったんですね。



おじさまの胸元にも・・・


DSC08471.jpg



奥様の襟元にも・・・


DSC08479.jpg



坊やの襟元にも・・・


DSC08480.jpg



よく見かける中世の衣装のこんな風にレースが上下に折り返され重ねられた首回りの襟も、こんなレースだったんですね。


DSC08482.jpg



贅沢ですね~。


DSC08474.jpg


DSC08475.jpg



綺麗な布好きの私、大感激でず~っと覗き込んでいました。


DSC08476.jpg



気分の良いことこの上ない・・・至福のひと時でした。


DSC08465.jpg


DSC08467.jpg



帰りの電車の時間もあるのに・・・ここで随分と長い時間を過ごしました^^


DSC08468.jpg


DSC08469.jpg



ポルトガルでレースを買ったことを思い出しました。


今度、イタリアに行ったら、レースを買いたいな~(←何に使う訳ではないですが)


今でこそきっと多くは機械編みで生産されているんでしょうが、当時は全部手作りですよね。


凄いことですよね~。



思わぬ興奮状態の中、フィレンツェ最後の観光を終えたのでした。


最後がここで良かった!


もう大満足です!!


この後、最後のお土産等のお買い物をして、帰路の電車に乗ったのでした。



まだ旅行記、少し続きます。





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
私もこのミュージアムとっても良かったと思ったのを思い出しました。
そしていつも思うこのレースたちの美しさ。私も布大好きなんで、こういうの、ひとつひとつ引き出しをあけて確かめてしまいます。それこそ今は機械で早く美しいレースを作れるんでしょうけど、この繊細なレースを手作りって素晴らしいですよね。

レースお好きだったらベルギーもおすすめです。ブリュッセルかブルージュか忘れましたが、それはそれは繊細な美しいレースが満載のミュージアムがありますよ。買えるかどうかはまた別かもですが(笑)。

どれもこれも、ためいきが出そうなほどきれいですね~
確かに見入ってしまいそう。

ヴェネチアンレースってこういうのの事を言うのかな?
無知ですみません笑。
お土産として売られていたら、なかなか高級品かもしれないけれど
ほしくなっちゃいますね。

手の込んだレースの軍団、昔の人たちは素晴らしいですよね
お洋服などに使われてたのも気にしたこともなかったですが、昔から使われてたのですね
今はこんなに細やかな作業をしてくれる人たちはいるのかしら~

エカテルーナさん❤️
美しい!糸がどうしてこんな素敵な姿に変わっていくのか、、貴重ですよね。
イタリアはいいわね。大雑把なところあり。繊細なところあり。一番すごいのは、誰もが自分の街をこの上なく誇りを持って愛しているところかしら。
楽しかった〜。ありがとうございました。

こんにちは、

レース作品、すごい時間をかけてつくってるんでしょうね。
繊細ですばらしいと思います。
一番目の絵の女性が、柔らかく、色合いもパステル調で
素敵です。

artyさんへ

こんにちは^^

artyさんも行かれたんですね?ここ。なんだか好みが似ているようで嬉しいです♪
良かったですよね〜。
レースのお部屋はうっかりしていると見逃してしまう場所だったのに、探し出してしまうのも私たちの共通点!?(笑)

それにしてもこのレースたちの繊細さ、美しさ・・・同じ人間が作っているのか?と思うほどで本当に感心しますね。
ベルギーは、憧れながらまだ行ったことがないんです。
そろそろと思っていた頃にブリュッセルだったか、駅の事件があったでしょう。
いつになったら行けるのか分かりませんが、必ず!って思ってます♪
そのときは、レースのミュージアムは必須ですね!教えてくださりありがとうございます^^

さえさんへ

私の着物に反応してくださるので、さえさんもきっと布がお好きですよね!?
本当に綺麗でしたよ〜。まさかこんな展示があると思わなかったので、事前期待がなかったのもより良かった気がします。

ヴェネチアンレースからの流れみたいですよ。さすがよくご存知ですね^^
レースはきっと高級品なのでしょうが、手が出せる範囲のものを買ってみたいです♪

Yottittiさんへ

コメント連続でありがとうございます♪

手の込んだレース、どれくらいの時間がかかるんでしょうね。
今は何でもスピード時代なので、時間の流れ方も違うのでしょうが、当時のゆっくりしたときの流れの中でもすごく時間がかかったはずですよね。
きっと目も疲れただろうし・・・でもこんなのを作れるご婦人たちって素晴らしいですよね〜。
今、こういったレースは工業製品が殆どになっていそうですよね。
どこも伝統技術の伝承が課題な時代なのでしょうか!?

ボルフィさんへ

ボルフィさん、本当ですね^^
ただの糸がこのような美しいレースに変わるなんて・・・レースを考え出した人もすごいし、作る技術もすごいものなんでしょうね。

イタリアは、いいですね。実はシチリア島には行っていたんですが、イタリア本土は久しぶりでした。
今回改めてイタリアの素晴らしさを感じました^^
ポルトガルもいいんですが。何だか文化のレベルが違うって・・・実感しました。
大雑把さも繊細さもイタリアで、多様性があるのも面白いし、こんなに濃厚な文化を持っている美しい人たち・・・そりゃ、誇りを持って愛せ続けられますよね^^

ぴきさんへ

こんにちは^^

レース作品たち、こんな繊細なものを作るのにはきっとすごい時間がかかっていますよね。
時間が今よりゆっくりの時代だったとはいえ、すごいもんです。

一番目の絵の女性、綺麗でしょう!?
惹きつけられるように足がそこに進み、見入ってしまいました^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1129-bc78a2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌く宝石箱フィレンツェ32(世界の美女たちとかワンコとか色々~フィレンツェ編~) «  | BLOG TOP |  » 煌く宝石箱フィレンツェ30(6日目:中世邸宅博物館)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (98)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (5)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示