topimage

2015-09

シルバーウィークに - 2015.09.28 Mon




広島県の「鞆の浦」というところに行って来ました。


DSC04445.jpg



所用で移動があったんです。

何にも予定していなかったのですけど、暇だったのでちょっと寄り道的なというか足を伸ばしたというか・・・という感じで。



どこに向かうか決めもしないで駅に行って、何となく切符を買って新幹線に乗ったり・・・鈍行のローカル列車に乗ったり・・・また乗ったり・・・また乗ったり・・・バスに乗ったりして・・・


結構長い時間、適当に行き当たりばったりしている間に行き先を決めました。



「鞆の浦」・・・

1925年に国の名勝「鞆公園」、1934年に瀬戸内海国立公園に指定された鞆港を中心とした港周辺の市街を含めた海域。

1927年には、日本の二十五勝の海岸景勝地として選ばれたそうです。

また鞆港の市街地は、1992年に都市景観100選、2007年に美しい日本の歴史的風土100選になっています。

瀬戸内海ではこの鞆の浦沖で潮がぶつかり、ここを境にして潮の流れが分かれることから、沿岸航海が中心だった時代には、この鞆の浦で潮流が変わるのを待っていたそうで、古代から「潮待ちの港」となっていたそうです。


「崖の上のポニョ」が、ここで構想が練られたり、最近ではドラマ「流星ワゴン」のロケ地にもなったとのことです。





ゴトゴトゴトゴト・・・日本でも知らないところのローカル線に乗るというのは、その土地のローカルの乗客を観察したり、窓の外の景色を見たりと楽しいものですね。


目的がないという開放感も手伝ったのでしょう。

”~しなければ”という義務感もなければ、”~までに”などという焦燥感もない訳で、ちょっとしたプチ放浪みたいな気分を楽しみました。


小さな港町なんですけどね・・・


DSC04473.jpg



古いまま残っている街区にびっくりです。


DSC04471.jpg



何でもかんでもぶち壊してしまう日本で、こんなに大事に残している住民を誉めてあげたいです。


DSC04440.jpg



しかし今や日本全国、外国人の居ない観光地ってあるのでしょうか?

どこまでも来てますね、外国人観光客。


DSC04474.jpg



こんな観光地には、着物で来てみたいものですね。


DSC04486.jpg



だけど、全く予定していなかったプチ放浪ですしね、着物の準備なんてしてません。

それにこうやって写真を撮ろうと思えば、着物なんて着てる場合じゃないですよね。


DSC04472.jpg


幸いお天気にも恵まれ、古い建物も映えるというものです。


DSC04479.jpg



たまたまお祭りだったらしく、歩いていてたまに踊りの行列に遭遇しました。(その写真はありません^^;)


DSC04443.jpg



なので、町中のあちこちがきれいにお花で飾り付けられてあって、スペシャルな感じがしてなかなか良かったです。


DSC04433.jpg


DSC04431.jpg



こちらは普通の民家でしたが、この風情に驚くばかりです。


DSC04495.jpg



港はね、こんな感じで町家と海と手前の船のコントラストが何とも言えず素敵です。


DSC04456.jpg



この右下に見えている階段状のものを雁木というそうです。

どんな潮位の時でも舟を着けられるのですって。


DSC04454.jpg



常夜燈。ここ鞆港のシンボリックな存在のようです。


DSC04483.jpg



江戸時代の港湾施設である「常夜燈」「雁木」「波止場」「焚場」、「舟板所」が全て残っているのは、全国でもこの鞆港だけだそうです。


また、江戸時代中期・後期の街絵図に描かれた街路がほぼ全て現存していて、当時の街絵図が現在でも通用するのは、港町に限らず全国でも鞆の浦だけだそうです。

(ほんとかな?京都は?・・・)



ま、いいっか・・・^^;



町歩きを続けます。


DSC04419.jpg



猫ちゃんも沢山の観光客にびっくりでしょうね。


DSC04467.jpg



写真には撮っていませんが、お寺も結構な数あり、昔は結構な町であったことが想像出来ます。


豪商も何件もあったでしょう。


DSC04476.jpg




ここは店先だけ無料で公開していた豪商の家。


DSC04420.jpg


観光客への行政サービスも良くて好感度が上がります。


DSC04421.jpg



こちらは1837年、瀬戸内海で海援隊に起こった海難事件の際に坂本龍馬が偽名を使い、しばらく隠れ住んだというお家。

桝屋清右衛門宅。


DSC04416.jpg



1階のこの部屋の天井板が外れ、そこにハシゴをかけたら・・・


DSC04410.jpg



屋根裏部屋にこの隠れ部屋が見つかったそうです。


DSC04413.jpg



今は常設の階段が付けられて、観光しやすくなっています。

地元の言い伝えに従って有志が、この隠れ部屋を1989年に発見して、2010年頃から一般公開を始めたそうです。



最後の観光スポットとして、鞆の津ミュージアム。

日本に数少ないアール・ブリュット美術館。


アール・ブリュットとは?

芸術教育を受けていない人による技巧や流行に囚われない自由で無垢な表現方法。アウトサイダー・アートとも言う


DSC04540.jpg



築150年の蔵を改造して作られた小さな小さなミュージアムでした。


DSC04534.jpg



今やっている展示は、とってもユニークで可愛らしいものがいっぱいでした。


DSC04536.jpg





ほんのちょっとの時間のアート鑑賞を終えて、帰路のバスに乗り込む時に見えた景色は、こんな美しい瀬戸内海の景色でした。


DSC04541.jpg



空は青く、高く、雲行きはどこまでも美しく・・・


DSC04542.jpg



こんなにこの世界は美しいから・・・やっぱりその先へ・・・知らないところに行ってみることは止められませんね。


DSC04543.jpg





この町に着くまでたっぷりと時間を使い、ふらふらし過ぎて、着いた時間が遅かったので、ここの観光はほんの2時間くらいでした。

それでも十分楽しめるほど小さな町でした。

ちょっと美味しいものなんかもいただいてみたかったのですが、時間が遅かったせいでそんな時間もなく・・・さっさと帰りのバスに乗り込んでしまいました。







スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (64)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (498)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (27)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示