topimage

2017-06

煌く宝石箱フィレンツェ21(3日目:ジョットの鐘楼) - 2017.02.28 Tue




前日に購入して、使用を開始していたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の共通券の48時間の有効期限がまだ切れていませんでした。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂共通チケット購入についてはこちら


ジョットの鐘楼は、まだ行っていなかった・・・というか、また上るという行為を嫌って、日にちを分けて行くことにしていました。
初日にクーポラの方には上ってフィレンツェの景色は堪能していたので、気が向かなかったら行かなくていいやと思っていたのですが、気が向きました^^


前日はあいにくの雨模様の中でしたが、この日は晴天、しかも夕方に行ったので、西日が当たってとっても綺麗でした^^


DSC07402.jpg



この色合いといい彫刻といい、輝くばかりの美しさですね。


DSC07407.jpg


(参考:前日、雨のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)
IMGP1262.jpg



雨の表情も悪くなかったけど・・・ま、色んな表情が見られて良かったです。


DSC07410.jpg



こんなのを見ちゃうと塔の上からのフィレンツェの街の晴れの日の眺め、一気に期待してしまいます。


DSC07412.jpg



観光用の馬車もこちらで待機していました。注目を浴びて恥ずかしいから乗らないけど・・・^^;


DSC07409.jpg


DSC07413.jpg



さて、いよいよ上りましょうかね^^


DSC07414.jpg



塔の真下の小さな入り口からスタートです。


こんな通路が続きます。


DSC07417.jpg



正直、クーポラよりも行程が楽です。

というか、どちらが階段が多いとかは分かりませんが、ドゥオモはひたすら階段や通路が狭くて暗くて窓もない閉塞感の中を進まねばならず、上る人と下りる人がすれ違うのもかなりきつい狭い階段と通路でした。
途中、クーポラの下で大聖堂内ベランダに出てクーポラの美しい天井画が見られるという開放感が嬉しいですが、かなり行程がキツくて大変でした。

こちらジョットの鐘楼は、窓があって閉塞感なく光が射すので始終この明るさ、階段の幅は写真の通り。

途中の窓からは、フィレンツェの景色が徐々に高さを変えながら見れるのでとても楽しめますし、風を感じながら上れるので夏場なんかは楽だと思いますね。


DSC07418.jpg
(途中の窓から)



階層ごとにちょっと広い踊り場があって、周囲の景色を見ながら、休憩しながら上れるので、体力的にもこちらの方が間違いなく楽です。


DSC07424.jpg
(踊り場は部分的に吹き抜けになっていて金網で塞がれています。そこから下方を覗いた写真)



四方の窓から行程の間で見られる景色。まだ低いところから。


DSC07420.jpg



夕日の街の色合いが綺麗でした。


DSC07421.jpg



大聖堂も全面に夕日を浴びて。


DSC07423.jpg



割と難なくトップまで上がりました^^


クーポラとはこの距離。クーポラと街の遠近感が素敵な景色を演出してくれています。


DSC07427.jpg



向きを変えて北西方面。

中央に見えているドームがメディチ家礼拝堂。その手前のスクエアの回廊はサン・ロレンツォ教会のもの。


DSC07425.jpg


メディチ家礼拝堂ドームの右手は中央市場。左手奥にサンタ・マリア・ノヴェッラ駅と続く線路が見えます。



こちらは南東方面。夕日に対して順光で優しい色合いの街。右手のサンタ・クローチェ教会が美しいです。


DSC07428.jpg



真南。中央の塔はヴェッキオ宮の特徴的な塔。左手の2本の塔は、四角いのがバルジェッロ国立博物館、尖塔がバディア教会のもの。


DSC07431.jpg



南西方向にはレプッブリカ広場。大きなアーチ門が印象的な広場です。


DSC07433.jpg



夕日の景色を堪能しました。この街の色合いは、夕日が似合うと思いました。


最後に・・・クーポラとジョットの鐘楼からの景色、どちらも良かったです^^

ただ上りやすさと窓から景色を見ながら上がり下り出来るという点、途中休みながら上れるという点で私の場合はジョットの鐘楼の方が気に入りました。

夕方行ったせいもあるかもしれませんが、予約もなく全く待たずに上れたのも良かったです。


堪能しました^^さて、そろそろ下りましょうか。


DSC07430.jpg




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

きれいな青空の下、とてもきれいでまぶしいです
ちょうど夕日の頃、上られたのですね
また暮れ行くいい時間帯で、宝石のように輝くフィレンツェの街並みがきれいでうっとりして見とれちゃいます~
こちらのジョットの鐘楼からはクーポラが見れるのがいいですね
それに街並みが近くて、手に取るようにわかるのも素敵♪
両方のぼられてうらやましいです
来年は結構決まっちゃってーーー、今度はいつフィレンツェに行けるかしら~と思っちゃいます

