topimage

2017-11

ひとり飯シリーズ15(ステーキ屋さん) - 2017.11.06 Mon




お久しぶりです。。。


9月から10月、11月の月初まで忙しくて忙しくてブログの更新がなかなか出来ませんでした。

その時々に考えたことや感じたことなんかをブログに書きたかったんですが、正直なところ椅子に座っていることさえ辛くて、ちょっとの時間でも横になっていたいという感じでPCも開けていませんでした。

ここしばらくの休日は、何かしら数時間だけ会社に行って仕事をするということが続いていて、まだ忙しさは続きますし身体も疲れているんですが、今日は久しぶりに丸一日代休でお休みが取れたのでようやくブログを更新することにします。




夜遅くまで仕事をしたりの残業が続いていたので、スーパーの開いている時間に間に合わなくて、コンビニで調達といったことも多かったこのところの食生活でしたが、ぽっかり開いた日に体力付けにお肉をいただきに行きました。


このところ、本当にお酒に弱くなってしまったので、お酒は避けてドライのジンジャーエールにしました。


IMG_5021.jpg


どのくらいお酒に弱くなっているかというと、体調によるのですが(と言っても自分で把握出来ない微妙な体調の変化)、9月頃、晩酌に缶ビール500mlを飲んだら、翌日二日酔いになりました(爆)

このくらいで本当に二日酔いになってしまったのか?風邪気味だったんじゃないか?と自分でも不思議だったので、数日後にワイングラスに2杯くらい赤ワインを飲んでみたら、やっぱり翌日具合が悪くなりました。
やっぱりこの程度の酒量で二日酔いになってしまうほど、私の身体はもうアルコールをうまく分解できない身体になってしまったようです。

ですけど6月にイタリアに行った時には、毎晩ワイン1杯くらい飲みましたけど何でもなかったんですけどね。っていうか、今までだっていつも海外では具合悪くなったりしませんけど・・・何ででしょう??



話は逸れましたが、お野菜はクレソンのサラダ。


IMG_5022.jpg


私、味の濃い葉っぱが大好きなんですよね。砕いたアーモンドが良いアクセントになって美味しかったです。



次は、焼きカマンベールチーズ。


IMG_5024.jpg



ト〜ロトロ〜のア〜ツアツ〜をスプーンですくってパンに乗せていただいたら、これは美味しい!


IMG_5025.jpg



メインが来ました。”カイノミ”という部位です。


IMG_5027.jpg


ヒレの近くの部位で、左右にパカッと開いた貝のような形なのでカイノミと言うらしいです。
柔らかくて赤みの旨みを十分に味わえる部位ということで、本当にその通りで美味しかったです。あっさりした味わいでこの日の気分にピッタリでした^^

玉ねぎの風味を効かしたお醤油ベースのソース、しょっぱさの強いお塩、甘みも感じる優しいお塩が用意され、どれも美味しかったです。



こんな感じでたまには気分転換しないとね、仕事ばっかりじゃやってられません。


本当は、秋は着物を着るのにちょうど良い時期で着物を着るのを楽しみにしていたのですが、休日も会社に行かなきゃならなかったり、疲れ過ぎて外出する気になれないなど、まだこのシーズンになって一度も袖を通していません。

それに文化の秋は、色んな目的の外出も楽しい時期ですし。。。

まだまだ忙しさは続きますが(むしろ年末年始が私の仕事は一番山なんです)、早く疲れを取って着物を着て外出したいです。




スポンサーサイト

ひとり飯シリーズ14(イタリアン居酒屋) - 2017.09.27 Wed




近所のイタリア料理を中心とした居酒屋に時々行きます。


ラム肉が美味しかったと以前このブログに書いた時のお店です。
こちら→ひとり飯シリーズ12



先日、夜が涼しくなりはじめた頃、久しぶりに行ってみました。


お通しは、豚のテリーヌ。


IMG_4945.jpg



ドリンクはウーロン茶。


IMG_4944.jpg



はじめに大好きなトマトのマリネサラダ。半量オーダーでした。


IMG_4946.jpg



ナスとモッツァレラチーズのトマト焼きだったかな?これも半量。


IMG_4947.jpg



牛肉が食べたくて・・・ロースステーキ100g。


IMG_4949.jpg



お楽しみの一品。こちらに来たら必ずいただくラム肉。牛肉もいただいたこの日は1本だけ。


IMG_4951.jpg



おしまい。


お腹一杯になりました。満足満足^^


お肉食べ過ぎですよね(笑)

この日は、何故だかガツン!とお肉をいただきたくて、このチョイスでした(笑)



ところで、この日、まだ若いこのお店のシェフとのおしゃべりが楽しかったので、ちょっと書いてみようと思います。


このシェフとはラム肉がとっても美味しくて、以前こだわりを話してくださったところからちょいちょい話をするようになりました。


何がきっかけだったのか・・・? この日、話し始めてくれたのは、ご両親は学校の先生で、ご自身は製菓の専門学校卒業のパティシエ出身。

料理の道に入って、尊敬するシェフの下で働いていたのだけど、いわゆるブラック企業経営のレストランだったので、休みなく数ヶ月がむしゃらに働いていたら、2ヶ月入院しなければならなくなったこと。

もうすぐ退院して復帰のタイミングで、その尊敬するシェフがお見舞いに来て言われたこと、「人が足りないから早く戻って来い」。

それを聞いて我に返って、シェフは尊敬はしていたけどそのお店を辞めた。でもそのシェフに必死で食らいついて頑張ったおかげで料理の腕を身につけることが出来た。

体を壊したことで、人生を大事に生きようって思って、大好きな旅行に出ようと思った。

でもお金がなかったので、バイトを3件掛け持ちして必死で20万円貯めた。

20万円を握って、2ヶ月の予定でヒッチハイクの旅に出た。北海道から沖縄まで。

ヒッチハイクは意外と上手くいくもので、途中色んな出会いがあって、友達も出来たし今も繋がっている人がいる。

最後鹿児島から沖縄までフェリーで渡ったが、沖縄で所持金どころか全財産3000円になってしまった。

その時、ヒッチハイクで乗せてくれた人にどこかで働きたいと話をしたら、その人は運良くカフェのオーナーで、ウチで働けばいい、宿泊はカフェのスタッフのお家を順番に泊まり回った。

カフェのみんなととっても仲良くなって3ヶ月ほど働いたら、帰る時は数万円になっていて故郷に帰ることが出来た。

今の仕事は、旅前に掛け持ちしていたアルバイト先の1件で、今はお店を任されている。


その旅の写真を見せてもらいながら、旅の話を興味深く聞きました。その時のファッションが小綺麗なヒッピーって感じで素敵だと伝えたら、綺麗な布が好きなんだとのこと。

私も何度か行ってお買い物をしたことのあるすぐ近くの奇天烈なおじさまのアジアの布を使ったナチュラルな洋服のお店の常連なんだと・・・私もあのお店、時々行くんですよ!それに私も綺麗な布が大好きで〜・・・と話は一気に盛り上がり・・・

このシェフは、インドに行ったこともないのに、昔から何故だかすごくインドに惹かれていて、死んだらガンジス川に散骨して欲しいと思っていると・・・私がガンジスに行ったことがあるというと羨ましい、いつか行ってみたいと仰って・・・

ガンジスに骨を流して欲しいというような気持ちになったのは、きっと魂の記憶みたいなものに導かれての思いなんだと思う・・・と。

最近結婚して、来年初頭に女の子が生まれるらしく、生まれる赤ちゃんの性別が分かってからは、生まれるのが楽しみで楽しみで、仕事ももっと頑張らないと!って思っている。


もう他のお客さんもいなくなって、シェフも自分でドリンクを作って飲みながらこんな話をしてくれました。


まだ若い青年が、しっかりしたお料理を作る腕を努力して獲得して、大好きな旅行、それも私の憧れている放浪系の旅、キラキラした目をして最近結婚した奥さんの写真を見せてくれながら、奥さんとも布好きなことが共通点で知り合って結婚した、赤ちゃんが楽しみ、これからも頑張る・・・って言うんですよ。


