ポルトガルの空の下37(ラメーゴ:ノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会)

ポルトガルの空の下37(ラメーゴ:ノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会)

レグアから向かった先は、ラメーゴという山間の・・・というより標高600mあたりの山頂の小さな町です。バスの道中、車窓から見えたのは、やはりブドウ畑。うねうねした山間の道をのんびり進んで行くバス。乗客は、最初から数人しかいません。すれ違う車も少ないです。30分くらいで着いたバスターミナル。山間の小さな町なのに、想像していたより大きく新しく綺麗に整備されていました。この町は、高台にお城もあって、その昔...

ポルトガルの空の下36(ポルトからアルト・ドウロへ)

ポルトガルの空の下36(ポルトからアルト・ドウロへ)

ポルト滞在3日目は、日帰り遠足に行ってみました^^まずちょっと説明。ポルトという街は、ドウロ川の下流、殆ど河口に近いところに位置する街です。そしてスペインが源流のドウロ川は全長925kmとのこと。このドウロ川のポルトから上流の地域は、ポルトワインの有名な産地でありアルト・ドウロと呼ばれているそうで、「アルト・ドウロのワイン生産地域」として世界文化遺産に登録されているということです。この地域のポルトか...

ポルトガルの空の下35(ポルト:ドウロ川岸にて)

ポルトガルの空の下35(ポルト:ドウロ川岸にて)

あんまり素敵なので、ドン・ルイス1世橋舐め回し紀行、もう少し続けます^^歴史地区の対岸、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアと呼ばれる側に来ています。この川岸の地域は、ポルトワインのワイナリーの並んだ地域です。ワイナリー見学なども出来るそうですし、各ワイナリーがやっているカフェでポルトワイン他、ドリンクも提供されているようなので、そちらにも行ってみたいと思います。橋のすぐ脇に魅力的な小道を見つけたので、ちょ...

ポルトガルの空の下34(ポルト:ドン・ルイス1世橋)

ポルトガルの空の下34(ポルト:ドン・ルイス1世橋)

さあ、このドン・ルイス1世橋、あるサイトではヨーロッパで最も美しい橋5位にランクインしているそうです。ちなみに1位はリスボンの4月25日橋。も〜何なのかしら?ポルト。たった人口23万人の街にして、(既述しましたが)世界で最も美しい駅10選「サン・ベント駅」、世界で最も美しい本屋さん10選「レロ・エ・イルマオン」、そしてヨーロッパの美しい橋10選「ドン・ルイス1世橋」を抱える街なんて・・・素敵過ぎで...

ポルトガルの空の下33(ポルト:歴史地区散歩しながらドウロ川)

ポルトガルの空の下33(ポルト:歴史地区散歩しながらドウロ川)

カテドラル見学の後は、カテドラル前広場の脇に付いている階段から向こうに伸びる、その先が見えない細い道に迷い込んでみたいと思いました。カテドラルは高台に位置しているので、くねくね道や階段を下りる格好になります。細い道は民家に迫り、そこの住民の生活と自分が溶け合うかのように歩くのが楽しい♪カテドラルのすぐ目前みたいなところにはまた大きめの教会。カテドラルよりは幾分低い位置だけど、ここもまだ高台。そびえ...