topimage

2017-05

お料理の記録15(お豆さんのチーズ炒め) - 2017.04.28 Fri




豆類が旬の春になると作るお料理です。






私の地元のイタリアンレストランで、もう十数年前にいただいたお料理が美味しすぎて、簡単なのでそれ以来、この季節になるとウチで作っているお料理です。



レストランでいただいたのは、お豆さんだけのものでした。


インゲン、グリールピース、サヤエンドウ、おたふく豆なんかが入っていたと思います。


味付けは素人でも分かる、シンプルで簡単な味付けでした。


オリーブオイル、お塩、コショウ、ニンニク、それにパルメジャーノチーズのみ。


私はスナックエンドウが好きなので、必ず使います。


今回は、初めて他の材料を入れてみました。


ベビーコーンと玉ねぎ。新玉ねぎも時期ですから^ ^



豆類は塩水で茹でてから、ニンニクを効かせたオリーブオイルで全部一緒に炒めます。


塩コショウで味付けして、お皿に移してから、おろしたパルメジャーノチーズをタップリかけて終わり(笑)


相変わらず簡単すぎるお料理です^^;


しかしこのお料理が美味し過ぎるんです♪


豆類の甘さとニンニクの香りと絡んだチーズが合う!


白ワインにピッタリなんです!


今日は、チリの白ワインでいただきました^ ^


最後にちょっとした注意点です。


最後に比較的塩分の濃いパルメジャーノチーズを使うので、そこまでの塩気は普段のお料理より薄めが良いと思います^ ^


そして、最後、パルメジャーノチーズをタップリかけるのですが、本当はフライパンの中でチーズをかけて、上手く絡める方がチーズが溶けて美味しいと思います。


私の場合は、上手く絡ませられないばかりかフライパンを汚してしまうのが、後で面倒臭いので、お皿の上で振りかけますが^^;


このお料理、そこのイタリアンでしか見たことがないので、きっとそのお店のオリジナル?なんではないかと思います。


私が知らないだけで、本場にはあるお料理なのかもしれませんが^^;


皆さんももし気になったら、作ってみて下さいね^ ^
とっても簡単で失敗知らずですから^ ^




スポンサーサイト

ひとり飯シリーズ10(本場の味のイタリアンに出会った!) - 2017.02.26 Sun




今日はちょっとした興奮の内にブログを記入しています。


今夜は、ちょっと前から気になっていたイタリアンレストランに行ってみました。

ウチの近所に少し前に出来たお店です。


工事中には店内に石窯まで丁寧に作っていましたからね、どんなお店になるのか時々工事を覗き込んでは楽しみにしていました。



初めて入った店内は、イタリア感満載でした。


メニューを開くと全てがイタリアっぽくて、冷たい前菜、温かい前菜、一のお皿、二のお皿・・・といった風に豊富なメニューが載っていました。



迷ったのでコースを頼んでみました。コースはピッコロからグランデまでお腹の空き具合によって数種類から選べるようになっていてとっても親切。私はピッコロコースをお願いしました。


ドリンクは、ビールを。「メッシーナ」というビール。シチリアのビールでしょうね。





苦味が少なく甘い香りのするこっくりとした味なのに、さっぱりいただけるビールでした。



前菜盛り合わせ。





これが衝撃!

南イタリア風のカラフルな陶器のお皿、雑と言っては悪いけど、良くも悪くも雑多に盛られたお料理が、何だかイタリアの片田舎の食堂で出てくるお料理みたい~と・・・見た目がまず本場っぽくて嬉しかったんです。

日本でいただくイタリアンって、カフェ程度であっても小綺麗に盛り付けてあってお行儀良くて・・・っていうのが多いじゃないですか。

こんな雰囲気のイタリアンを日本で見たのっていつぶりでしょうか!?

いただいてみたら、味も激ウマで衝撃!!

ハム類はもちろん美味しかったですが、全てが本場っぽい味で最高に美味しい^^

何がどうなっていたら本場っぽいのかはよく言い表せないのですが、もう一気に気分がイタリアに引き戻されちゃいましたね~。



二皿目は、パスタかピザから好きなのを選べたんですが、石窯があるお店だけにピザをチョイス。

それも初回はまず基本のマルゲリータ。ちょっと石窯の実力を試すようなチョイスです。

私の座っていた厨房を囲むカウンター席の目の前が石窯でした。

前菜をいただき終わったタイミングのちょうどその時にピザ生地を広げ始めましたよ。トマトソースを塗り、チーズを置いて、バジルを置いて、最後にオリーブオイルをサーッと回しかけたところまでで1分はかかっていませんでした。


大きなおしゃもじみたいなのにピザを乗っけて石窯に入れたところから、私、時計で時間を計っていました。ほぼ1分で焼き上がり!

思っていたよりも早っ!!






そのまま熱々のままサッと持ってこられたマルゲリータ。美味しそ~~~^^





いや~、実際美味しかった~^^v

こんなに薄い生地でね・・・生地もチーズもモッチモチ♪♪





も~、思わず笑顔でしたよ~^^も~ね~、ニヤニヤが止まらない変な女ひとり^^;

日本でこんなに美味しいピザがいただけるなんて!それもうちからホップ・ステップ・ジャンプ!くらいの至近ですよ^^

その美味しさとウチのお膝元、いや足元みたいなところ(笑)でこんなピザがいただけることの両方に衝撃でした!!



その時にフロアのウエイターさんが、やってきました。

「先ほどから時計をご覧になっていましたが、お時間あまりないようでしたらデザートを早めにお持ちしましょうか?」とのことです。

お客のことをよく見てますよね~。

「いえいえ、大丈夫です。時計を見ていたのは、ピザの焼き時間を見ていただけだったんです。それにしても美味しいですね。衝撃的な美味しさです!!!」と言ったら・・・

カウンターの向こうのピザ職人さんに「衝撃的な美味しさって言っていただけたよ」って・・・職人さん、嬉しそうな顔で照れてました。


聞けばナポリで勉強してこられたとのこと。そりゃ美味しいはずですよね^ ^



デザートはパンナコッタ^^これもバニラの香りがプンプンしてミルクの味が濃くて美味しかったです。






食後のドリンクはエスプレッソでしょ。お砂糖をザブンと入れていただきました^^






直径28センチの大きなピザだったので、「残されたらお包みしますよ」とおっしゃっていただいており、残った2切れを包んでいただきました。






雰囲気としては、リストランテって言うよりもトラットリアとかオステリア、ピザの石窯もあるのでピッツェリアと言っても良いのかもしれませんね。


自宅からホップ・ステップ・ジャンプしたらお店に到着というほどの近くにこんな本場の味をいただけるお店がある発見と美味しさの衝撃でちょっと興奮の今夜でした。


もう通うこと間違いなし!です。メニューを片っぱしから攻めて全部いただいてみるつもり^^



明日の朝はピザを温めて朝ごはんにしたいと思います♪



ブルーチーズのガレット - 2017.02.19 Sun



ある日のお休み、ブランチを取って、ちょっと小腹の空いた昼下がり、甘いものより選んだのがこちらでした。





ブルーチーズのガレット。

カビ系でないチーズとダブルチーズになっていたと思います。

ブルーチーズだけならば、もっとブルーチーズ臭かったはずです。



ドリンクは昼間っからシードルを。昼間っからのお酒って幸せ感倍増しますよね。





こういう陶器のカップが出てきました。本場ではこういうので飲むのですか?



「宜しければ、蜂蜜をかけてお召し上がりください」とのこと。

「宜しくてよ^^」←宜しくないはずなんてありません。

蜂蜜が出て来なければ、厨房まで強奪しに行く勢いで要求したに違いありませんよね。





鼻から抜けるブルーチーズの香り、お口ではチーズの塩気と蜂蜜の甘みのマリアージュ。
絶妙なハーモニーで美味しかった~です。


シードルとガレットで、フランス北部風のおやつタイムとなりました^ ^

あ、フランス北部には行ったことがありません。

あ~、フランス北部、行ってみたい!


お料理の記録14(フィレンツェ風ステーキ) - 2017.02.17 Fri



今日は、お肉をいただきたかったんです。


スーパーで240g買ってきて作ったのは、去年の11月に行ったフィレンツェでいただいて美味しかったステーキ。

真似して作ってみました。





ちょっとお皿の大きさと載せるものの分量の目測を誤ってぶっ込んだみたいな見た目になっているのが恥ずかしいですが・・・まあ、一人なので^^;


ちなみにフィレンツェのはこれ。






自分としては、そっくり!!(爆笑)


・・・に出来たと思います^ ^



ベビーリーフをお皿に敷き詰めて、ミニトマトとパルミジャーノチーズを添えて。

お肉を焼いた後のフライパンで、肉厚の椎茸を焼いて添えたのが、私のアレンジ。
(アレンジというほどでもない)






まあ、いつも通り簡単なお料理しか作りません、ハハハ^^;

塩胡椒とニンニクほんの少しで焼いただけ^^;

弱火にするのを我慢して、強火でガーっと焼きました。

目指したかったミディアムレア、成功。





美味しかったです^ ^

とはいえ、やっぱりフィレンツェでいただいたものには敵いませんが^^;


外でいただくことを考えると、家でいただくなら安上がりだし、国産のちょっとだけいい赤身を買います。

私の腕前程度でダメにするのを避ける為にもさすがに霜降りには手が出ません^^;
ていうか、赤身が好きなこともあるし、カロリーを考えてもそれでちょうど良いのです。


あ、お野菜のビタミンCの摂取を効率良くする為に別皿にレモン果汁を用意して、ちょっと付けながらいただいたりもしました。



晩ご飯は、このお皿一皿のみ(笑)

いつも通り、炭水化物はありません。

本当は、赤ワインでも一緒にいただいたいところですが、お酒は最近、飲むと翌日気分が悪いことが多いので、家では殆ど飲みません。


ということで、お供には紅茶。
お肉の脂肪分解、燃焼作用を狙いました。



デザートは、金柑。





金柑を一日に三ついただくと風邪をひかないそうです(我が父談)・・・本当でしょうか⁈


お腹いっぱいになりました。


お肉をいただいた日は、夜熟睡出来ないことが多いので、今夜もそうなるかもしれません。


おやすみなさい🌙



ひとり飯シリーズ9 - 2017.01.31 Tue




お肉をいただきに行きました。

たまにぐわ~っ!とお肉をいただきたくなります。


冬の乾燥で喉が渇いていたので、まずはシュワーっといきたい。






こういう銘柄だそうです。これは美味しかったです。






お通し。





オリーブが嬉しい。ハムは生ハム風な見た目なのに普通のハムみたいな味で面白かったです。



サラダはシーザーサラダ。





目の前に来て、チーズをおろしてのせてくれました。

これはいい^ ^

別にシーザーサラダが特別好きって訳じゃないんですけどね、世の中やたらシーザーサラダってメニューが多いと思われませんか?

ただのグリーンサラダが欲しかったのですがメニューに無し^^;

まあチーズもフレッシュだし、ベーコンもブロックで食べ応えがあったし、美味しかったです。



ここでドリンクは、赤ワインに。アルゼンチンのもの。





最近、とんとお酒を飲まないので、シャンパン一杯で既に酔い気味になっていて、この赤ワインの味がよく分からなかった残念な私です。



まあ、でも今日のお目当てはこのお肉!





部位はいちぼ。お尻の腹とでもいうのかな??
柔らかくて上品な味でした。美味しかったのですが、何か物足りなさが・・・

今日の気分とはちょっと違ってしまったのかもしれません。
サーロインあたりを頼んでガツンといただけばよかったかも?

でも230gもあったので、やっぱりサーロインだとしつこかった気がしますね。

外国のステーキみたいな肉の旨味を感じたかったのかもしれません。



デザートはティラミス。





甘さ控えめで美味しかったです。



このコーヒーが激ウマでした^ ^






満腹になりました^ ^


このまま寝たら太りそうと思い、食後に40分弱散歩しました。


お肉をいただくと、その夜、上手く眠れないことが多いです。
今日もそのパターン。目が覚めてから寝付けません。
なのでこんな時間にブログを書いています(笑)


明日、元気に目が覚めますように・・・


ていうか、むくれ顔になっていませんように・・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (507)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (36)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示