忘れものを探しにポルトガル29(ポルト:カルモ教会)

12 0
ポルトガル2016



昨年カルモ教会近くに行った時、雨が強くなってきて、ちゃんと観光が出来なかったので、今回はちゃんと観光してみようと思いました。
これも忘れもの探し^^


DSC06713.jpg



一面のアズレージョがポルトガルでも最大規模らしい壁面は確かに綺麗です・・・が、この辺りで先ほどまでの快晴がちょっと曇り空っぽくなってしまいました。


DSC06725.jpg



ちなみに昨年のカルモ教会の写真。


DSC03642_20161003204650c32.jpg


お馬に乗った警察官とアズレージョのコンビネーションがすごく気に入っている写真です^^

去年も今年もなぜだかカルモ教会ではお天気に恵まれません^^;



ファサードはとても立派なものでした。


DSC06715.jpg



トップの写真で分かるのですが、こちらは教会が2つ並んでいるそうなのに事前の学習不足で1つしかないと思い込んでいたので、内部にはドアの開いている1つにしか入りませんでした。



祭壇がこちらです。もれなく豪華な内部のポルトガルの教会です。素晴らしいですよね。


DSC06716.jpg



ですがね・・・こちらの教会・・・予想外の内部の様子に目が釘付けになって・・・なかなか思い出深い教会となりました。


ここからは、信者の方にはちょっと失礼な取り上げ方になってしまうかもしれませんが、ちゃんと敬意を持って紹介したいと思います。



恐らくキリスト様のストーリーなのだと思います。壁面のニッチにお人形でそのストーリーが描かれ、ニッチを移動するごとに物語が展開していっているようでした。


DSC06723.jpg



十字架を背負わされ、エルサレムのあの階段を上らされたのですよね。可愛そうです。


DSC06722.jpg



とうとう磔に・・・


DSC06718.jpg



身体中傷だらけになってしまいました。


DSC06719.jpg



最後はようやく横たわることを許されたのですね。マリア様も向こうに見えます。


DSC06717.jpg



頭からは血滴が多数滴れ随分痛めつけられてしまって、絶望的なお顔の表情になられていますが、神様になられたのですね。


DSC06721.jpg



いやね、いろいろな表現方法があるとは思いますよ。

でもね、怖いから。

不謹慎ではあると思いますが、教会というよりも呪いの館か何かに入ってきたみたいな雰囲気で・・・

もうこれらのお人形に目が釘付けでこのカルモ教会では、このお人形たちの記憶しかなくなってしまいました^^;

まあ、これはキリスト教とは関係ない私だからそう思ってしまうのかもしれません。

キリスト教徒の人ならば、こんな感想にはならないのでしょう。とても失礼だったらすみません^^;



よく見たら、祭壇のキリスト様もこんな感じなのでした・・・


DSC06724.jpg



なんだか予想外の展開となってしまったカルモ教会の観光でした。



関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

anessa  

なぜか
エカテリーナさんの素直なコメントにナルホド!と納得してしまった私
こんなにリアルな教会ってあるんですね。
とっても興味深く読ませていただきました。
しかし。
いつもながらにアングル素晴らしいですね!

2016/10/04 (Tue) 00:41 | EDIT | REPLY |   

arty  

こんにちは。
この教会って、側面の壁にアスレージョあったんですね。正面からしか見てなかったようです。こんなに美しいのに気づかなかったのはもったいなかったです。さらに中はそんな風でしたっけ?暗くて祭壇の写真がぶれる・・・と思った記憶しかありません。あ、もしかしたらこの手のはちょっと苦手なので、痛々しくて見なかったことにしたのかもしれません。記憶ってそんなに簡単に改竄できるのか、ただのボケなのか心配ですが、私が行った時にはなかった(笑)という何時もの言い訳をすることにします。

2016/10/04 (Tue) 06:59 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

見事なアズレージョで、キラキラ輝くアズレージョもきれいでしょうが、しっとりとした優しさがあります
内部の祭壇も素晴らしいです
キリスト教の祭壇には、ストーリーになってますが、私も信者でないので、理解しきれない部分が多いです
布の腰巻にも血痕が付いているのが残酷さを物語って、印象に残ります----

2016/10/04 (Tue) 18:56 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

こわいとおもいます。

子供は絶対無理! わたしも小さいとき、こわい仏像(かな)ありました。
キリスト教を楽しいサンタクロースで、楽しいものにした北欧のマーケティング力は
すごいですね。

わたしは、スペインの復活祭の行列も、
暗くて好きではありません。 にほんじんからすると、KKKにしか見えなくて。

2016/10/04 (Tue) 19:39 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

anessaさんへ

こんばんは^^

私、言葉が素直過ぎますよね^^;ちょっと言葉えらびを気をつけなければです。
お人形がリアル過ぎてびっくりしました。

アングル良いですか!?写真を撮る励みになります^^ありがとうございます。

2016/10/04 (Tue) 22:00 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

artyさんへ

こんばんは^^

こちらの教会のアズレージョは結構有名らしいですよ。でも私はアルマス礼拝堂の方が好きですけど^^
内部は気付かないくらいがちょうど良かったと思います。結構怖かったですもん。
あ、artyさんが行かれた時はなかったと思います♪それかお人形たちが気配を消していたこと間違いなしです(笑)

2016/10/04 (Tue) 22:04 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

こんばんは^^

そうですね。こちらのアズレージョは色合いが優しかったです。写真でちょっとした違いに気付かれるYottittiさんすごいですね。
内部の祭壇とか装飾は、ポルトガルではもれなく豪華で美しいですが・・・こちらのは違った意味でちょっとすごい迫力で^^;
でも思い出深い教会になりました^^

2016/10/04 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ぴきさんへ

こんばんは^^

こ、こわいですよね^^;
確かに子供にはちょっと残酷過ぎるでしょうね。
でも仰る通り、サンタクロースって宗教のマーケティングの観点からみると確かにスゴイ。
昔は文字を読めなかった人お多かったでしょうから、こうやって人形や絵で教え伝えていく方が早かったでしょうけど表現方法も色々だな〜と感心してしまいました。

宗教行事って厳か過ぎてちょっと怖いくらいの迫力ってものもありますね。

2016/10/04 (Tue) 22:11 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/05 (Wed) 18:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/05 (Wed) 18:30 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

人形系はカソリック色の強いこの地域多いですよね。それでぼくにとっても、やはり微妙です。だけど、こちらのは、ストリー仕立てになっていて、見る価値大ですね。だけど、、やはりぼくも微妙〜(笑) そんなこともあって、実はツアーで入らない限り、今回は自由時間ではほとんどいかなかったんです。。
ファサードの写真が素敵です。

2016/10/08 (Sat) 21:48 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

ポルトガルの教会には、このマネキン人形みたいなのが多いですよね〜。
入ってみるまで分からないので一応入りますが、あんまり好みではないですね。
bonzofire さんは、北スペインで沢山の教会をご覧になったと思いますが、ポルトガルとは違い感じでしょうか?
何とかかんとかコンポステーラへ繋がる道という意味では近いのかな?と思いました。

ファサードの写真、ありがとうございます😊

2016/10/09 (Sun) 19:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment