topimage

2017-10

避暑地へGO!大山へ(2日目のお部屋とかその他の思い出) - 2016.08.25 Thu




暑かった夏も早いもので8月の終わりはもう目の前。

避暑地へシリーズは、季節柄、今月に終わらせるのがベターでしょう。



今日は、諸々の思い出と2日目のお部屋のことを書きたいと思います。


まずは、2泊3日の中日のランチ。ご当地名物「大山そば」です。


DSC_3301.jpg


素朴な田舎そばって感じの見た目通りの味でした。

おばあさんがやっているお店だったので、色んな意味であったかい味のお蕎麦でしたね^^


大山そばとは・・・

大山山麓では歴史的に蕎麦作りが盛んで、その大山山麓のそば粉を使用した手打ち麺ということです。
甘皮までたっぷり挽き込む製法によって独特な黒い色のお蕎麦になるそうです。
アレンジはお店によって色々のようです。


大山寺からまっすぐ伸びる参道の両脇に連なるお店で大山そばを提供しているところが複数あって、その辺りが大山そばの中心といった様子でした。

私はその中から鄙びた小さなお店を選んで入りました。素朴な味わいで本当の田舎そば。
決して都会的でないお蕎麦の味の濃いほっこりする味でした^^



大山寺の参道からちょっと脇に逸れたところに大好きなモンベルのお店が有りました〜^^


DSC_3295.jpg


さすが山登りの盛んな土地らしいところへの出店。モンベルがあるだけで山登りの本場感が増しますよね^^

ま、この辺り、旅館か食堂かお土産物屋さん以外、お店らしいお店がないこともあり、大好きなモンベル(トレイルラングッズなどモンベル製品はお気に入り〜♪)に入らない手はありません^^

入り口のドアの取っ手が山登り感満開!!ウヒャッ!!


DSC_3299.jpg



私はmy お土産に帽子を買いました^^


DSC_3372.jpg


ツバの広い布製ハット。おじさん帽子みたい?^^;

旅行の時、日除けに帽子を被りたいのですが、何個か持っている帽子の中で今ひとつしっくり来るものがないのです、ず〜っと。
それで、スポーティだけどツバが広くて少しエレガント目?なこちらを見つけて購入してみました。
果たして旅行時に上手くコーディネートして使えるかしら〜?



さてこのモンベルのそばが、大山の景色を眺める好スポットなのですが・・・雲がかかっていて、今ひとつでした^^;


DSC_3296.jpg



大山というのは、見る角度によって同じ山とは思えない様々な表情を見せます。このゴツゴツした荒々しい山の風情は北壁です。


DSC_3293.jpg



伯耆富士と呼ばれるなだらかな形の美しい山が見えるのは、山の西側から。


DSC_3357-1.jpg



隣の山とつながって縦走も出来るそうです。


DSC_3294.jpg



結局、滞在の間じゅう、荒々しい北壁、南壁の写真が上手く撮れるタイミングは訪れませんでした。


今度は空の澄み切った晴れの日に行って、綺麗な山を撮りたいし、意外に日帰りで素人にも登れる山ということが分かりましたので、山登りにも挑戦してみたいと思います^^

そうは言っても超初心者だし、ガイドさんをお願いして行きたいと思います。モンベルグッズ持って^^





そして、ホテルに戻れば2日目は山側のお部屋です。



初日の海側のお部屋とガラッと雰囲気が変わってこちらも素敵♪


DSC_3052.jpg



ちょっとしたインテリアも素敵です。


DSC_3055.jpg


DSC_3060.jpg


DSC_3059.jpg



お部屋から見える景色が伯耆富士。


DSC_3370.jpg


近過ぎて有り難みが分からないという・・・笑



外のテラスはこんな感じ。


DSC_3056.jpg


こちらでの入浴も気持ち良く〜・・・浴槽からの眺め。


DSC_3384.jpg


山側のお部屋は、大山との間に道があるので高い塀に囲まれたテラスになります。

季節柄、ちょっと虫も多い気がしました。私は虫除けアロマを持参して浴槽に付けて入浴しました。
いい香りだし、虫も来ないし最高の開放感♪





そして・・・お昼が軽かったので、お腹が空いてオヤツをお願いしたら、これが来ました^^


DSC_3386.jpg


新生姜のアイスクリームとライチのジュレとフルーツ。美味でした^^





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

出雲地方はお蕎麦もおいしいんですよね~
私もモンベルの会員になり御用達です
優れたグッズも多いし~、お値段もお手頃なのがうれしいですよね
帽子もつばが大きいのでカジュアルすぎず、旅行にも使い勝手がよいですね~

大山って見る角度によって変わるのですね
山も深くて登山によさそう
さすがに登山目的で大山まで行けないのが残念~
出雲地方の理解も深まります

山側のお部屋も欧風でゴージャスだし、眺めも良くて最高ですね
温泉っていうイメージがありましたが、リゾートで素敵なホテルでうらやましいです

Yottittiさんへ

山陰は出雲そばもありますし、実は蕎麦処なのでしょうね。

モンベルは日本のブランドらしい品質の良さがありますよね。
それなのに海外ブランドよりもお手頃感があって、好きです!

大山は、登山のメッカ。
Yottittiさんが日本中の山を制覇される頃には大山も外せない山になるのでは?^ ^

大山はあんまり宿泊施設が多くないのですが、こちらは景色も良く国立公園内にあるホテルなので素晴らしい環境で、本当に寛げる場所として私のとっておきの場所になりました^ ^

津山と違って見所満載ですね! もうぼくは大山に行く気満々です。
それにそばもおいしいそう、、この時間(金曜夜1時)には酷な写真です。。
モンベル、、全然山登りとかしないですけれど、うちのかみさんも大好きです。
ぼくも、その関係で、緑色の雨具みたいなのを買わされました。(といいつつ、結構気に入ってます。)
ちょっと天気は、、だったかもしれませんが、こんな優雅なホテルとお風呂で、
新鮮な空気を楽しみながら二、三日ゆっくり過ごせる、、とても贅沢な時間だと思います。

bonzofireさんへ

> 津山と違って見所満載ですね!

山に行く気満々です。

よく行かれている津山と近いのに行き帰りの行程 上でなければなかなか行かないものかもですね。 今度、是非行かれて下さい(^o^)

> それにそばもおいしいそう、、

夜1時)には酷な写真です。。

お蕎麦とかってそういう時間に限っていただきた くなりますよね。

> モンベル、、全然山登りとかしないですけれ ど、うちのかみさんも大好きです。 > ぼくも、その関係で、緑色の雨具みたいなのを 買わされました。



ます。



モンベルは国内では珍しく成功している国産ブラ ンドですが、そうなる良さが分かりますよね。ち なみにカトマンズにもお店がありましたよ。

> ちょっと天気は、、

こんな優雅なホテルとお風呂で、 > 新鮮な空気を楽しみながら二、三日ゆっくり過 ごせる、、とても贅沢な時間だと思います。

はい、二泊出来たのでとてもゆっくり出来まし た。 出来ればbonzofireさんも二泊で行かれたら良いと 思いますよ(^o^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1016-969909fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

避暑地へGO!大山へ(ホテルのお食事2日目) «  | BLOG TOP |  » 避暑地へGO!大山へ(植田正治写真美術館)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示