お料理の美味しかったことも良かったのですが、この会話がこの上なく楽しくて・・・旅の話とか好きなこととか私との共通点が多かったことも楽しい要因だったのでしょうが、この若い青年が楽しそうに奥さんとの未来を語ったり、芯があるし意気込みを語るのを聞いて、何だか嬉しくなったんですよね。

赤の他人が語ることの何が嬉しかったのか分かりませんが、なんだか応援したくなるような温かい気持ちになりました。



と・・・こんな思いの外、楽しい思いをしたひとり飯の日でした。

こんな食事もいいものだな〜と・・・嬉しい気持ちのまま自宅に戻って寝たのでした。






香辛料の魔術師に出会った - 2017.09.23 Sat




いつも行っているお洋服屋さんとお食事に行きました。


主にイタリアのお洋服のセレクトショップで、半年に一回パリやミラノに買い付けに行かれているので、海外旅行のお話にも花が咲きますし、オシャレについても話が合う^^

トレンドやコーディネートも教えてくださるお姉さまで、好きな物や事、考え方も似ているところが多く、話が盛り上がった挙句に今度お食事に行きましょうということで、この日はグルメなお姉さまのとっておきの四川料理のお店に行くことになりました。



表通りから1本入った路地にひっそりとある小さなお店は、知らなければ和食の割烹かと思うような佇まい。

入ったお店の中の雰囲気もお料理が出てくるまでは和食屋さんそのもの。

中華屋さんって、安いお店を中心に何となく油っぽいベタつきを感じるお店もありますが、ここはびっくりするほど隅々まで磨き上げられて、本当に和食の割烹屋さんの雰囲気。カウンターの中のシェフも清潔そのものといった青年。

一人親方で、お運びのアルバイトさんが一人のみ。


事前にお姉さまからかなりの腕前の評判を聞いていたので、事前期待は相当上がっていましたが、出てきたお料理たちにびっくり。
想像をはるかに上回る美味しさで、全てのお料理が繊細かつ絶妙な香辛料使いでこの歳になって新しい種類の味を知ってしまったといった食体験になりました。



それでは、会席料理のようなコース料理の前菜から始めたいと思います。全てお任せのコースでした。


茹でたツルムラサキの黒酢とお醤油、粉唐辛子のソース。






最近、体調が今ひとつでアルコールがちょっとでも入ると翌日辛いことが多いので、ノンアルコールビールを。






さんまの燻製。シェフの配合した調味液に漬けたさんまが桜チップで燻製されたもの。
奥の方で微かに控えめな調味液の香りと味を感じる初めての味でした。生臭さと脂が抜けて秋刀魚の身の味が際立ち、上に乗ったパクチーとの相性良く、ちょっとだけピリッとして本当に美味しい。





↑お皿も素敵でしょう。



前菜続きます。4皿。






右からクラゲの酢醤油味。コリコリ度合いがハンパない。ハスの茎のスライスが乗っているのは、ピリッとくるタコ。






右が鶏肉はちょっと棒棒鶏風なグリーンソース。左は豚。アーモンドとソースがさっぱりした豚に良く合いました。






アコウダイの餡かけ。
この餡、ちょっとタイ料理みたいな香りがするんですよね。何かな~?と思っていたら、レモングラスに似た香りの香草と生姜の良く効いた、いっぱい色んな調味料とか香辛料を使ってるんでしょうね~といった複雑な味の美味しい餡でした。揚げたアコウダイと相性抜群。






そのまんま海老チリとは言わないんですが、そんな味と位置付けの2種の唐辛子の海老料理。






プリップリの味の濃い肉質がギュッと詰まった海老。ちょっと絡んだソースがピリッピリして美味しい。上品な海老チリって感じ。唐辛子は食べてはいけないと言われました(笑)






