煌く宝石箱フィレンツェ3(ホテル:Palazzo Alfieri Residenza D'Epoca)

10 0
フィレンツェ2016


フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着しました。


ワクワクしながら電車を降りて、ホームを出ます。






フィレンツェの顔、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅は、近代的な駅でした。






外観。








さあ、ここからが本当のフィレンツェ旅です。


実はこの時、ようやく来たぞ!と感激でひとり気味悪くニヤニヤしていました^ ^



ですが、本当に感激したのは、ここから歩いて3分くらいしてからのこの小道でした。






駅からホテルは徒歩圏内。


スーツケースを引いて進んだのは向かって左の小道でした。


両脇を建物に囲まれた細い小道、両方の壁に反響して耳に届く石畳に打たれるスーツケースの音が、実にいい響きでした。


ゴロゴロゴロゴロ・・・なんとも言えない愛おしいこの響きは、日本では決して聞くことは出来ません。


ヨーロッパの石畳ならではです。


ヨーロッパに精通された皆さんならきっと今、ご自身の経験を思い出されながら、お耳に同じ音が響いていることと思います^ ^


大好きなヨーロッパにまた来られた喜びが私の胸を震わせていました。


シビれました!^ ^



最初の瞬間から大感激でアルノ河岸まで歩きました。






ホテルはアルノ川沿いに位置する「Palazzo Alfieri Residenza D'Epoca」を予約していました。






レジデンス型のホテルでした。


エントランスを入ったすぐのところはまずホール。






ホールの上の階がレセプションでした。





宮殿だったところを改装したホテル。
彫像が迎えてくれました^ ^



ホールを別角度から。






レセプションは、この左奥の小部屋でデスク越しに椅子に座って行われます。

こじんまりして私好み♪






私のお部屋は2階でした(日本式で3階)。






モダンなダブルルームのシングルユース。






広々したお部屋は、さすが宮殿だった建物。
天井がたか~いです。目測で4mはあったのではないかと思います。



ライトアップのセンスが良いですね。






背の高い窓の向こうに何か見えています。






ウキャ!塔が見えます^ ^






すぐ裏にあった教会の塔と思われます。
中庭に面した静かで眺めの良い窓。
完璧なシチュエーションです♪






シンプルだけど、広々としています。






高級感はないですが、ドリンクも充実!






バスルームもまたモダンで雰囲気良いです。









アメニティー。






こちらのホテル、最高の居心地でした♪

一つも文句を付けるところがない、申し分ないホテルでした。


観光のハイシーズンではなかったからなのか、元々お手頃なのか分かりませんが、コスパ最高!居心地最高!


同じ価格帯のホテルだと今までで一番好きかも⁈


サンタ・トリニタ橋のたもと、フェラガモ本店のすぐ近く、美しいブランド街のストリートの入口辺りといったロケーションも便利でバッチリでした。






川沿いのホテルなので、リバービューのお部屋ももちろんあって、そちらは恐らくまた違う種類のお部屋なのだと思います。


川沿いはもちろん良いはずですが、私はこの中庭に面して塔の見えるお部屋がとても気に入りました^ ^


静かだし、フィレンツェの中庭に面したアパートメントにでも住んでいるような素敵な経験でした。



申し分ないと言えば、朝ごはんもまた申し分ないというか大好きでした♡



バーレストランが朝は朝食会場。






大規模ホテルではないですが、それなりに豊富なメニューが揃っていました^ ^



豊富なパンやペストリー類、フルーツ類。
毎日少しずつメニューが入れ替わりました。






お野菜類は火を通されたもの。ハムやチーズが数種類ずつ。





エッグパイやほうれん草のパイやなんやかやと美味しいものばかりで5泊しても全く飽きませんでした。

っていうか、365日でもいただきたい感じ(笑)



私のある日のチョイス。





恥ずかしながら山盛り^ ^


毎朝、朝から大満足でスタート出来ました。



屋上にはアルノ川や街を360度見渡せるテラスがありましたよ。



とにかくこちらのホテルに滞在したことで、今回のフィレンツェ滞在の満足度が上がったことは間違いありません。


フィレンツェにはきっとまた行くと思いますが、次回も絶対にこのホテルに泊まりたいと思えるホテルでした^ ^





さて、荷物を置いて落ち着きましたので、観光に出かけましょうか。









関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

ポケ  

石畳に響くスーツケースの音いいですね。
石畳が古いままでぼこぼこの所はちょくちょく引っかかって運びにくかったのも、今は懐かしく思います。
次はどんなホテルなんだろう~、と楽しみにしながらスーツケースを引っ張っていました。

こんな素敵なホテルだったら、重い荷物を運んだ疲れもふっとびますね!
床が板張りなのも温かみがあっていいですよね~。
朝食の野菜やフルーツが豊富なのも最高!
旅行中は私も朝から山盛り食べてしまいます~(^^)

2016/12/08 (Thu) 07:24 | EDIT | REPLY |   

ボルフィ  

エカテリーナさん❤️
始まりました〜!石畳!娘の幼い頃『モーツァルトの曲は石畳を馬車で、、』を画像ではなく、体感させたかった、、からいろんな旅が始まったのを思い出しました。あの頃は相当教育ママだったんだわ。怖い、、ところで、ホテルのロケーションも全ていい感じですよね〜。大型ホテルとは味わえない楽しさが詰まっていて、いいわ〜。

2016/12/08 (Thu) 07:32 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

石畳に響くスーツケースのタイヤの音、ポケさんもきっと実感として分かってくださると思ってました^^
今回は、細い道で反響して耳に飛び込んできたのが、私のハートをも貫きました〜。
ちょっと引きずりづらかったりする石畳もまた味があっていいですよね〜^^

ホテルは価格からしたら、まあまあ良かったな〜ならOKと思っていたら、すごい良かったもので感激でした^^
着いてすぐにお部屋に通していただけたのも良かったです。
床の板張り、さすが!気付かれましたか!絨毯よりも衛生的な気がして私も好きです♪
朝食は、ヨーロッパでは、パンとチーズとハムだけでも日本よりもそれ自体が美味しくて満足出来るんですが、今回は手の込んだメニュー、お野菜も温野菜は寒い時期には嬉しかったです^^
美味しくてつい食が進んでしまいますよね!

2016/12/08 (Thu) 13:11 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ボルフィさんへ

モーツァルトと石畳・・・小さいお子さんに実感として教えるのは効果があるでしょうね〜^^
さすが、出来るママ!!^^

下調べがそもそも足りていない前提ではありますが、ホテルはロケーションも予想以上に良くてエレガントな場所でしたし、過ごしやすかったです。
大型ホテルは施設が充実していて、それもまたいいんですが、こじんまりしたホテルは自分の家みたいにじんわり過ごせるのがいいんですよね〜^^

2016/12/08 (Thu) 13:14 | EDIT | REPLY |   

rika3377  

こんにちは。
お部屋も広くゆったりしているし、水周りも新しそうで、素敵なホテルですね~。
私もフィレンツェに行った時にネットでホテルをいろいろ調べたのですが、フィレンツェってホテルの口コミの評価が他の都市と比べて高いという印象を受けました。
他の都市と比べてホテルのレベルが高そうです。
私たちは衝動旅行で安めのホテルにしたんですが、それでも満足でした。

2016/12/08 (Thu) 19:15 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

rika3377さんへ

こんにちは^^

確かにホテル予約サイトで総じてフィレンツェの口コミ評価は総じて高いなと私も思いました。
ホントかいな?と思っていましたが、行ってみてrika3377さんもそうおっしゃっているということはレベル高いんでしょうね〜。
それにホテル代も幾分お安めでしょうか?私がシーズンオフだったからかな〜?と思っていますが、このホテルも充実ぶりからするとびくりするくらい安かったんですよ。
このホテル事情だと、余計にリピートしたくなりますね^^

2016/12/08 (Thu) 20:23 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

フィレンツェの街歩き、始まりましたね~
細い路地を歩くだけでも美しい街並み、ホテルへも急ぎ足になりますね
いいホテル見つけられましたね~
眺めも良くて、お部屋も落ち着くし水回りもきれいです~
部屋にいるだけでフィレンツェを感じられそう
これがイタリアよね~っていうお食事がおいしそう
私もここに泊まりたかった~、夏はお高かったのかしら~悔やまれます(笑)

2016/12/10 (Sat) 09:41 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

ホテルへ向かう時って、初めての場所でやや緊張していたり夢中になっているので、まだ感動するに至っていないことが多いのですが、視覚だけでなく予想外の石畳の音の反響にヤラレました^ ^

ホテルは、こんなに良くてこのお値段で良いのですか⁈って思うくらい良かったんです。
きっとYottitti さんの行かれたような夏場のピークにはお高いんじゃないかと思います。
そうじゃなければどうやって運営しているの?って思いますもん。

2016/12/10 (Sat) 12:37 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

石畳に響くスーツケースの音、、 ぼくもいい表現だとおもいます。
そんな音を楽しむ心の余裕、がうらやましいかな。
ホテル、、すごい綺麗ですね。
それに朝食がこんなに豪華だと、、ほとんと昼抜きで大丈夫なくらいいただけるんでしょうが、
だけどそれをしちゃうと、お昼の楽しみがなくなってしまうし、、悩むところですね。

知り合いのツアコンさんによると、フィレンツェはハイシーズンとオフシーズンの訪問客数のギャップが大きいので、オフシーズンはかなりいいホテルでも割安になるみたいなことを聞いたことがあります。 
まあ理由がなんであれ、すばらしそうなホテルです。

2016/12/10 (Sat) 12:39 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

石畳の響いた音を聞くは、心の余裕とかじゃないんですよ。
細い道で反響が凄くて否が応でも耳に響いて、それが心地良くて・・・聴覚からの刺激は、視覚みたいに写真に残せないので、忘れないうちにブログに書いておくことで、あの感動を後で思い出したいなと思いました^ ^

ホテルの朝食は、大満足で沢山いただきました。
写真に載せた日の朝食は、遠出のシエナ行きの日のものでした。
遠出の時って食べ損ねちゃうことも珍しくないので、朝、沢山食べとこうという作戦でした^ ^

フィレンツェのホテル事情、なるほどそうなのですね。
このホテルもよくこの値段でこれだけのことやってるなって思ったので、納得です。
旅行は夏場の良さ、冬場の良さ、それぞれありますね。

2016/12/13 (Tue) 00:43 | EDIT | REPLY |   

Add your comment