避暑地へGO!大山へ(大神山神社)

6 0
鳥取県 大山2016



お盆が過ぎれば、朝晩は徐々に涼しくなって本来は少しずつ過ごしやすくなってくるものですが、今年はなかなかそうはいかず、手強い猛暑が続いていますね。


こんな時には、避暑地の写真を見て、気持ちだけでも涼しくなってみましょう。


7月に行った鳥取県 大山地方の旅行記を続けます。



大山寺に行った後は、すぐ隣の大神山神社に行ってみることにしました。


大山の山腹約900メートルのところに位置する緑に囲まれた由緒ある神社です。


奥が全く見えず、その先へ惹きつけられるような鳥居からの眺めです。


DSC_3236.jpg



鳥居からの参道の最初のカーブを曲がったところ。これは奥へ奥へ導かれたくなる風情ですね。


DSC_3239.jpg



すぐ右手に「和合の岩」というのがありました。


DSC_3240.jpg


なるほど岩と杉の大木が、仲良く融合するように鎮座していますね。


こんな神社の境内の有り難い名所でなんですが、岩がお尻みたいに見えてしまう私って・・・所構わずな人間ですね^^;


DSC_3241.jpg



和合の岩の杉の大木は、上に真っ直ぐ高く伸びて立派。


DSC_3238.jpg



こちらの参道、実は700mもあって、自然石を敷き詰めた参道としては、日本最長のものなんだそうです。


DSC_3248.jpg



おまけにこの緑、空気は良いし森林浴としても最高です。


DSC_3252.jpg



さすが由緒ある神社の参道。
人里離れた緑の山腹に位置しているせいか、神社の威力のせいか、静寂の中でスゥーッと我が身の中から何かが抜けていくような清浄な空気感です。


DSC_3260.jpg



参道の脇には、清らかな湧き水のせせらぎが。気持ちの良さに拍車をかけます。


DSC_3244.jpg



何でしょう?この演出!いやいや、これは演出ではなく、自然の恵みを引き入れているだけなのですよね。


DSC_3245.jpg


そういえば大山は天然水の名所でした。サントリーの工場もあって、天然水が有名です。



野趣にあふれ、でも清浄であらたかな雰囲気と空気の中を進みます。


DSC_3251.jpg



木漏れ日が気持ちが良いです。


DSC_3254.jpg


標高が高いので、そこまで暑くはないのですが、ゆっくりゆっくりとはいえ、やや上り坂の参道を歩いているとやっぱりじんわり汗ばんできます。

ですが、日陰では爽やかな風が吹き、両の手をちょっと上げれば風が身体を吹き抜けて、涼しく気持ちが良いです。


DSC_3250.jpg



本当に気持ちの良い散歩。

苔の緑も輝いて美しいこと。


DSC_3256.jpg


普段なら目にも止まらないところでも、こんなのんびりした時間の中でなら愛でる余裕が生まれているんですね。



山の中のひっそりとした神社のようですが、その昔は神仏習合の歴史の中で、3000人もの僧を擁する一大信仰地だったそうですから、こんな立派な石垣を見るとその歴史が分かるというものです。


DSC_3263.jpg



ずいぶん進んできました。


DSC_3261.jpg



水の湧くこと止まることなしというほど水の産地なのですね。


DSC_3265.jpg


こんな自然の中の冷たい清水だと、進んで口も手も清めたくなるというものです。



神門が見えてきました。この雰囲気、これぞ日本!といった雰囲気で最高ですね。


DSC_3267.jpg



こういうのは失敗写真というのでしょうが、こんな神社前だと有り難い何かが天から降りてきた光のようで、神々しく感じてしまうから採用(笑)


