FC2ブログ

小さな京都めぐり3(建仁寺)

10 0
京都


建仁寺に来ました。


DSC08647.jpg



わりとすぐ近くに住んでいたのに、なぜだか建仁寺って来たことなかったんですよね。


DSC08739.jpg



拝観料は、500円でした。安いです。


DSC08649.jpg



寒かったのに、沢山の観光客が来ていました。


DSC08651.jpg



1202年からのお寺で京都最古の禅寺らしいです。



お靴を脱いで、最初に拝観出来る間にこの見事な書の屏風。


DSC08653.jpg


現代の書家の作品だったと思います。



この書の屏風と同じ間にあったのが、圧巻の国宝、風神雷神図屏風(高精細デジタル複製)。


DSC08654.jpg


ガラスケースの中でもなくて、わりと無造作に置かれてあって、おおらかだな~と思っていたら、本物はちゃんと別のところに保管されているそうです。






複製でも素晴らしい迫力と美しさにウットリ~。





力強さと作者の情熱と緊張感が肌に伝わって来るような感じは、さすがに国宝ですね。



いくつかの建物が廊下で繋がっていて、中庭がきれいに造られていました。


DSC08668.jpg



新旧色々な美術品がしつらえられていたのも楽しめました。


ハッと目をひくブルー系の襖。


DSC08664.jpg



どんなのかしら?と思って近くに行って拝見すると、型染めで描かれた屏風でした。


DSC08665.jpg



着物の柄としても綺麗でしょうね~・・・とウットリ^^


DSC08667.jpg



今度は神々しいほどに静けさの中に躍動感を併せ持った大迫力の雲龍図(複製)。






どう表現したらいいか分からないのですが、究極とかこれ以上ない、一分の間違えも乱れもないといった心から気持ちの良さを感じる龍の墨絵でした。






見応えのある美術品が次々と表れるし、お寺というロケーション、澄み切った空気感もあり、気分の良いことこの上ない観光でした。






日本にも古くて良い物があるってことが確認出来て嬉しい時間でもありました。






ただ寒くてブルブル震えていましたけどね、私は。






お部屋を巡るごとに違う襖絵の間が次々にあって・・・






予想以上に見応えのあるお寺の観光。






盛り沢山の建仁寺、一度では書ききれないので次回に分けたいと思います。






関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

Bonzofire  

今はデジタル複製なので写真撮ってもいいことになっているのですか?
建仁寺には何度かいったことがあるのですが、外観はともかくとして中の写真はなにもないので、
もう記憶があやふや、、 複製だとしても、写真が撮れるようになっているのであれば、
とても嬉しいですね。 雲竜図確かに迫力があります!

2017/03/26 (Sun) 09:58 | EDIT | REPLY |   

ボルフィ  

エカテリーナさん❤️
そうだった、そうだった、、以前、京都にお住まいだったんですよね〜。
私の場合、建仁寺は割と足を運ぶんですよ〜。祇園周辺って、お茶のお道具屋さんも点在しているので、何気に入ったお店で、目に入ったものを購入するのが好きで、、あとは、二条城周辺のお店。一品しか作っていませんよ〜。なお干菓子屋さんやらを廻るのも好きなんです。私事ばかり書いてしまった、、

2017/03/26 (Sun) 12:04 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
建仁寺、私も行ったことがないです。
ここの屏風は一度見に行きたいと思っていたんです。
襖もすばらしいですね。
ブルー一色の襖にはびっくり。
こんなの見たことないです。
ちょっとポルトガルのアズレージョに共通するところがあるような・・・笑

続きも楽しみです!

2017/03/26 (Sun) 17:24 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Bonzofireさんへ

ここ建仁寺は、めずらしく写真撮影OKだったんです。
他の近くにいた観光客も、「写真撮っていいとか珍しいよね〜」と仰ってました^^

写真を撮っていないと記憶があやふやになってしまいますよね。
それに写真撮影が好きならば、ここは楽しく見ごたえのあるお寺だと思います。
私ったら歩いて10分程度のところに住んでいながら、行っていなかったって・・・私ったら一体何をしていたんでしょうね!??

Bonzofireさんだったら、雲龍図、どうやって切り取られるでしょうね^^

2017/03/27 (Mon) 13:25 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ボルフィさんへ

建仁寺、花見小路とつながっていて、京都観光のコースの一つですよね〜・・・私、今思えば、建仁寺って観光として公開していないと思い込んでいたような記憶なんですよ^^;完全な間違えですよね。

あの辺りも含めて、京都ってちょっとしたお店かとおもいきや名店がそこら辺に埋もれていてびっくりしてしまうことばかりです。
ぶらりと歩きながら、目に入って気に入ったものを購入する楽しみ・・・京都なら楽しいですよね〜^^

ところでボルフィさん、お茶をされているんですね。素敵な趣味をお持ちですね^^私
は京都の時に習いたいと随分調べたんですが、なかなか条件にあうお教室が見つからなくて・・・今思い出しても残念なおもいです。

2017/03/27 (Mon) 13:31 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

rika3377さんへ

こんにちは^^
建仁寺、写真も撮れるし複製とはいえ見応えのあるお寺で、500円って安過ぎるって思えるお寺でした。
今度、帰国されたら行ってみられると良いと思います^^

ブルーの襖はお寺では見ない青さで目を惹かれました。
正直私もびっくりしましたが、よく見れば伝統技術、後世にはきっと色もこなれてきて、素晴らしい美術として人に見られるんだろうな〜と思いました。こうやって歴史って繋がれていくのかな〜って^^
日本もポルトガルのアズレージョに負けない”青”を持っているのですね。

2017/03/27 (Mon) 13:36 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

お寺もこうして屏風やらふすまなど、見どころが多いのですね
今は日経で若冲さんのコレクターのお話で、こうした日本の美術品もいいな~と思ってたところです
今にも動き出しそうな躍動感が素敵です
ふすまもその時の日の差し加減によって、醸し出す雰囲気も違って、訪れるたびにまた違った視点で楽しめそうですね~

2017/03/27 (Mon) 19:56 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

今日とはたくさんお寺があって、どのお寺に何があったか覚えているのが大変です。
私も風神雷神の絵は見た記憶があったのですが、建仁寺だったのですね。
こうやって他の方のブログでどこで見た絵かを思い出すことが多いです。
ありがたいです。
雲竜の顔は本当に魂がこもっていそうで、夜になるとするするっと出て来そう!

2017/03/28 (Tue) 02:44 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

このお寺は見所を沢山持たれていますね。

やっぱり私たち日本人は感性が日本人で、日本美術の方が分からないなりに何か感じるものが強いなあと今回の建仁寺の経験で思いました。
それに自分の国の美術品についてくらいは理解しておきたいですよね、教養として^ ^

襖の龍は、きっとお天気とかで様々な表情を見せるのだと思います。
近所レベルの時に何回も行っておくのでした^^;

2017/03/28 (Tue) 18:13 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

ほんとです、京都は沢山お寺があって名前と場所とどんなところかの記憶を一致させるのが難しいですよね。

建仁寺は良い美術品が、沢山あって見所が多いので、ポケさんをはじめ多くの観光客が行くお寺でしょうね。

雲龍は、きっと夜中にニュルルと出てきて自由に上空を舞っていると思います^ ^
そんな躍動感を感じる素晴らしい絵でした^ ^

2017/03/29 (Wed) 08:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment