避暑地へGO!大山へ

8 0
鳥取県 大山2016

毎日暑いでしょう。


こう暑いと疲れるし、もうさすがに暑さに飽きてきてしまって・・・

耐えられなくなってしまったので、ちょっと気分を変えてみようと涼しいところに行ってみることにしました。


行き先は、鳥取県の大山(だいせん)に決めました。


数年前に出張で飛行に乗った時、幸運にも日本列島上空は雲ひとつない晴天で、東西南北、端から端までというほど列島を見渡しながらの空中散歩をしたことがあったんです。

その時にとても美しい山を見つけて、何という山で何処ら辺りだったんだろう?って興味を持って、帰ってから地図を広げて、初めてそれが鳥取県の大山という山だと知ったことがあったんです。

それから数年、国内旅行を検討する度に何となく行き先に上がりながら行く機会に恵まれませんでしたが、今回、避暑地を探している時に思い出し、ようやく行く機会に恵まれました。

避暑地=ある程度高地、っていうことで調べている内にヒットしたのです。



検討先には、高野山(=ある程度高地)も入っていましたが、宿泊が宿坊しかないということで、そんな殊勝な旅とか出来ないですからね、私には・・・却下でした。

本当は岐阜県あたりに行ってみたかったんですよね。私、飛騨高山とか白川郷とかが大好きなんです。ですけど、あのあたり、標高の割には涼しくなさそうなので、この案も却下となりました。



行くにあたって具体的なアクセスを調べたところ、鳥取、詳しく言うと大山地方への一番近い町というのは米子で、空路は羽田からの飛行機、陸路では新幹線で岡山までの後、電車かバスで米子までしか方法が無いということが分かりました。


私は、新幹線と岡山からバスで米子に向かいました。


岡山から米子は、電車、バス共にJR岡山駅からJR米子駅まで。時間は大差なく2時間15分~2時間30分程度。料金はバスが電車の半額程度ということでした。





さて出発してから。


往路の途中の景色が既に心和む美しいものでした。

どこまでも続く田んぼには時期的に緑の稲が風にそよいで、それはそれは美しい田園風景と田舎家の景色。


途中雨が降ったり、曇り空だったのが玉に瑕でしたが、こんな写真が撮れました。






和みますよね~。こんな時に自分はやっぱり日本人!なのだと思い出します。






米子駅に着きました。






駅前辺りも地方の町感溢れていて、見慣れない町の様子にも感動してしまいます。

ちなみに米子駅、帰りに駅構内に寄ってみたりしたのですが、昭和感が半端なくて、今時こんなところがあるんだな~と正直驚くほどでした。
昭和を感じたい旅人には米子駅はとても良いと思います。(米子辺りの方には失礼だったらスミマセン・・・^^;)
もしかすると山陰辺りって、私が知らないだけで割りとこんな感じなのかもしれませんね。(重ね重ね、山陰地方の方には失礼だったらスミマセン・・・^^;)
とても穏やかで和む感じで良いということが言いたいのです^ ^

ところで、鳥取県は、ちょっと前にニュースになったようにスタバが最後に出店した県だったり、セブンイレブンも最後だった県だそうですよ。
自虐的にそんなことを自慢する素朴な鳥取県人を可愛くて好ましいと思いました^^



ここにホテルからお迎えに来ていただく約束をしていました。

小さなホテルだったので、ホテルのオーナー自らお迎えに来て下さいました。

20~30分程度でしょうか?ホテルに到着しました。


DSC_3369.jpg



小さくて手の行き届いたとても素敵なホテルでした。


DSC_3144.jpg



エントランスホール。


DSC_3145.jpg



オーナーの趣味性が光るヨーロッパ調の落ち着く雰囲気のインテリアです。


DSC_3081.jpg




2泊の滞在で、私は大山麓ならば山ビューでしょ!って山側のお部屋をリクエストしていたのですが、オーナーのお心遣いで1泊ずつ海側、山側と泊まらせていただけることになりました。


まず初日は、海側のお部屋でした。


DSC_3095.jpg



きっとこのお部屋、ちょっとランクの高いお部屋だったのだと思います。


DSC_3068.jpg



とっても素敵なインテリア。


DSC_3070.jpg


DSC_3072.jpg



大山というところは、調べている内に知ったのですが、てっきり中国山地の中かと思いきや、日本海にものすごく近い位置にそびえ立つ標高1729mの山だったんです。

中国地方最高峰でその形から伯耆富士とも呼ばれている美しい山でした。


DSC_3357.jpg



日本海からはほんの十数キロで、スキー場では海に向かって滑降しているような感覚で滑られるそうです。
(景色の向こう側は見えませんが海です)


DSC_3085.jpg



標高800mのお部屋の大きなテラスもスキー場に負けず劣らず、米子平野と美保湾、中海、松江、宍道湖まで見通せる美しい海岸線を見おろす絶景テラスでした。
(この日は曇りでスキッと見通せる景色には恵まれませんでした^^;)


DSC_3078.jpg



こちらで露天の絶景風呂も楽しめました。


DSC_3079.jpg



周囲の山々の重なりも墨絵のような美しさです。


DSC_3077.jpg



かなりの時間、この大テラスでこの絶景を楽しみながら過ごしました。薄く夕焼けになっている空。


DSC_3092.jpg



実はこちらのホテル、お食事自慢のホテルなんです。ディナーがとっても楽しみ^^




関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

Yottitti  

白川郷は行きたいと思いつつ、なかなか行けません~
内陸は暑いですからね^^;
私は数年前に、大山、遠目で格好のいい山だな~なんて、眺めました~
日本海側って、また景色が違いますよね
ここにターゲットを決めたEkaterinaさんは、ホテルがお目当てだったのでしょうか~
外国旅行してるような素敵なホテルですね
日本でこんなホテルに出会えるなんてびっくりです
オーナーもやさしく、絶景を用意してくれて、そんな心遣いがうれしいですね

2016/08/02 (Tue) 20:04 | EDIT | REPLY |   

さえ  

おお、伯耆大山!!

学生時代、サークル仲間と鳥取に行ってちらっと見かけた時、
端正なフォルムと神々しい雰囲気に魅了された山です。
とっても美しいですよね。

遠まきに眺めただけだったので、いつか行ってみようと思いつつ
はや10数年(笑)なので、こういう記事とっても嬉しいです^^
ホテルも素敵ですね。

2016/08/02 (Tue) 20:24 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

白川郷、私は20年くらい前に1回だけ行ったことがあるのですが、また行きたいと思いつつ私もなかなか実現しません。あそこ、車で行かなきゃアクセス悪いんですよね。

そう、Yottittiさんが、数年前に中国地方巡りをされていたのは思い出していました!^^その時の山陰が何だか良さげなイメージの印象だったのを覚えて、行き先を決める時影響されたような気がします♪大山は、見る角度によって全然違う山に見えて美しく魅力的な山ですよね。

ここをターゲットにしたのは、確かにこのホテルが見つかったということもあります^^雰囲気も景色も良く、ポルトガル以来リラックス出来た場所となりました。
オーナーさんやスタッフのホスピタリティが素晴らしく、もうこのホテルにそのまんま抱かれたような素晴らしい滞在となりました^^

2016/08/02 (Tue) 21:37 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

さえさんへ

京都からだと鳥取は範囲ですもんね。きっと楽しいサークル旅行だったのでしょうね^^

そう、大山は山岳信仰がある山だけに神々しい雰囲気や伯耆富士と言われる角度からは優しい日本の山の風景といった色んな美しさを持っていますよね。

大山を堪能しきれたとは言えませんが、これから少しリポートしますので少し楽しんでいただけるかと思います^^また見て下さいね。

2016/08/02 (Tue) 21:43 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

一面緑の田んぼ。
懐かしい日本の風景ですね。
やっぱり日本の景色は安心感が違います。
米子駅、一瞬学校の校舎かと思いました。
駅というイメージの建物ではないので、Stationと書いてあるのが違和感ありますね。
おもしろいです。

ホテルのお部屋素敵ですね。
うっとりしてしまいそう。
そして露天風呂があるところがさすが日本です!
湯につかりながら見る景色は最高ですよね。

2016/08/03 (Wed) 06:18 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

日本の田園風景、ポケさんご覧になって下さるかな?と思いながらアップしました^ ^
しばし安心のひと時をお過ごし下さい♪

米子駅は、ホント学校の校舎みたいですよね。stationって英語で表記する必要ある?というツッコミも忘れずにしました(笑)

ホテルはとっても素敵なインテリアで落ち着けました^ ^
大テラスの露天風呂、屋根も無くて気分良さそうです。
実は入っていないんです(^^;;入ろうと思ったら夜で、お風呂の明かり周りにスゴイ虫が沢山いたので怖くて入れませんでした(^^;;
明るい間に入っておけば良かったです。

2016/08/03 (Wed) 14:58 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

偶然にもディナーの記事の前にこちらが見れたことが嬉しいです。
ずいぶんグレードの高い部屋じゃないですか? 観光に行かずに、本一冊とかでも楽しめるような部屋だとおもいます。
かみさんの田舎が津山にもかかわらず、ぼくは山陰地方のこちら側はいまだいったことがありません、、
ただ、田んぼの風景などはよく似ている感じがします。(田んぼだったら、どこでも似てるかもしれません。)

だけど、岡山からバスで行かれたのですね! その道程のほぼ真ん中に位置する津山には、もうバスもなくなり、乗り合いタクシーだけが交通手段になってしまいました。

2016/08/06 (Sat) 23:39 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Bonzofireさんへ

たぶんこちらのお部屋はちょっとグレードの高いお部屋だったんだと思います。
室内もイイですが、季節がイイ時期だと大テラスで本を読んだり、、は、最高の贅沢だと思います。

田んぼの景色は多分岡山県内ですよ。だからもしかするとご覧になったことのある景色かもですね^ ^

バスは電車がカバーしていない場所に運んでくれることも多いので、結構便利ですよね。乗り合いタクシーも良さそうだけど、ちょっと狭かったり、他人との距離感が近くて大変かもですね。

2016/08/07 (Sun) 16:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment