「夜明けの祈り」

「夜明けの祈り」

何から、どんな言葉から始めたら良いのか分からない・・・沁み入るというか、深い映画でした。映画のタイトルは、「夜明けの祈り」。登場人物それぞれの心理描写が丁寧かつ分かり易く描かれていて、それぞれの人物の気持ちが分かるだけに主要な人物の人数分の思いが頭の中で交錯して、感想が纏まらないまま映画館を出てきました。エンドロールが流れ終わるまで誰も席を立たない、席を立って暗い映写室を出て館内の出口を出るまで鑑...

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」
No image

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」

何となく・・・没入出来る人間ドラマを観たい気分のその日、選んだ映画は「LION/ライオン ~25年目のただいま~」でした。ファンタジーとかコメディではなかったんですよね、気分が。ちょっと前に映画の宣伝で見ていて、ロケーションが”インド”なのと、ニコールキッドマンが美しくて好きなのですが、最近彼女の映画をしばらく観ていないので、どんな感じか観てみたいな~と思っていたこともありました。さて、まず一言で感想を言...

「インフェルノ」
No image

「インフェルノ」

話題のビッグネーム映画を劇場に観に行くのは久しぶりでした。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス演じるロバート・ラングドン教授主演のシリーズものと言って良いのでしょうね。「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第3弾。いずれも歴史に埋もれる謎解きミステリー。今回の謎解きは、ダンテの「神曲」。「ダ・ヴィンチ・コード」は、TVでも何度観てもなぜだかそんなに面白いと思わないのですが、「天使と悪魔」は楽しめ...

「ボヴァリー夫人とパン屋」

「ボヴァリー夫人とパン屋」

ホント何年ぶりかに映画館に映画を観に行きました。フランス映画の「ボヴァリー夫人とパン屋」を。フランスでは4週連続興行成績1位になってた人気作なんだそうです。ひょんなことからこの映画のことを知り、これは観たいなと。まずはストーリーはどうあれ美しいヨーロッパの景色が背景の映画っていうのは、ひとまず観ておきたいんですよね。それとフランスでヒットした映画ってどんなんだろう?っていう興味もあったと思います。あ...

「細雪」
No image

「細雪」

BS放送で、久しぶりに「細雪」を観ました。1983年の映画です。過去に何度か映画化されている、言わずと知れた谷崎潤一郎の小説の映画ですね。私、子供の頃に公開されたこの作品を観に行ったんです♪それで、たぶん大人のストーリーのはずなのに、やたら満足して映画館を出たのを覚えています。何なら、私、日本映画では、この「細雪」が一番好きかもしれません。というのが、ストーリーや映画の作り云々は置いておいて・・・何...