雪見温泉に行ってきました

6 0
日記



そういえば1月に雪見温泉に行ったのでした。


冬になるとなぜだか大量の雪を見に行きたくなるんです。いえ、大量の雪に埋もれたくなるんです^^

別に雪国の生まれでもないんですが、その季節らしいらしいモノやコトに触れたくなるのは生き物としての人間の本能でしょうか!?


えっ?皆さんはそんな感覚にはならない??・・・ですか・・・^^;



どうせ行くならばスキーなどをする訳でもない私ですから、温泉なんぞに浸かって温まったりしたいわね~と思いました。


さて当日、バスを乗り継いでどんどん山の中へ進んでいきました。

↑お正月を過ぎた辺りから、ずっと大雪にまみれたいと思いながら決行出来ずにいましたが、ある日突然思い立って「明日行こう!」と日帰り弾丸旅を決行したのでした。


約3時間強のバス旅でした。正直疲れました^^;


でも標高が上がるにつれ、積雪量って本当に少しずつ増えていくのですよね。期待がどんどん高まります。



着きました。


DSC08561.jpg



積雪量はこんな感じ。40~50センチくらい。


DSC08556.jpg


十分です!



テンションMAX!!←子供かっ!というツッコミを待ってます(笑)



古い屋根の上。今にもドカッ!と落ちてきそうでちょっとコワゴワ写真を撮りました。


DSC08549.jpg



さすがに寒い地です。ツララがこんな感じ。


DSC08550.jpg



なぜツララが横を向いているのでしょうか?


DSC08553.jpg


ツララが出来た後、葉っぱが雪や氷の重みで下がってしまってツララが横を向いてしまったか?風が強くて横を向いてしまったか?のどちらかだと思うのですが、やっぱり寒い地域の生まれでない人間には本当のところは分かりません^^;



歩道。人の通る真ん中だけくの字に低くなっていて、でも積もった後は誰も通っていませんよ。足跡は私が刻むべきでしょうか!?と思ったのですが、雪の上の歩き方は心得がありませんので止めておきました。


DSC08557.jpg


子供の頃、好奇心が旺盛過ぎたのか、やらなくていいことをして大失敗をしてよく母親から「おっちょこちょい!」と叱られましたから・・・今は分別のある大人になったつもりです(笑)


ちなみに装備はやる気満々!!(爆)






川沿いは雰囲気ありますね。


DSC08562.jpg



おっ、ここは本来なら川沿いの足湯でしょうか?


DSC08559.jpg



接写でちょっとした顕微鏡みたいに写せるカメラで雪の結晶なども撮れるのかしら?と張り切って持って行っていたのですが、背中のリュックから取り出すのが面倒臭く、普通のカメラで雪に寄ってみましたが・・・何だか分からない写真にしかなりませんでした。


DSC08563.jpg



到着して、少し雪の中で写真を撮った後はすぐにランチ。



古い山間の温泉地ですが、最近出来たであろう雰囲気の良いお店に入ってみました。


DSC08565.jpg



いのしし鍋定食(1800円)をいただきました。こんな感じで美味しそうでしょう^^






でもこれが・・・びっくりするくらい激しく不味かったんです。

いえね、何がどうといって不調和な味ではないんですが、何だか分からない、見た目から味の想像のつかないお惣菜が並んだお皿・・・舌に乗せてもまあ本当に何なのだか分からない・・・何がどう不味いのかいくら考えても分からないのですが、不味かったです。

1800円で不味いものをいただくのなら、古いお店でお安いお蕎麦とかいただいた方がまだ良かったような気がします。


まあ良しとしましょう。



ランチの後は温泉に直行!


人がいなければ温泉の写真も撮っちゃいましょうと思いましたが、人がいたのでさすがに撮影ははばかられ写真はありません。

お湯はぬるめで長湯しやすく良かったです。

ギュンギュンの冷気の中での雪を見ながらの露天風呂ものんびり出来ました。


約2時間温泉場に滞在し、帰りのバスの時間に合わせてバス停に向かいました。

こんな山間で取り残されたら大変なので、やや緊張しながら早めにバス停に行ってバスを待ったので、すっかり身体が冷えてしまいました^^;


が、楽しい日帰り雪見温泉旅となりました^^


お湯が良かったので、本当はまた行ってみたいところなのですが、バスの3時間強が結構きつかったのでもう行かないのだろうな~と思います。



関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Yottitti  

雪見温泉、風情があって素敵ですね~
Ekaterinaさんは日本人ならではの感性をお持ちなのです!
私は雪は最近はパスしたいところで、流氷だけは見に行きたいとは思ってますが、なかなか実行できません~
もう4年前に大雪で伊豆旅行に行けず、キャンセル料を取られたのもトラウマになってます
暖かいところに脱出したいです

ランチはまさかのまさかにびっくりしたし、思わず笑っちゃいました
やっぱり観光地価格なのでしょうか
表現できないお料理ってありますよね(笑)

2017/02/13 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

雪を見たい願望の一方、私も暖かいところに脱出したい願望も確かにあって、何ともワガママなもんです。

Yottitti さんは、雪で行けなかったのに宿代キャンセル料がかかったご経験があるのですね。
それだと冬季の旅行は二の足を踏んじゃう気持ち、分かります。
でも私も雪国へはホントは二の足を踏むべきなのかもしれません。
だって積雪で立ち往生するというニュースを聞きますし、雪上は交通も危ないし、何を好んでそんなところに向かって行くんだって思いますが、この病は父親譲りです(笑)>雪見温泉、風情があって素敵ですね~

ランチは笑っちゃいますよね〜。
どう理解したら良いか分からないお料理ってたま〜に有りますよね。
田舎なのに割と高いランチでホントに残念でしたが、雪国の興奮でまあいっか。、って思えちゃいました^^;

2017/02/13 (Mon) 23:51 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

私は雪国の生まれではありませんが、
東北に3年ほどいた事があって、その時はもう嫌というほど雪を味わいました。
パウダースノーの雪道を、まつ毛を凍らせながら歩きました(笑)
そのせいか、雪を見ると懐かしい気持ちになります。
雪深い山間地は冬の間の保存食として今でも塩辛いお惣菜が多いですよね~。
フルーツとかは美味しかったですが、お惣菜はいまいちだった記憶があります。



2017/02/15 (Wed) 09:30 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

雪国のお生まれではなくても3年雪国にいらっしゃれば、もういいよって感じになるのかな〜と思いますが、懐かしいと思われるものなのですね〜。
終わってみれば、まつ毛を凍らせるなんて珍しい経験は、懐かしい〜になるのかもしれませんね^^

山深いところの食事は、しょっぱい系が多いですよね。
それはある程度覚悟していたんですが、今回のところはおそらく料理人が中華をかじったことがあるんじゃないかな?と思いました。
やたらごま油が使われていて、でも味はぼんやりしていて出汁もうまく取れていないし、思うに旨味が引き出せていないことによる味気なさだったんじゃないかと思います。
あんまり言っちゃ悪いけど、はっきり言って不味かった・・・^^;です。

2017/02/15 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   

Bonzofire  

僕もアラスカで雪まみれの生活をしました。。 あれから40年たってますが、
まだ雪はいいです。(笑)。
それにしても抜群の行動力ですね。 ほんとうらやましいです。
イノシシ料理、そういより総菜、、がダメだったんですね。せっかく、遠出したんだから、
ちょっとでも美味しいもの食べたいですよね。 だけど、自分で言うのもなんですけれど、
結構こういった事って結構起こるというか、、僕も何度か経験しました。
冷気の中の露天風呂は幸せですよね。 なんであんなに気持ちがいいんだ、、って不思議に思うくらいです。
露天風呂、雪、、、こんな時こそ、日本酒ですね!

2017/02/18 (Sat) 22:36 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Bonzofireさんへ

コメント沢山ありがとうございます♪

へ〜、bonzofireさん、アメリカはアラスカだったんですね。それは雪まみれだったでしょう。スキーとかお上手なんじゃないですか??
で、やっぱり雪まみれの生活を何年かすると、雪はないに越したことないって感じなのでしょうか。今度、雪の地方の生活のお話とか伺ってみたいです。

いのしし料理、全体的にダメだったんですよ、変にこねくり回さなくていいから・・・、普通でいいから・・・、って感じでした。
私ね、そんなに味にうるさい方じゃないと思うんですけどね〜。

冷気の中の温泉は、最高ですよね!やっぱり温泉は冬がいいですね。それが雪見だとこんなにしあわせなんだ〜って実感しました。
ほんと、泊りがけだったら日本酒が欲しいところでした。残念ながら日帰り・・・今度は泊りがけで温泉に行きたいです^^

2017/02/19 (Sun) 22:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment