topimage

2017-11

煌く宝石箱フィレンツェ1(旅先決定と行程) - 2016.12.01 Thu



イタリアから帰国後、アッという間に1週間経ちました。


そしてもう12月。あと1ヶ月。2016年も最後まで頑張って参りましょうね。





さて、フィレンツェの旅行記を始めたいと思います。


今回のタイトルは「煌く宝石箱フィレンツェ」に決めました。


本当はもうちょっとあっさりしたというか何気ないようなタイトルにするつもりにしてたんです。行くまでは・・・


でも行ってみて初日の数時間でフィレンツェの想像以上の美しさにノックダウン!!!

街ごと美術館とはよく言ったものだと思います。


で、行ってみて私が率直に感じた街の雰囲気「街ごと煌めく宝石箱みたい~♡」をそのままタイトルにすることにしました。



次に今回フィレンツェに行くことにした理由です。


どこかに行きたかったんです。

1週間程度しかお休みが取れなさそうだったので、当初はのんびりアジアにでもと思っていました。


でも正直今回、これと言って行ってみたい~!!と思うような場所が見つからず、苦し紛れに数カ所候補に挙げ、その中から行き先を決めようと思っていました。


そうこうしている内に大好きなターキッシュさんが、ヨーロッパ方面の激安価格キャンペーンをすることを知りました。

お休みも1週間+α取れるかも?という状況も見えてきたところでもあったので、ヨーロッパも視野にターキッシュさんのチケットで行ける先を色々調べてみました。


いくら激安価格と言っても行き先によって価格はバラバラ。
総じてお安いのには違いないのですが、その中から行ってみたいかも?この価格なら行きたい!と思える候補として、最後に絞り込まれたのが、ミュンヘンとローマかミラノでした。


ミュンヘンは、以前から気になっていたところです。

ローマ、ミラノは、この夏ポルトガルからの帰路、飛行機で地中海を水平に西のポルトから東のイスタンブールに飛んだ時に見えた真っ青なアドリア海とブーツ型の国と呼ばれるイタリアのちょうどふくらはぎ辺りの美しい景色が見えた時に、久しぶりにまたそろそろイタリアに行きたいわね~♪と思ったのが理由です。



(これが見えたアドリア海とイタリアの東海岸)



それから色々調べましたが、ミュンヘンはこの時期寒そうということで却下としました。

そしてローマかミラノ。

ローマはもう3回行っており、今回はピンと来ず。ミラノもピンと来ず。
シチリアはなぜか気に入り2回。
その他行ったことがあるのは、ウルビーノ、アンコーナ、アレッツォ、オルビエート、ナポリ、アマルフィ、ラベッロ、ソレント。

結局、今現在一体イタリアのどこに行きたいのか考えた時に、今回はフィレンツェがピンと来ました。
それならローマの方がアクセスが良いということで、結局ローマ行きを選びました。



そして行程です。

1週間程度だったので、ゆっくり滞在型を選びました。
短期であんまりウロウロするのは疲れるし、色んなことを調べるのが面倒臭かったので、アクセスの良い街で1箇所滞在なら簡単です^^

ガイドブックやネットで調べたり、この夏に行かれて旅行記を更新中のYottittiさんのブログ(リンク欄の「リピートラスベガス」さんをご覧下さい)とYottittiさんのアドバイスを参考に行程を作りました。


1日目 夜のフライトでイスタンブール経由でローマへ向けて発つ
2日目 午前、ローマ着→早い午後にフィレンツェに到着
3日目~6日目 フィレンツェ滞在(途中1日、どこか郊外へ日帰りで行きたいなぁ、結局シエナへ行きました)
7日目 早い午後に帰途へつく→ローマ→イスタンブール
8日目 帰国



フィレンツェは、観光客に人気の街とあって、人気の観光地は予約しないと現地でとんでもない時間のロスをするらしいということがあちこちにイヤというほど書かれてあったのですが、まあシーズンオフだし・・・
正直本来はアジアあたりでまったり~と思っていた程度だったので、今回あんまり気合も入っておらず・・・見れなきゃ見れるところを見たらいいやって思って何とかなるさ~といったお気楽な気持ちで旅立ちました。



皆さま、「まさか!?」とお思いであったであろうポルトへのチケットも一応調べました^^;
ですが、今回は日程と価格が見合わず、泣く泣く却下(笑)となったのでした。


前置きが長かったのですが、次回から順を追っての旅行記を続けます^^










関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

フィレンツェは美術館とはいいますが、宝石箱のように美しい街並みですよね
まさかEkaterinaさんが初めてだったとは意外でした
本当に今回は奇遇で、私も旅が重なり、うれしい限りです
ご紹介ありがとうございます

ミュンヘンはやっぱりロマンティック街道を代表するノイシュヴァインシュタイン城やザルツブルグまで足を延ばさないと、長々滞在するには飽きそうかもしれません
やっぱり久しぶりに訪れて、イタリアはいいな~と実感しました
またほとぼりが冷めたら再訪したいです~
Ekaterinaさん、きっと楽しんでこられただろうな~今から楽しみです

Yottittiさんへ

フィレンツェ、街ごと美術館ですが、宝石箱みたいな美しさでもありますよね^^♪
イタリア、私の場合、以外と基本を抑えておらず・・・^^;
何ならメジャーなところでは、ミラノもヴェネチアもまだです(爆)
秋の旅行は95%フィレンツェだなって思っていたところにYottittiさんが行かれたことを知り、もう絶対100%フィレンツェ!!って決定に導いていただいたような気がします♪
その節は有難うございました^^
勝手に文章の中にお名前出してゴメンなさい^^;

ミュンヘンは、仰る通り郊外含めての旅行になりそうで、疲れそうだし、春夏と違ってもう寒いこの時期の移動の不安と景色の不安などがネックとなって断念しました。
もう一つ言うと、やっぱり移民の問題・・・日本ではニュースにならないけど、地方の町やなんかでもあちこちであれこれ事件は多発しているらしいですよね。
それを聞くとドイツはなんだか足が遠のいてしまいます。

イタリアはやっぱりみんな大好き♪何度行っても楽しい国ですよね!?
帰ってすぐなのに今度はまたいつ行こうかな〜?!と思っています^^
旅行記またお付き合いお願いします♪

行き先を決めるのに飛行機の値段って結構影響しますよね。
行きたい場所とフライトの価格や日程が合った時はほんと嬉しいです。
フィレンツェは初イタリアで行く人が多い街ですが、
先にシチリアに2回も行かれているところがツウな感じですね(^^)

ポケさんへ

航空券の価格ってほんとに面白いですよね。
行き先とか時期とか、買うタイミングでコロコロ変わっちゃいますよね。
あの業界に適正価格ってものはあるのかしら?と思いますね。
今回は、この価格なら行きたいと思える先とそろそろ行きたいと思える先が一致してラッキーでした^ ^

フィレンツェは、そうなんですよね。
大体の人が初歩編として行くとこだと思うんですが、私の場合、何だか行きはぐれてしまってました。
でも今行けて良かったと思える発見などもあり、やっぱり運命とか縁ってあるんだなぁと思いました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1056-3c259e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌く宝石箱フィレンツェ2(ローマから電車での移動) «  | BLOG TOP |  » 着物で外出41(よろけ縞の総絞り着物と絞り染め帯)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (108)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (24)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (562)
海外旅行 (21)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (39)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示