topimage

2017-08

煌く宝石箱フィレンツェ19(3日目:ウフィッツィ美術館)  - 2017.02.17 Fri




さて、フィレンツェ3日目です。


この日もおいしい朝食に舌つづみ^^





シンプルながらズッキーニのオイル焼きの塩加減が絶妙で、ほうれん草のキッシュ的なものも濃厚で美味しく・・・

もう朝からニコニコ♪



この日は、フィレンツェの本丸、「ウフィッツィ美術館」へ。


前日に予約をしていました。

ウフィッツィ美術館は、大変な人気で予約していないとかなり並ぶという事前情報を得ていました。私が行ったのはシーズンオフである11月。予約は無しでも大丈夫でしょうとタカをくくって日本からの予約はしていませんでした。

というか、私の場合は、正直いうと、現地に行ってみるまで本当に行きたいかどうか分からないというか、行ってみたらそんな気分じゃなかったということが十分にあり得る気まま旅なので、予約する気になれなかったというのが本音です。


で、現地に行ってみて1~2日滞在する内に、やっぱり行ってみたいと思いました。

ただ、日中にウフィッツィ美術館の前を何度か通り過ぎる度に見るのは入場する為の人たちの長い行列でした。何なら予約した人たちが並んでいる行列まであるじゃないですか^^;


これを見て、私も現地で予約してから行くことにしました。

現地で予約するには、何箇所か市中にチケットオフィスがあるようでしたが、私は通りがかったついでに空いていたウフィッツィ美術館のチケットオフィスで予約チケットを買いました。



この下の写真は、アルノ川沿いにコの字の形で位置するウフィッツィ美術館を川に向かって撮ったもの。背中側がシニョーリア広場です。
正面奥のアーチの向こうがすぐアルノ川という位置関係になります。

写真右手に「3」のサインが見えますか?


DSC07130.jpg



そして下の写真の案内板は、上の写真のコの字型のウフィッツィ美術館を図にしたもの。方角は上の写真と逆で下側がアルノ川として見ます。

この案内板の「3」のサインが、上の写真の「3」であり、予約チケットを販売するチケットオフィスの位置です。


DSC07131.jpg



私の場合、前日の夕方に行った時には、2~3人目で買うことが出来たので、殆ど待たずに買えたと言って良いでしょう。


窓口では、希望の日にちと時間帯を伝えれば、窓口スタッフが予約出来るか出来ないか答えてくれます。


私は、「明日の朝、10:00頃」と伝え、ちょうど10:00が空いているとのことでラッキーでした。

料金は、16.5ユーロ。そのうち4ユーロが予約料です。






ちなみに私の行った11月20日は日曜日。この時期なら日曜日でもすんなり予約が取れるのですね。
(たまたまかもしれません)


実際、ほぼ予約時間通りの10:00に行きましたが、全く待たずに入れました。

ちなみに予約チケット保持者が入るエントランスは、上記案内板の「1」です。「2」は予約チケット無しの人のエントランス。

もう一つ言うなら、私の予約した11月20日、日曜の10:00の時点で予約チケット無しの人の「2」の行列は、数十メートルありました。

少し時間を戻して、私が前日に予約チケットを購入した土曜の夕方は、「1」も「2」も行列がありました。



さて、ようやくウフィッツィ美術館へ入場したお話。


まず3階に上がるとこの美しい廊下。廊下にも彫像や絵画が所狭しと置かれていて、美術品が有り余ってるんですねという感じ。


DSC07240.jpg



聞けばウフィッツィ美術館、ヨーロッパで最古の美術館らしいですね。ということは、世界最古と言って良いのではないでしょうか。
そしてイタリアで作品量が一番、質の高さも一番の美術館とのこと。この廊下を見ただけでも作品量が多いことが分かります。


で、ちょっとした時間をかけて美術館を大方全部鑑賞した訳ですが、結局、やっぱり見たかったこの2つの絵画が良かったです。

というか、この2つの絵画を見るために16.5ユーロ支払ったという感じがします。それだけ魅力的でした。



ボッティチェリの「春 プリマヴェーラ」。この人だかり。人気のほどが分かります。


DSC07252.jpg
DSC07253.jpg



すぐ隣のお部屋に「ヴィーナス誕生」。



DSC07255.jpg


2枚とも柔らかさというか優しさというか・・・清らかなのに艶っぽい・・・この世の楽園って感じ。幸福感に満たされる絵でした。


しばらくこの2枚の絵を行ったり来たりしながら舐め回すように見尽くしたのでした。



実は、この2枚の絵を舐め尽くしたら、もう満足してしまったのか?
人が多かったせいもあるかもしれませんが、何となく集中力を欠いたような鑑賞となりました。

こんなに沢山のお宝や名作があるにも関わらず、多分見るべき所をサラッと流したりしてしまっていました。

美術オンチ!!と言って下さい。そう言われてもいいんです。正直、分かってないんです!

というか、ウフィッツィ美術館に入ってから思い出したんです・・・私、古い絵、特に「キリスト教の宗教画」に興味が無かったんでした(笑)

だから、今までフィレンツェを旅先として最優先に考えられずに後回しにして来たんだということも思い出しました。

ウッフィツィ美術館というフィレンツェの本丸に来て、そんなことを思い出す体たらく(爆)・・・

有名どころの作品は、色んなところで写真として目にする機会があると思いますし、そんな中途半端に鑑賞した中から私の好きだったものの写真を以下にご紹介します。

なぜ好きなのか?・・・理由はありません。詳細も気にしていなかったので分かりません。
まあこんなのもあるんだって感じで見ていただけると嬉しいです・・・あしからずです^^;



この絵は、7人の女性が並んだ連作でした。節制、正義、とかタロットカードの意味となっている一部の7枚だったと記憶しています。


DSC07245.jpg



穏やかな表情の女の子が可愛かったのと抑えた色調が何とも好きでした。


DSC07267.jpg



これは見たことのある絵でした。可愛らしくて和むような絵です。


DSC07307.jpg



これは有名どころ、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」。これはやっぱり何かチカラを感じましたね。透明感というか不思議な粛粛しさを感じます。


DSC07308.jpg



これは、失礼ながら笑った絵^^括り付けられたキリスト?の周りを全裸のおじさん達が踊っているように見えたの^^;


DSC07285.jpg


もう私なんかに見せたら、せっかくの名作も形無しですよね^^;



こちらは確か年代の新しいものだったかと思いますが、クリムトと構図の似た石板彫刻。これは気に入りました♪


DSC07309.jpg



窓の向こうはアルノ川方面。川は見えません^^;


DSC07274.jpg



最後は、展示室の美しい天井4連発!!!!


DSC07264.jpg
DSC07266.jpg
DSC07268.jpg
DSC07272.jpg



全てが美しい空間の美術館でした。

ただ、置いておくところがないかもしれませんけど、飾り過ぎ、というか数が多過ぎますよ。

数を減らして時々作品を入れ替えた方が、リピート客を狙えるのでは?と思いましたが、これ以上来なくていいんですよね^^;

ま、見る方も間引いて見て下さいねってことですね。

はい、間引いて見ました^ ^


感想。

2枚のボッティチェリの絵に大満足でしたし、建物も良かったですが、大規模だし人も作品も多くて疲れた鑑賞でもありました。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
ウフィツィ美術館は有名な物が多すぎてものすごく疲れますので、美術館大好きな私でも、規模の割には頭が飽和するのが早いです。

古い宗教画がお好きでない・・・っていうの、なんとなくわかる気がします。

痛々しい磔刑のシーン好きでないし、神様怖いけどマリア様ならお母さんだし優しそうって自分の母親を重ねてめちゃくちゃに美化したような聖母ばかり描かなくてもって思います(笑)。

といいつつダビンチの受胎告知、私も大好きなんです。初めて見た時にダビンチって気づかず、この画家天才!って思ってそれ以来、ウフィツィ美術館での一番のお気に入りになっています。

Ekaterinayoghurtさんがあげている石板、私好みです。それ見たのを覚えていません。見てると再訪したくなりました。

artyさんへ

こんにちは^^

artyさんも同じ感想を持たれているのですね。これは嬉しい♪

ほんと、素晴らしい作品が多過ぎて、集中力が持ちませんよね。それに私、人が多いところがとことんダメみたいで、それだけでも集中力が散漫になってしまうんです。

宗教画、教義を分かっていれば、あれらは見ていて面白いんでしょうか??私が美術的価値が分からないから??^^;
磔の生々しい絵とか、マリア様とか・・・ときどきヨセフだけヤコブだか知りませんけど、出てきてね・・・もうそればっか。

と言いつつ、やっぱりダビンチの受胎告知は素晴らしかったですね。お顔つきがダビンチ顔^^ということだけは分かるんです(笑)
artyさんは、事前情報無しでこの受胎告知の素晴らしさに気が付かれたとは、審美眼をお持ちですね!^^
実は、この旅行中、もう一枚、思わず固まって見つめてしまったほど素敵な受胎告知の絵を見たんです。それも今後ブログにアップしたいと思いますので、見て下さいね。

石板、artyさん、お好きだと思いました!アールヌーボー風というか、女子好みの作風ですよね。
でもこちら、たぶんあの美術館の中ではそんなに評価の高いものではないんだと思います。目立たないコーナーの隅っこの方にひっそり有りました。
今度、行かれたら見つけてご覧になってみて下さいね。とっても素敵ですよ。

ウフィッチィ、やっぱり秋でも混んでましたか!
やっぱりヴィーナス誕生は人気がありますよね
それにお部屋も素敵で、名画がたくさんあります
ありすぎるという贅沢な悩みはつきものですが、ヨーロッパの美術館は見落としたり疲れちゃいますよね
やっぱりカルチャーの違いか、私も宗教画はわからないです
作品が多い受胎告知だけはそれぞれの画家のモチーフがあるのかなと思って眺めてます
ダヴィンチが書いてるとはびっくりしましたけどね
美しくてすごく印象に残ってます

ウフィッツィはぼくも行きました! 大学でちょっとだけ、美術史を勉強してたことがあったので、
その時に勉強した絵画や彫刻がこれでもか!って出てくるので、めまいしたくらいです。
もちろん、それがぼくの初めての欧州旅行でしたしね。
ただ、あの時は、フィルムだったので、館内の写真とかまったく撮れていなかったので、
記憶ももうあやふやなんですけれど、改めて、今回見れることができたので、とてもうれしかったです。
ありがとうございました!

こんにちは。
ウフィッツィ、すごい列ですよね。
私も、旅行に行くときはその時の気分で行動するので前もっての予約はあまりしません。
その調子でフィレンツェに行ったら・・・
朝一でウフィッツィに行ったんですがすでにものすごい列。
そこで予約をしようとしたんですが、既に後3日間は完売。
仕方なく2時間並びました・・・涙

でも、ボッティチェリはすばらしく、並んでも見る価値ありました。
建物もすばらしいですよね!

こんにちは!

春 プリマヴェーラ、自分の目でみたくなりました。
美術館に絶対入らない私ですが、
ここいいったら、絶対に入ります!

Yottittiさんへ

Yottittiさんの情報のおかげでウフィッツィは混むということを知って助かりました^^
なので、何度かウフィッツィの前を通って様子を見たのですが、予約無しでは何となく数十メートルは待たなければならないっぽいなということがわかり、現地で予約しました。全てスムーズで助かりました♪情報ありがとうございました!

あれだけ作品量がある中でもプリマヴェーラとヴィーナス誕生がやっぱり一番人気があるようですね。私は狙いをこの2枚に定めて結構間引いて見ました。だって疲れちゃうんですもん・・・それでも疲れましたけど^^;

そして、Yottittiさんも宗教画はちょっと??ですか!?おっしゃるようにカルチャーの違いのせいかもですね。
受胎告知は、各地にあちこちあって、比較して見られる分面白いですね。でもダ・ヴィンチのは特別で印象深いです^^

Bonzofireさんへ

ウフィッツィには入られたんですね!Bonzofireさんの行かれたツアーで、入らなかったビッグネームの名所もあるのに入られたということは、ウフィッツィはその中でも絶対に行くべきところ!ってことですね^^
あれ?おかしいな・・・私も大学の時、美術史取ってたのに・・・何も思い出せません^^;
Bonzofireさんは、覚えていらっしゃったということはお若いころから美術にご興味があったんですね。
でも分かります^^初めての欧州の美術館で見た名画たち・・・ほんとに目の前にある〜!!って興奮したことを覚えています。
私の場合、初めての欧州はパリで分かりやすい印象派が並んでいたオランジェリー美術館が未だに印象強く残っています。
今回は、有名な作品は少ししかアップ出来ませんでしたが、これがBonzofireさんのウフィッツィへの回帰になっていれば嬉しいです♪

rika3377さんへ

こんにちは^^

え〜〜〜、2時間待ち!?凄い情熱でしたね。わたしだったら2時間待つなら入りません・・・^^;
でもそれだけに中での鑑賞は感動もひとしおだったでしょうね^^
あ、EkaterinaYoghurt調べですけど、人気の観光地って朝イチよりも夕方くらいの方が少しでも混雑が緩和されているところ多いですよ。みんな朝から張り切って行っちゃうのだと思います。世界的超有名スポットなんかだと夕方狙うのもありだと思います!
あ、わたしもベルサイユは大好きです!!^^

そしてrika3377さんもボッティチェリがお好きでしたか!?やっぱり訴えかけるものが強い作品出ですよね。さすが名画といわれるだけのことはあるな〜と思いました♪

ぴきさんへ

ぴきさん、こんにちは^^

春 プリマヴェーラ、素晴らしいですよ!
フィレンツェに行かれたらウフィッツィだけには行って下さい!広いですけど好きな絵だけご覧になれば良いと思います♪
好きな絵が同じって嬉しいです^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1089-bc013576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お料理の記録14(フィレンツェ風ステーキ) «  | BLOG TOP |  » 靖国神社に行きました(3回目)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (246)
ジョギング (15)
美味しい!! (104)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (543)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (21)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示