ジョットの塔は私も夕日の時間に登りました。
まだ残っている青空を背景に、レンガ色の屋根に夕日が当たって・・・
本当に美しい景色ですね~。
大理石の色と同じくらい、これもフィレンツェカラーだと思います。
フィレンツェの街並みとクーポラが一緒に見えるこの景色、本当に良いですよね(^^)

Yottittiさんへ

この日はお天気も良く、ちょうど暮れ行く時間帯で美しいフィレンツェの街を上から眺めて満足でした^^
前日のクーポラの雨の日の眺めでは満足出来なかったみたいです^^;
ジョットの鐘楼とクーポラは、お互いからそれぞれが見えて綺麗ですよね。
どちらからの眺めもそれぞれ良かったと思います。
両方上ってみるつもりはなかったんですけどね^^;

Yottittiさんは、来年の予定までもう決まっているのですか!?
早いですね!またレポートでご報告いただけるものと楽しみにしていますね^^

ポケさんへ

ポケさんも夕日の街をジョットの鐘楼から眺められたのですね!綺麗ですよね〜^^
この街は夕日が似合いますよね^^

ジョットの鐘楼からとクーポラからの景色はどちらが良いのかという論争はあるかと思いますが、どちらもそれぞれ良かったと思いました。

私の時は、人も少なくて上がり下りの不快さもなかったので、こちらは本当に気分の良い思い出です。クーポラも至近で見えるのも良かったですしね^^

こんにちは。
この塔も登られたんですか~。
さすが景色がすばらしいですね。
そうそう、ヨーロッパの小さな螺旋階段って、すり違えないぐらいの狭いものありますよね。
あれって、大変です。
この塔は螺旋じゃなく、登り易そうです。

私はクーポラも、塔も登っていないので次回は絶対登りたいです。
クーポラと塔、違う時間帯に登れば、また違った雰囲気の景色が楽しめそうです。

絵葉書みたい!!どれも美しい写真ですね^^

狭くて暗い階段をえんえん上る塔はちょっとしんどいけど、
ここは比較的楽に行けるのかな?と想像しました。
窓から景色を見ながら上れるってポイント高い気がします。

青空からの夕景っていうタイミングも良いですね。

素晴らしい光景、写真、それに夕陽を浴びたその瞬間の色を捉えられていて、
そのまま絵葉書に使えるクオリティーですね。
一つの街に長く滞在できると、様々な天気や光の角度も楽しめる、、ってことですよね。

もう欧州で塔やクーポラを登るのは、、と思っていたのですが、
ここと、バチカンだけは登ってみたいです。

rika3377さんへ

こんにちは^^

そうなんですよ、この塔にも上っちゃいました^^;景色自体はクーポラの方とそう変わらないんですけどね。
こちらからは隣のクーポラの景色が良かった気がします♪

ヨーロッパの塔などへの小さな螺旋階段って、結構辛いものがありますよね。
あれってもうちょっと年取ったらもう行けないな〜と思うんです。
こちらのは、尖塔ではなく四角柱なので、下から上まで螺旋でもなく階段がゆったりとしていて上りやすかったです。

次回は是非どちらかだけでも上って上からの景色を楽しんでみて下さい♪
フィレンツェの街の美しさをまた別の角度で堪能出来ると思います^^

さえさんへ

絵ハガキみたいなみたいな景色でしたよ^^ほんとうにうっとりでした。

狭くて暗い階段は息苦しいし、夏なんかだと汗だくになってしまいますが、こちらはわりと楽だと思いました。
道中外の景色を見ながら上がれるのも良いですよね。
もし上がるなら、このジョットの鐘楼はオススメです^^

前日の雨の中のクーポラ、この夕方の晴れた日のジョットの鐘楼・・・
もし前日が雨でなかったら、翌日は上らなかったし、翌日が雨だったらきっと上らなかったし、お天気のおかげで両方上ることになりましたが、前日の正午頃に対して、夕方は狙いました^^

bonzofireさんへ

景色と時間帯に恵まれました^^
ただ、前日と違った時間・・・行くなら夕方に行こうとは思っていましたが、こんなに綺麗とは想像出来ていなかったので、本当に感激しました^^
一つの街に長く滞在するのは、その街の色々な表情に触れられるものですね。

塔やクーポラは、トップからの眺めは素晴らしいと分かっていても、道中の辛さを思うと躊躇してしまいますが、こちらは上りやすいので、次に行かれたら上ってみて下さい^^
バチカンは私も上った経験ないです。いつか上がれるかな〜・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1095-3fd8cdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌く宝石箱フィレンツェ22(3日目:夕方散歩と晩ご飯) «  | BLOG TOP |  » ひとり飯シリーズ10(本場の味のイタリアンに出会った!)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (5)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示