DSC_3269.jpg



神門のそばにも湧き水が。古木の丸太の中から出てきていてここの雰囲気らしいです。


DSC_3272.jpg



神門をくぐります。


DSC_3270.jpg



国の重要文化財となっている社殿が階段の上、見上げる位置にありました。


DSC_3280.jpg


DSC_3283.jpg



こちらが出雲を中心とする山陰の巡礼の9番札所なのですね。


DSC_3282.jpg



よく分かりませんが、国内最大の権現造りという建築様式だそうです。


DSC_3287.jpg



お賽銭を入れて、ゆっくり拝みましたから、来た道を戻りましょう。


DSC_3281.jpg



神門の装飾の向こうに緑が透けて見えたのが綺麗でした。


DSC_3289.jpg



鳥居のところまで戻ってきました。疲れたし喉が渇いたので、鳥居前の茶店で喉を潤すことに致しましょう。

窓が開け放されていても、座っていれば自然の涼しい風が吹き抜けて、涼しく雰囲気のある店内でした。


DSC_3291.jpg



この茶店で最初に行った大山寺でもらったパンフレットを開きました。

中にこの「調う」というお札が入っていました。


DSC_3292.jpg


文字を読んで、へ~、そうなんだ。感心というか、妙に納得しました。

それは私の心と体が、その「調う」を感じていたからです。

心も体も調子がピタリと合ったというか、日々の生活の中で乱れた何かしらの針がゼロに合ったような、バランスが戻ったような清々しさを内心薄々感じていました。

ドリンクを飲みながら、このお札を開いて、そうだったのか!と納得したのでした。


これはこの夏の気持ちの良い経験として後々まで私の心に残る思い出になると思います。

そして、心や体が乱れた時には又、こちらを訪れたいと思います。


次は、紅葉か雪の時期に来たいなあ・・・



関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

anessa  

お久しぶりです!
調う
素敵な言葉ですね

勉強になりました!
秋から着物の記事楽しみにしていますね

2016/08/20 (Sat) 01:27 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

素晴らしい写真だと思います。
角度や、人の配置がとても決まっていて、いい感じですね。
山道や木々がより一層神々しく感じられます。 見ているだけで心が洗われた気分になります。
それに、フレアの写真、、大成功じゃないですか?  ここまでフレームいっぱいになるフレアなんて、
ぼくは見たことないかも。。 それに、この場所で、ですからね。。
まさに、神様の一枚だと思います。

2016/08/20 (Sat) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

やっぱり出雲地方の神社って歴史的にもすごいです
そしていい感じの苔むし加減、なんともいえない情緒が漂っていて素敵です
立派な神社に、緑いっぱいのいい参道、神聖な気分になります
神々しく写真の現象も技術的なものと割り切りたくなくなるものです
私もここに訪れればよかったな~なんて、惜しいことをしました
日本の良さを再発見です~

2016/08/20 (Sat) 23:51 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

anessaさんへ

anessaさん、こんにちは〜^^お久しぶりです♪コメントありがとうございます。

そう、「調う」・・・この言葉って普段あまりフィーチャーすることもないですが、あらためて言葉として抜き出して解説されると常に私たちの命には「調う」が伴っているんですよね。「調う」が遠のいちゃうと、体調や精神を崩しちゃう訳で、「調う」はいつも寄り添ってくれていて有り難いんだということを知りました^^

anessaさんは、この夏も精力的に出掛けられて楽しまれてますね^^
私は、この避暑旅以来、暑くて家に引きこもっています(笑)
秋になったら、着物を着てお出かけするのが今からとっても楽しみです♪

2016/08/21 (Sun) 12:01 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

bonzofireさん、有難うございます!!
フレアの写真、良いと仰っていただいたので、神様降臨!!って思うことにします^^

好きなとこ=良い写真が撮れる・・・が、ここでは発揮されたのかもしれません^^
こちらは機会があれば皆さんにも絶対行ってみていただきたいところでした。
国の重要文化財の社殿よりもこの参道の散歩が素晴らしく良かったです♪

2016/08/21 (Sun) 12:17 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

この地方に行く時にYottittiさんが以前行かれていた時のことがいいイメージとして残っていたのも、行く決心をする手助けをしてくれたような気がします♪ありがとうございます^^
こちらは自然と歴史が融合した素晴らしい場所でした。苔まで素敵〜!と感じてしまいましたし、森林浴、観光、心と体が調う・・・といった一石何鳥?といった経験で、あとはお参りのご利益待ちです(笑)

失敗写真の方は、意外といいかも?と思えるようになりました。あれは神様降臨が写り込んだものだと思うようにしました^^
ホント、日本の良さを再発見出来る良い経験になりました〜♪

2016/08/21 (Sun) 12:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment