topimage

2017-10

避暑地へGO!大山へ(大山寺) - 2016.08.11 Thu




暑いです。

毎日あまりにも暑い日が続いていますので、先月末に行った大山など思い出して少し涼しくなろうと思います。



さて、大山と言えば登山なのですが、私は山は走ることはあっても(笑)山登りに覚えはないので観光をしました。


大山というのは山岳信仰の山だそうで、山そのものが御神体とのこと。長い歴史があるようでした。

で、全くその方面に造詣のない私が色んな資料から解釈した歴史が以下です。


大山は、奈良時代にはすでに山岳信仰の山として開かれており、平安時代には修行道場として有名になっていたそうです。
信仰は神仏習合。
元々は大山の智明権現という名が付いた大智明権現社と大山寺が一緒にあったそうなんですが、明治時代の神仏分離令により大神山神社奥宮と大山寺に分かれたそうです。
鎌倉時代から室町時代にかけては、高野山や比叡山とと肩を並べるほど隆盛したらしいです。

というなかなか凄い歴史を持った大山寺と大神山神社の観光に行ってみることにしました。


参道。いい雰囲気♪


DSC_3155.jpg


参道の両脇は、旅館が沢山並んでいました。
恐らくは、元々参拝者の宿泊施設だったのではないでしょうか?
近年は、西日本でも有数のスキー場のお客さんを泊める旅館としてがメインの営業。夏場の登山客も泊まるようです。



古い参道らしく、大きな杉の木が植わっていました。


DSC_3151.jpg



参道脇の無料の足湯温泉。登山客にも嬉しいですよね。


DSC_3154.jpg



とくとくと温泉が湧いていました。


DSC_3148.jpg



ちょうど紫陽花の時期だったようであちこちに咲いてとっても綺麗^^


DSC_3150.jpg



古さの分かる階段や脇道が、参道から何本も横に伸びていました。


DSC_3159.jpg



昨今のスキー客の減少により旅館街自体が、やや寂れた雰囲気ではありましたね。


DSC_3156.jpg



ただ変に弄られていないようで、荒れたところはあるものの、古い日本がそのまま見られる感じでいい雰囲気。


DSC_3300.jpg


DSC_3160.jpg



お地蔵さんがあちこちに。


DSC_3157.jpg



赤い前掛けをかけてあって、地元の方から大事にされていることが分かりますね。


DSC_3169.jpg



山門が見えてきました。標高が800~900メートル辺りの山のなかですからね、歴史もあるし、立派な木の緑が多くて癒される参道の風景です。


DSC_3167.jpg



参道のすぐ脇は、場所によってはもうすぐ登山道。本当に癒される空間。


DSC_3173.jpg



お、参道の眼の前まで来ました。


DSC_3175.jpg


元々、神仏習合の信仰らしく、大山寺の山門と大神山神社の鳥居が隣り合っています。



先に大山寺の方から行ってみましょう。


DSC_3177.jpg



山門の中に木像がありました。とても古そうですね。


DSC_3180.jpg



ちょっと罰当たりなこと言っていいですか?

どなたか存じませんが、この木像の強いお顔の方たち。乳首がお花なの♡


DSC_3181.jpg


菊なのかな?皇室の菊の御紋みたいにも見えます^^



も~、空気感がね、霊験あらたかなこと間違い無しって感じ。


DSC_3184.jpg



お地蔵さんたちも古い・・・森林浴をしながらの参拝です。


DSC_3186.jpg


DSC_3189.jpg



ゴツゴツした古い石の段差の大きな階段を上がってくと、こちらが。


DSC_3191.jpg


何でしょう?お狐様がいらっしゃって、観音霊場って書いてありますが、神仏習合と言っても・・・

え?出雲なの?お寺なの?観音様なの?でもお狐様?・・・あなた本当に日本人なの?というくらい私、意味が分からないのが日本人として完全に落第ですね。


DSC_3201.jpg


とりあえず分かったのは、出雲大社周辺を含めて巡礼路があるみたいで、こちらが十番らしいです。



そして大山は、2018年に開山1300年を迎えるのだそうです。


DSC_3202.jpg



お狐様のいる観音様を通り過ぎて、更に進みましょう。

この立て札を見て下さい。標高の高いこの位置から十数キロ先の日本海の船に届いた光って・・・確かにすごい霊木ですね。


DSC_3204.jpg



その霊木の杉というのがこちらです。


DSC_3205.jpg



この手前の大木が、その霊木ですが、周囲にも大きな杉ばかりです。さあ、上がっていきましょう。


DSC_3206.jpg



お~、更に山深くなってきました。


DSC_3211.jpg


DSC_3210.jpg



こちらが本堂のようです。


DSC_3212.jpg


DSC_3217.jpg



良くなりたいところを撫でるとそうなれるらしい。みんな頭が良くなりたいんだね。


DSC_3214.jpg


私はどこも撫でませんでした。



私が撫でたのはこちら。


DSC_3208.jpg



一つだけ願いを叶えてくれるというので、念じながら撫でときました。(一応お金は払っておきました^^)


DSC_3209.jpg



ついでにこちらも・・・欲深に^^;開運ということですから、一応。


DSC_3225.jpg



一回だけゴ~~~~ンとしときました。


DSC_3226.jpg



裏手に回ってみました。


兵どもが夢の跡って感じ。


DSC_3221.jpg



ひっそりとしたところに念じながらおみくじを結んで帰るのですね。


DSC_3218.jpg



小さなお堂の後ろ側の足元に置かれていたお狐様と何かの石像。


DSC_3231.jpg



山深い緑の中、なかなか楽しめる大山寺参拝でした。



さあ、ゆっくり下りて、次は大神山神社に行きましょう。


DSC_3233.jpg




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

杉木立の中の石の階段、日本ではこういう場所が特に好きです。
私、古い石が好きってことでしょうか?
落ち着くし癒されますよね~。

ただ、ほんと蚊に刺されやすい体質なのが難点なんです!!!
蚊さえいなければ日本の夏ももっと楽しめるのに、と思います(TT)

ポケさんへ

ここ、とっても良かったです^^
古い石段と昔から人の手が入った山の中の木立と・・・歴史を感じながら森林浴という欲張りな散歩が出来ました^^
そして、古い石というのは癒され落ち着きますよね〜、あ、古い木も・・・そんな時、人間もやっぱり歴史を持った自然の一部なんだな〜と思うんです。

蚊ですよね、分かります!私もすごい刺されやすいんです^^;
だから、今回のような写真を見ると、それだけで頭の中に蚊の心配が浮かんできちゃう・・・ポケさんもそんな感じじゃないですか?
今回は、私も用心して蚊よけのアロマと虫除けスプレーの二重塗りで一つも刺されませんでした^^v
あまり蚊自体もいなかったようだったので、これには助かりました^^
今お住いのところは夏でも蚊は少ないですか?日本の夏の蚊は本当に厄介ですよね^^;

日本には霊場と感じらえるようなところがたくさんありますよね。
欧米のは、作られたもの、って感じがするのですが、日本のは、見た目を圧倒するようなものではなくても、
その存在自身を自分の中で感じるもの、まあ、神社とか霊場などの文言がそういった感覚を誘っているのかもしれませんが。 ぼくも日本の宗教のことさえ、ちんぷんかんぷんなんですが、神仏習合は、なんとも日本らしい発想と思う一方、何か一つのものが絶対、、って信じるよりか、信仰に関してはこちらの方がいいと思います。

bonzofireさんへ

ここは次の記事に書く大神山神社と合わせて、もう空気感が半端なかったです。
ポルトガルの田舎の朝の空気がとても良かったじゃないですか。あれとはまた違った空気の良さというか、澄み切ったというか清廉なというか改まるというか・・・やはり何かを感じますよね、こういったところでは。
そういったときに、日本人で良かったとほんとに思います。
日本には八百万の神といわれるように全てのものに神が宿るような考え方がありますが、あれが染み付いていて全てのものに感謝出来る自分たちを誇りに思います。神仏習合も文章で書けと言われると難しいですが、何か自分の内面で観念的には分かっている気がするんですよね。

出雲地方というか、見どころが多くて歴史を感じますよね
こちらは訪れなかったけど、自然にあふれ、神々しいところですね
そして並んでるお地蔵さんを見てると、すごく気分がなごみます
昔ながらの本堂が手入れされ大事にされてるのもいいですね

オリンピック開会式は見れなかったので、どうなるかと心配してましたが、大成功だったのですね
楽しませてもらいました
日本も次回日本らしい演出が見たいですね!

Yottittiさんへ

こちらはおっしゃる通り神々しい森の中で、知らなかったけど、行ってよかった〜と思いました^ ^
日本にはまだまだ良いところがあるんだな〜って。
最近は、外国人観光客に日本の各地が評価されて、初めて少し自分たちの日本を客観的に見るようになりました。
そうすると、意外に良いかも?と思えるようになりました^ ^
お地蔵さんも和んだし^ ^

オリンピックの開会式、4年後の日本のことが心配になっちゃうという、、、みんな同じ心配をしているようです(笑)
オリンピック後半戦、楽しみましょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1010-1521edaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忘れものを探しにポルトガル20(コインブラ大学の植物園) «  | BLOG TOP |  » 忘れものを探しにポルトガル19(コインブラ大学周辺街)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示