topimage

2017-04

イスタンブールの狭間で19(世界の美女たち〜イスタンブール編) - 2016.03.14 Mon




イスタンブール旅行記、終了したのですが、忘れていたことを思い出しました。


大好評?^^;(笑)、

恒例「世界の美女たち」イスタンブール編をやっていないことを・・・


ということで、今日はちょっとイスタンブール旅行記の続きになります。



のですけどね・・・


恒例企画を忘れるということは、どういうことかと言いますと、ネタが無いということなんです・・・^^;


ネタが無いと簡単に言ってしまうと、まるでイスタンブールに美女がいないみたいに聞こえてしまうといけないんで、ちゃんと説明しておかなければなりませんね。


イスタンブールは、はっきり言って美女の宝庫でした!


何と言いましょうか、ヨーロッパよりもエキゾチックな雰囲気の美女が多かったですね。


ならば何もネタに困ることはないではないですか!?・・・なのですが・・・


行っていて実感したのは、男が多いこと!

街中に男性が多いんです。何なら男性だらけなんです。

多分イスラム圏のせいなのだろうなと思いました。


頭に頬被りしている女性が多いこともそうなんですが、イスラム文化ってどちらかと言うと女性を隠す文化でしょ?

なので、街中にも女性って少なめでした。

男性は、あの人口密度の高い街中を闊歩していましたが、女性は目立ちませんでしたね。

用事がないと出歩かない?って感じでしょうか。


後で写真を見返しても、女性の写り込んだ写真が極めて少ない。


それにイスラム圏で、よその国にいるときみたいにアホヅラしてシレーっと隠されがちな女性に向けてシャッターを切るということも怖くて出来ませんでした。

何か怒らせたら怖そうじゃないですか・・・


なので、女性の写真が極めて少ないのですが、その中から女性が写っている写真をほんの数枚のみ・・・

しかも撮ろうとしてカメラを向けてませんから・・・撮った景色の中にいた女性を拡大して切り取っての写真なので、画質もよくありませんので・・・既出も有ります・・・悪しからずです。



では、


どちらかというと小柄な女性です。ママですね。鼻筋が通って神の黒目な可愛く綺麗な女性ですね。


DSC04635_20160314164045443.jpg


ホッペもほんのり赤くてまだ若いのかな?見えずらいですが、地味に後頭部は布で覆って髪をかくしていますね。

子供達の方が、アジアっぽい顔立ちに見えます。



この横顔の女性も若そうです。髪を覆っていません。ローカルではなく観光客でしょう。目の辺りの肌の黒さとか顔立ちからローカルではなくとも中東方面の女性でしょう。


DSC04678.jpg



こちらに顔を向けている女性よりも後ろ向きで狭い横顔しか見せていない女性が美女の予感♪


DSC04877_201603141639258b5.jpg


想像だけでレポートするという・・・私の独断と偏見です^^;

髪の色や肌の白さからしてもヨーロッパ系の血が濃そうな女性ですね。



全身イスラムの衣装で覆っていて、目の辺りしか出ていませんが、多分美女ですね。


DSC04845.jpg


くっきり眉毛と肌の色の白さがイスタンブールの地理的な位置を表しているような感じがします。



カトマンズの時にアジアの交差点と表現しましたが、ここイスタンブールもまさに交差点でした。


当たり前・・・ヨーロッパとアジアの境目な訳ですが、人々もやっぱりそう。


だけど事前の想像よりもヨーロッパ系の血が強い人が多いと思いました。

何と言いましょうか・・・ミックス度合いが、ヨーロッパ:中東=7:3って感じ。

肌の色は思ったよりもみんな白くて、黒い髪の毛や眉毛が付いているって感じの人が多かったです。


それと昔から移民とかあちこちの国から人が集まってくる土地だったので、色々な雰囲気の人がいましたが、中央〜東アジア特有の平たい顔の雰囲気を感じる人はいませんでしたね。

事前の予想では、もっと肌の色が浅黒いとか、もう少し中央アジアっぽい感じのルーツを感じる人が多いのかと思っていたので意外でした。



でもまあ、落ち着いて地図を見てみると、美女の国として有名なブルガリアは隣だし、ウクライナも近いし・・・

トルコから東に位置する巨大なカスピ海は、中央〜東のアジアっぽい人の往来を阻んでいたでしょうから、そりゃ、ヨーッロッパっぽい美しい顔立ちは当たり前なんですよね。

そして近い血が混ざるより、遠い血が混ざる方がキレイな顔が生まれやすいって聞いたことがあるので、アジア系とヨーロッパ系の交わる土地として、キレイな顔立ちの人が多く生まれる土地なんでしょうね。



ということなどを考えながらのこの美女レポートなんですが、海外旅行も回数を重ねてきて・・・

以前は、ユーラシア大陸方面ではヨーロッパか東南アジアしか行ったことがなかったのが、ここ3〜4年でインドやカトマンズ、トルコに行ったりとちょっと今までよりも行き先が広がったことで、色んな文化を見たり、人々の顔立ちの違いを見るつけ、最近は、西と東の交流の形跡に興味がドンドン湧いてきています。


・・・シルクロード、行ってみたい・・・


断片をつなぐのでも構わないので、シルクロードを旅してみたいという夢が募ります。

将来、仕事を辞めてからの夢にするか?現役中でも断片を積み重ねるか?・・・

夢と妄想はドンドン広がります。


皆さんは、シルクロードに興味は有りますか?どんな旅先に行くのが夢ですか?



スポンサーサイト

イスタンブールの狭間で18(最後のディナーとお土産) - 2016.01.26 Tue




現地滞在たったの4日間の旅行、あっという間に最終日、最後の食事となってしまいました。



もちろん最高!に美味しいトルコ料理の選択。



最初の夜に行って痛く感激したレストラン、「ali」に再訪することにしました。


だけど、この夜は別の支店へ。
(初日、元々はこの夜行ったお店に行こうと思っていて、別の支店を見つけたのでそちらに行ったのです。)


ホテルからは歩いてすぐ(5分くらい?)のところまで地図を頼って行ったのですが・・・


地図っていうのは道は描いていても雰囲気までは描いていないのですよね。


IMG_4182.jpg


オイオイッ!!!!

ここはスラム街なのですか?怖いんですけど・・・


大通りから1本中に入った路地なのですが、人っ子一人いないし、汚れてるし、うらぶれてるし・・・昼間に来たら、シャッターも開いて別に普通の商店街みたいなところなのかどうかも初めて来たので分かりませんが、とにかく怖い・・・^^;


街灯が点いていることだけが救いで人の気配の全くないところを進みました。

もちろんこんなところなので、お目当てのレストランの気配なんて無いのですよ。

本当に引き返そうかどうしようか迷いながら何とか進んだ数十メートル・・・


麻薬の売人みたいにこの薄汚れた通りの片隅に一人立っている男を発見!

今思えばよく声掛けたよねって思うのですが、「エクスキューズミー」とこの男に聞いてみました。


「この辺りでレストランを探してるんだけど・・・」

「何て名前のレストラン?」

「ali」

「そこの4F」


と無造作に指差された男の背後、行き止まりの突き当たりのビルがここ。


IMG_4181.jpg


怖い・・・^^;


でも、ここまで来たんだから、思い切って行ってみました。


明かりも付いていたし、何よりもここまで一切なかった物音や人の気配、どこからともなくかすかにお皿やフォークの音が聞こえていたのを信じて行こうと思いました。


でもね~、このどんつきのビルに入って(連れ込まれて)、何かされるかもしれないのにね~・・・ホント、今思ってもよく入ったな~と思います。



ビルにはエレベーターは無かったです。(あったかもしれないけど気がつかなかった)


入ってみると、これこの通り・・・どこもかしこも使われていない様子なの・・・


IMG_4178.jpg



要するに廃墟なの。

怖かったよ~~~・・・怖すぎて、カメラの画像設定が正方形になっているのにも気が付かなかったほど^^;


IMG_4179.jpg



でも螺旋階段を上るにつれて、微かだったお皿やフォークの音が少しずつ大きくなってきていたので、信じてこんな廃墟の中を進んで行けました。


IMG_4180.jpg



4Fまで上がると、このビルの階下の雰囲気からは想像出来ないワイワイした活気あるお店が目の前に現れました。


IMG_4176.jpg


↑窓の向こうにはイスタンブールの美しい夜景の見える味のある素敵なレストラン♪

ローカルと思しきグループが、バースデーパーティーなどやってましたから、ローカルにも人気のレストランのようです。

こんなとこ、知らなかったら絶対に来られませんよね~。


ちょっとした冒険の結果、こちらで最高のトルコ料理をいただくことが出来ました。

大半が、初日にいただいて気に入っていたお料理の再オーダー、舌鼓を打ちました^^

最終日で疲れていたのと初日にお料理の写真をじっくり撮っていたので、今回は雑なこの写真しかなくスミマセン^^;


IMG_4177.jpg



こうして、最終日の夜は更けて行き・・・この後、私は夜中の便に乗る為、タクシーでイスタンブールの街を離れました。





あんまり買えていなかったお土産。最後は空港で調達しました。


可愛らしくトルコらしい小ボール皿。


IMG_4189.jpg



これもトルコらしい鍋敷き。


IMG_4187.jpg



ザクロ酢は、観光の途中、街の食材店で調達していました^^


IMG_4190.jpg


これがすご~く美味しくて・・・チビチビサラダに使ってます。あんまり大量に使うとエグ味が強いのともったいないのとで、他のお酢とミックスして使ってます^^



トルコのチャイを気に入りすぎて・・・というか、紅茶の産地では、いつも大量買いする私なのです。


IMG_4185.jpg


こんなに大量の葉っぱを海外で調達^^;・・・末端価格は?笑・・・500グラムあります。

真空パックでも大量さが分かるように太田胃散と一緒に写してみました^^

今現在、もう2/3くらい飲んでしまい、あと 1/3くらいしか残っていません・・・

またどこかの国で調達しなきゃ!^^;





さて、これでイスタンブール旅行記は終了です。


あんまりザ・観光地!みたいなところに行っていなくて、退屈な旅行記だったかもしれませんが、おつきあいいただき有難うございました♪


今回のイスタンブール、出発のほんの1ヶ月ちょっと前まで行く予定など全くなく、秋の連休では近場のアジアでマッタリ~という感じの旅行を考えていました。


友人に旅行に行こうって声を掛けてもらって、行き先の提案、例えばイスタンブールとか・・・というのを「いいね」ってことで、行くことになりました。


いつかトルコに行きたい!行くのならばカッパドキアとかあっちにもこっちにもって思っていましたが、短期間だったのでそこまで足を延ばすことは出来ませんでした。


ですが、行ってみて分かったことは、トルコは広くて地理も文化も多彩、決してサラリーマンの一度の連休で味わい尽くすことが出来るものではないということでした。


人も親切で、トルコで人に対して嫌な思いをしたということは一回もなかったように記憶しています。


いつか又絶対に行きたい国の一つになりました^^


今は、無差別な事件などで不安定な状況となっていますが、その内きっと又って思ってます♪

早く再訪したいな~♪





あ、最後に。


海外では、今回のディナーレストランのあったような危なそうな場所にはもう2度と足を踏み入れたりしないことを誓います!

たまたま無事でしたけど、今思えばよく引き返さずに行ったし、無事だったなと思うのです。


皆さんもくれぐれもご注意遊ばせ~^ ^

イスタンブールの狭間で17(最終日午後の街歩き&夕焼けのイスタンブール) - 2016.01.24 Sun




イスタンブール現代美術館でビエンナーレの作品を鑑賞しました。


市内の美術館各所で開催中の催しなので、この後もう1箇所、他の美術館に行ってみることにしていました。


何となく散歩しながら次の美術館を目指します。


現代美術館の北側あたりの住宅街を歩きます。やはり所々に木造建築がありました。


DSC05003.jpg


この木造建築が散らばるイスタンブールの街の風景が、帰国後の今もとても印象深い思い出として残っています。



至る所の猫ちゃんたちもイスタンブールの思い出ですね。イスタンブールの猫ちゃんは、美形が多いと思いました。


DSC05016.jpg



椅子の上で丸〜くなっている猫ちゃん^^


DSC05012.jpg



車の上で我が物顔の猫ちゃん。


DSC05017.jpg



別に目指していた訳ではありませんが、しばらく歩くとタクシィム広場に出ました。


DSC05024.jpg


勉強不足の私が言うのも申し訳ないのですが、ここ、観光客の集まるところだそうですが、何が良いのかちっとも分かりません。



とりあえず沢山の焼き栗売りが居たので、ちょっと買ってみましたが、美味しくなかったです。


DSC05021.jpg


パリの街でも冬場はよく焼き栗が売られていますが、どこのをいただいても美味しいパリとは訳が違うようです。



とにかく国旗をよく飾っているイスタンブール、国威発揚効果でもあるのでしょうか?


DSC05027.jpg


ならば日本もあちこちに沢山国旗をはためかせてみてはいかがでしょう?^^



面白くないし、人も沢山で苦手な場所だったので、早々にタクシィム広場を後にして、ペラ美術館に向かうのですが、行程上これまた苦手な人混みのイスティクラール通りを通ることとなってしまいました。


DSC05028.jpg



ペラ美術館周辺は、割とヨーロッパ調の建物が多いと思ったら、この辺りは昔は割合ブルジョアが住んでいた地域だったようです。


DSC05033.jpg



これはとっても好きな建物の風景でした。


DSC05031.jpg



ペラ美術館は、以前ホテルだった建物を改装して利用されているこじんまりした規模の新しく綺麗な美術館でした。


DSC05035.jpg


ビエンナーレの作品と常設展とを見ました。



鑑賞後は、ミュージアムカフェで休憩。


DSC05036.jpg


普通にトルココーヒーをお願いしただけだったのに、奥のグラスはお水(頼んでないのにお水が出てくる外国って珍しい)、手前のグラスはリキュール、左はチョコレート(これが美味しかった♪)。

いただき方がよく分からないけど、リキュールを口に含んでコーヒー飲んで最後にチョコレートを口に放り込んだら美味しかったです。

ちなみにこのチョコレート、美味しかったのでお土産に空港でこのチョコレートを買って帰ったら好評でした^^


リキュールをいただいて、ちょっとホッペがポッとなって館内から出ると、もう夕焼けのイスタンブールでした。


DSC05037.jpg



イスタンブールに着いて、殆ど最初に見た名所がガラタ塔でしたが、もう今夜発つ私の最後の名所も又ガラタ塔となりました。


DSC05040.jpg



水タバコにも興味はあったけど、勇気出ず・・・


DSC05038.jpg



ホテルのお部屋から晩ご飯までの時間で撮ったイスタンブールの夕景です。
(出来が悪いですが・・・思い出なので載せます^^;)


DSC05041.jpg


DSC05049.jpg


DSC05050.jpg



この景色でアザーンが流れたら、もう雰囲気抜群で最高なんですよ。


この時は、このイスタンブール旅行、もうこれが最後かと思うと何だか寂しく切なくて、ず〜っとず〜っとこの景色を眺めていました。


又、すぐにでも来ようと思っていたイスタンブールでしたが、あれからテロが頻発。

収まるまでは遠い国となってしまったトルコです。





イスタンブールの狭間で16(イスタンブール現代美術館) - 2016.01.14 Thu




イスタンブール最終日の観光メインは、イスタンブール現代美術館でした。


ホテルから歩いて行けるとこ。


DSC04964.jpg


倉庫を改築した建物。



催し物は、イスタンブールビエンナーレ、「ソルトウォーター」。


DSC04965.jpg


イスタンブール市内の複数の美術館で催されている大きな催しのようでした。



この現代美術館、ボスポラス海峡沿いで館内展示スペースにもこんな大きな窓が開かれていました。


DSC04968.jpg


作品への紫外線の影響とかは大丈夫なのかと心配になりましたが、鑑賞中にちょっと外を覗けば、そこも一種のアートっていうくらい美しい海峡の景色です。


IMG_4151.jpg


IMG_4150.jpg


きっとこの景色も自然の作品の一部なのでしょう^^



館内は、現代アートだけあって、ユニークな作品がいっぱい!


IMG_4136.jpg


こういうの、大好きなんです、私!!



どこからどこまでが、ビエンナーレの作品で、どこからが常設展なのか分かりませんでしたが・・・


IMG_4144.jpg



この空間が好き♡


IMG_4147.jpg



たっぷり時間をかけて楽しみましたよ^^


IMG_4148.jpg



私という人間もね・・・日頃から美術館とかどこでもほとんどが一人行動が多いでしょ?

特に美術館は、集中して作品と対話するには人と一緒じゃ気が散ってダメなの。

なので、入り口で友達と別れて別々に鑑賞することにしました。



好きな作品は、色々ありましたけど、これが一番衝撃的に思い出に残っています。

凄くないですかっ?

女性が自身の両足を開いてその向こうを除き見れば、向こう側には赤ちゃんが・・・
(見ていただけるかしら?拡大出来ます)


IMG_4138.jpg


大胆・・・あまりにも大胆です!!


このビエンナーレは、現代社会が抱える問題、環境、過去そして未来に向けてアートとライフ(人類が生き続けること)の根本に問いかけたものだそうで、これを見たときにまさにそのテーマを感じたような気がしました。



友達と別れて鑑賞した割には、待ち合わせ場所と時間は決めていなくて適当だったもので・・・

鑑賞後、しばらく友達を探しましたが・・・

友達はちゃっかりミュージアムカフェに入っていました^^


IMG_4168.jpg


ここがまた、ボスポラス海峡に面して全面ガラス面、その外はオープンテラスという素敵なところ♪


運良くこのテラスのテーブルに付かせていただき、軽いランチ^^

私は冷製のアーティチョークをいただきました。大のお気に入りになってしまったチャイも一緒♪


IMG_4152.jpg



いただきながら、眺めた景色を・・・


すぐ真下の埠頭には、カモメ。


DSC04976.jpg



望遠レンズを持っていなかったので、広角写真のみですが、広さを感じて下さい!


イスタンブールの景色は、遠目にもこうやってモスクの高いミナレットがあちこちに天を突き刺していて、この写真では表しきれないほど、それはそれは美しいものでした。


DSC04978.jpg


ここに来て初めて気がついたんですが、よく見るイスタンブールのモスクが重なり合って見えるような写真というのは、こんなお船なんかに乗って、海上から撮ったものだったんでしょうね。


DSC04989.jpg



ここから私のカメラだと、最大に拡大してもこのくらい。お天気もちょっと晴れ間が見えたと思ったら、もう曇りっていう雲の多いお天気でしたから・・・色もこんな感じ^^;


DSC04984.jpg



ですけどね、この雲の隙間から陽光が差し込みモスクや塔といったイスタンブールの美しい街を照らし出したこの景色は忘れられないほど神々しく美しいものでした。
(写真がそれほど素敵に撮れなかったのが残念です^^;)


DSC04982.jpg



世界があまりにも美しいから・・・ここイスタンブールもあまりにも美しいから、本当に来て良かった・・・



イスタンブールのブルーモスクのそばで最近テロがありましたね。

何も関係ない観光客も巻き込まれて被害に遭われたようです。

こういうことが起こって、この美しい街を訪れ感動する機会が失われることにつながる怖れをとても残念に思います。

平和な世の中あってこそです。

この街の一人のファンとしても世界の平和と安全を祈りながら書いた今日の旅行記でした。





イスタンブールの狭間で15(4日目朝の散歩とホテル移動) - 2016.01.12 Tue




イスタンブール4日目の朝です。


この朝は、ケンピンスキーホテルを離れる日でした。


このホテルのレストランでの最後の朝食をゆっくりじっくり楽しみました^^






この日もオススメのフレッシュジュースからスタート。






最後のこの日は、オムレツを作っていただきました^^





大きなオムレツでお腹いっぱい♪


ごちそうさまでした^^



最後なので、ちょっとお庭を散歩してみましょう。






こちらは、パレス棟。チュラーンパレスというそうです。





すごい豪華!!VIPとかは、こっちに宿泊するのでしょうね~。



私たちが泊まったのは、こちらの現代建築。極めて普通・・・^^;






お庭からアーチをくぐれば目の前にボスポラス海峡!






水面がすぐそば・・・波なみと水を湛えた海峡。





正面はアジアサイド。シルクロードはここを経由していたかしら・・・


いつかシルクロードを旅してみたい・・・^^

左手へ行けばず~っと先には黒海。





右手方面は地中海・・・





ただ海峡を眺めているだけでロマン・・・色んな想像を掻き立てられます。素敵な場所です♪


振り返れば、パレス棟。





19世紀に建てられたスルタンの夏の離宮。のちに国会議事堂にも使われていたそうです。


美しすぎる宮殿です♡

海峡に向けて階段付きの豪華な入口を設け、船で着いた外国からの賓客などを迎えたのでしょうね。


ところで、昨年、海外旅行はポルトガルとトルコに行った訳ですが、行った先のポルトガルのリスボンの昔王宮があったという場所は大河テージョ川沿いで、王宮の入口だったというところに船着場があって、賓客を迎えたそうです。

ここイスタンブールのこのチュラーンパレスも海峡に向けて威風堂々入口が設けられています。


もしかして地中海世界では、このように大きな船で着ける水辺に向かった宮殿やお城って多かったのではないかしら?と最近想像しています。


行ったことないけど、クロアチアのドゥブロヴニクとか、イタリアのベネチアとか、マルタ共和国とか・・・そんなところが有りそうとか想像しています。


だけど、水辺に口を開けた宮殿やお城って、守りが難しそうな気がするので、よほど軍事力に自信がないとそんな立地につくれないですよね~・・・


ご存知の方、教えて下さい^^


この後、この景色を後にして次のホテルに移動しました。





初日に見学させてもらっていた「The House Hotel」のカラキョイ支店へ移動します。


DSC04575.jpg


と言っても、私はこの日の深夜(25:00)に帰路につきます。

荷物を置かせてもらうのみ^^;


だけど、とっても好きです♪このホテルの雰囲気。






ラウンジバーは、この奥。






エレベーターの美しいこと♡






お部屋。









気持ちの良いテラスが付いていました。






テラスからの眺め。





とっても素敵でした。


でも私、ここに滞在しなかったので、ここでゆっくり寛ぐことはなかったのでした(^^;;

ここに泊まりたかったな・・・



荷物を置いたら、最終日の観光に出掛けます♪






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (64)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (498)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (27)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示