topimage

2017-09

煌く宝石箱フィレンツェ20(3日目:サン・ミケーレ・エ・ガエターノ教会) - 2017.02.21 Tue




午前中からお昼にかけてウフィッツィ美術館を見学した後は、街をブラブラ歩いたり・・・街の人々を観察したり・・・もちろん写真を撮ったりしましたが・・・大量の美術鑑賞の後はやっぱり疲れるもので・・・一旦ホテルに戻って休みました。


ホテルへまでの帰り道でランチ代わりにいただいたのは、Venchiのアイスクリーム♪

オレンジピール入りのチョコレートアイス。





さすがチョコレート屋さんのアイスクリームは濃厚で時々オレンジの皮を噛むとプ~ンと香り立ち、本当に美味しかったです^^



ひと休みしてから再度出掛けた時に、トルナブォーニ通りにこんな教会を見つけました。


DSC07391.jpg



綺麗な彫刻!って思って、フラッと立ち寄ったのが、サン・ミケーレ・エ・ガエターノ教会(通称サン・ガエターノ教会)でした。


こちらはガイドブックに詳しく載っておらず、帰ってから改めて調べたところ、フィレンツェには珍しいバロック様式の教会とのことでした。

なぜ珍しいかというと、バロックの流行った時代、フィレンツェのメディチ家の全盛は既に過ぎ去ろうとしていた頃で、フィレンツェの街は、15世紀にルネサンスの花として黄金時代を迎えていた頃に既に出来上がってしまっていたんでしょうね。


そのバロック様式のファサードには、全体がベージュ色の中に白い彫刻が浮かび上がるように置かれていました。


DSC07392.jpg


フィレンツェの建物にはピエトラフォルテというフィレンツェ産のベージュ色の石がよく使われているのですって。
ヴェッキオ宮などもそうらしいですが、そういえばこんな色の街だったな~と思います。

フォルテというくらいなので、強い石で建築向きなのでしょうね。

そこに真っ白な大理石の彫刻ですからね。浮き立って今にも動き出しそうでした。



重厚な木製のドアが開いていたので入ってみましょう。


DSC07393.jpg



中の暗さがそこにポッカリと穴が開いているかのような印象の空間でした。


DSC07394.jpg



しかし内部は綺麗でしたね~。全てが落ち着いた色合いの重厚な石造りの内部、床のモザイクも調和していていました。


DSC07395.jpg



タイル焼きの聖母子像もありました。南欧らしいです。両サイドの女性の天使たちの柔らかさとか上の真ん中には王冠が・・・


DSC07396.jpg



カトリックにはお決まりのマリア像。


DSC07397.jpg



たまたま見つけてふら~っと入ってみた教会でしたが、思いのほか気に入りました。

写真こそ少ないのですが、事前期待なく入ったところが良いと嬉しいものです。






ところで、帰国してから調べていると、こちらの教会、本当か嘘か分かりませんが、開いていることは稀との情報がチラホラありました。


入れた人はすごく幸運♪だそうです。


↑本当でしょうか!?私は幸運なんでしょうか!?(笑)


また旅の神様が舞い降りてくれていたのかもしれません!?


と、まあ良い思い出が作れました^^


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
オレンジピール入りのチョコレートアイス、想像しただけで美味しそう・・・

フィレンツェ、本当見所が多いですよね。
なかなか開いていることがない教会を見られたなんてラッキーですね。
きっといいことありますよ。

↓ウフィッツィは最終日に見学したのです。
さすがに次回はいつになるかわからないし、ここだけは見たかったので並びました。涙

街歩きしてると、そこだけ光が差したように惹きつけられる建物がありますよね~
私も目にしたようなファザードですが、開いてなかったと思いますもの
Ekaterinaさんならでは!本当に導かれたように見つけ出したのでしょう
内部もしっとりしていて柔和な感じで素敵ですね
それにフィレンツェならではの華やかさもあって、さすがお金のかかってる教会です
穴場のような知らない素敵な場所を見つけると、得した気分ですよね~
いいことが訪れると思います

rika3377さんへ

オレンジピール入りのチョコアイスは、今までいただいた中で一番美味しかったかもです。
オレンジピールが細長い棒状で入っていて食べ応えもありました^ ^

普段あまり開いていない教会、行っている時に知らなくて入ったので、知っていればもうちょっと有り難がれた気がしますが、何か良いことありますよね⁈^ ^

ウフィッツィ美術館は、そうですよね。
恐らくフィレンツェでは絶対に見ておかなければならないところナンバーワンですよね。
rika3377さんは、お子さんもいらっしゃるので、やっぱり教育上も見せておきたいですよね。
それだけ並んでも見る価値のある美術館だと思います^ ^
私は堪え性がなくてダメです^^;

Yottitti さんへ

何気なしに通り過ぎることもあれば、何となく寄ってみようと好奇心が優先することもあるし、仰るように光が差し込んだように吸い込まれてしまうようなこともあるし、、、何となく波長が合ったんでしょうね。
なかなか開いていないところと知っていれば、もっと有り難みが増したような気がしますが、、、

でもあまり観光地化されてないかもしれないようなところでもお金がかかっていそうで立派なのは、さすがイタリア、さすがフィレンツェですよね。

ツイてる〜!って思って持ってるな、私!と思っておこうと思います(笑)

間違いなく幸運だったんでしょう!
現地に行けば、日本のガイドブックにはそれほど大きく取りざたされていなくても、
素晴らしい教会がたくさんあるんでしょうね。
床のモザイクに教会の中の色具合がなんともいい感じだと思います。


それに、アイスクリームも、向こうできちんとしたお店のは、日本みたいに素材をケチっていないし、そもそも工業製品食べてるって感じがしないですよね。ほんとおいしいんだろうな、、って思います。

bonzofireさんへ

ハハ、幸運だったんでしょうかね!?^^それだと得した気分で嬉しいな〜。
今回フィレンツェに行って思ったのが、イタリアってお宝の宝庫、いや全部お宝なんですよね。ホントに素晴らしいことですね。
ガイドブックに載っていなくてもこれだけ美しいなんて・・・そこがに日常の地元の人たち、羨ましい限りです。

アイスクリームは美味しかったですね。
チョコレートもそうですが、日本のは基本的になんちゃってチョコレートが多いので、こういったカカオの濃いチョコやアイスを知ると、、、食の面でもやっぱり海外旅行って楽しいなあと思います♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1092-2d08b6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

着物で外出49(墨黒の江戸小紋と相良刺繍の帯でジャズコンサートへ) «  | BLOG TOP |  » ブルーチーズのガレット

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (106)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (550)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (28)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示