長細い方の唐辛子は分かるけど、丸いプチトマトのような大きさと形の唐辛子は初めて見たものでした。






大好きな鴨が肉料理として出てきました^^簡単に言うと回鍋肉に近い味というのが一番近いかな?でもどことなくココナッツミルク感を感じるような・・・油っぽさなくコクがあって美味しかった~。






ここら辺りで飲み物はジャスミンティーに。






ふくよかな茶葉は、何度お湯を足しても美味しいままいただけました。シェフが現地で買って来られているものだそうです。






水餃子。ラー油とピーナッツ?何かしらのナッツ類のミルク。見えませんが下にお醤油。全てを混ぜて水餃子にからませていただいたら、まあ~美味しいこと。モッチモチの皮と少量の具のお肉。今まで餃子って具と具から出たスープを逃さない為に小麦粉の皮で包んでいるだけといった認識で皮を重要視していなかったのですが、この餃子は皮の旨さをも楽しめる味で驚きでした。






麻婆豆腐は、山椒が際立つのですが、舌に広がる複雑な香辛料の旨みに唸りました。白ご飯が欲しい~って思いましたが・・・






その直後に出てきたのは、パラッパラのチャーハン。いりこや鰹節といった日本風な旨みをまとった一粒一粒のご飯粒。なんかもう衝撃レベルの旨さでした。






デザートの杏仁豆腐。甘い蜜がかかっておらず甘さ控えめですが、ねっとりした濃い杏仁豆腐。思わずニンマリでした。






何回お湯を指しても美味しく味わえるジャスミンティーが食後のお茶の役目も果たしました。


ご覧になっていて気付かれましたでしょうか。お皿は中華には珍しく殆ど白。たまに青で描かれた磁器が使われていて、実にシンプルで清々しい。


中華圏には行ったことがなく、本場の中華というのも四川料理というのもいただいたことのない私ですが、日本人の味覚に合うようにあっさりといただきやすくアレンジされているのか?これが本当の四川料理なのか?今までの中華料理のイメージを覆された爽やかな食べ応えと食後でした。

びっくりしたのが、これだけの量いただいてお腹がいっぱいになっていたのに、夜中の午前3時頃に目が覚めた時、お腹がスッキリと空いていたんですよ。これびっくりじゃないですか?どれだけ消化が良かったのかって思いました。体にも良い中華ということですね。


このお店にはもう今後も通ってしまうこと間違い無しと思います。
普段の活動範囲をちょっと超えた辺りのお店の位置ですが、無理のない位置なのが幸いです。



ひとり飯シリーズ13(参鶏湯) - 2017.09.02 Sat




9月になりましたね。


ぐっと涼しくなって過ごし易くなりました。

まあ秋なので、それはそれで良いのですが、例年のごとく9月になってもずっと暑いことを覚悟していたので、ちょっと戸惑っています(笑)

今日なんて、寒くて長袖二枚重ねで出掛けましたもの。



ところで私のブログは最近、旅行記以外のことと言ったら食べることか、そうでなければ調子が悪いといったことしか書いてなくて、なんか残念なブログですけど、いつもお付き合い下さりありがとうございます^ ^


といった前置きを書きつつ、、、又ですけどやっぱり調子が悪いんですよ。


結局8月いっぱい夏バテを引きずりました。

仕事の日はほぼ毎日リポD漬け。


今現在は、胃腸がダメになっていて、先日嘔吐するほどだったので、ここ数日は胃腸を大事にする為に消化の良さそうなものを選んで食べているんです。

柔らかく煮込んだおうどんが主食です。

昨日あたりから飽きてきて、ランチどうしようかと考えた挙句、韓国料理屋さんでよくある石鍋スープ入りのご飯、それも辛味が入っていなくて、優しい味のものがあるじゃないですか?そういうのはどうだろうと思って、韓国料理屋さんに行ってみました。





いただいたのがこちら。干し鱈入りの石鍋スープ。
辛味のものは抜いていただきました。

スープの中にご飯を入れていただいたら美味しくてね~^ ^

お腹にも優しくてお腹辺りが温まって、とても良かったんですよね。

付け合わせに出てきたキムチはいただけなくて残念でしたが^^;



で、調子に乗って、今日もまた同じ韓国料理屋さんに行ってしまいました。


今日は参鶏湯。





一人前にして提供されていたので、オーダーしてみました。


美味しかったんですよ~^ ^


でも量が多くて~^^;


小ぶりな鶏1羽の半分が入っていて、もち米なんかも入っているじゃないですか、、、

優しい味で、鶏もホロホロと柔らかく煮込んであって、食べ易かったので、ついつい食が進んでしまいました。


で、食後苦しむという、、、ほんとバカですよね^^;


胃腸を労わるつもりで選んだ食事でかえって苦しむなんて、愚の骨頂です。



夜になってもまだお腹空かないので、今日の晩ご飯はチアシード入りのジュースのみにしたんですが、これが又、ダメでした。


夜中の変な時間になってお腹が空いてきたらいけないので、ちょっとチアシードを入れたジュースを飲んだんですが、これがいけませんでした^^;

チアシードというのは繊維が多いし、お腹の中で膨れるので苦しいんですよね。

うっかりしてました^^;


バカですよね~^^;


胃腸に負担をかけると、身体全体が疲れるので、早く回復させたいんですけど、この分じゃなかなか治らなさそうです^^;


今夜は、苦しみながら寝ます・・・


季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さんはお気を付け下さいね^ ^


お料理の記録18(なんちゃってローストポーク) - 2017.08.14 Mon




絶賛夏バテ継続中です。


幸い、何やかんや食べれるんです。それで栄養を摂らなきゃ!とつい色々多めに食べてしまって、また太りつつあります。
夏バテして太るってどういうこと?って感じです・・・

夏を乗り越えたら、ダイエット必至です^^;



で、栄養をとる為にはお肉!と・・・その時の気分だった豚肉、それもかたまり肉を買いました。

もも肉のかたまり500グラム(笑)・・・国産で安心です^^


何を作るか決めないで買って帰ってから、気分でなんちゃってローストポークを作ってみました。



まずは料理用縛り糸でグルグルに縛ってみました。

プロバンスのハーブ(←いつ買ったのか覚えていない古いもの。いつかのフランスには違いないのだけど、乾燥だから腐ったりしないからいいやって使い続けてます(笑))

そのハーブとお塩とコショウを混ぜてお肉の外側にたっぷり塗り込んでみました。

棒状になったお肉のかたまりにローリエの葉を並べて乗せてみました。

キッチンタオルで巻いてからジップロックに入れて空気を抜いて数時間休ませてみました。

フライパンで表面に焼き色を付けてから、熱々のところをローリエごとアルミホイルで巻いて、またジップロックに空気を抜きながら入れて、今度は沸騰したお湯の中に沈めてみました。

沸騰したお湯は、お肉を入れる直前に火を消して、30~40分ほどお湯の保温力で中まで火が通るかやってみたんです。

お鍋から上げて、粗熱を冷ましてからスライスしてみたら、ちゃんと中まで火が通っていて成功でした^^


お皿に盛り付けてみましたよ。


IMG_4867.jpg


付け合わせの野菜は、本当は火を通したものにすべきなのでしょうが、手を抜いて生野菜^^

ソースは適当に家にあるものを混ぜ合わせてレンジでチンして作りました(笑)
(赤ワイン、オリーブオイル、少しだけお醤油、お塩、蜂蜜、マーマレード、酸っぱくならない程度にトルコのザクロ酢、長ネギのみじん切り

マスタードは、6月の旅行でフランスのシャルルドゴール空港の売店で買ったマスタード←これが旨い!


とっても美味しく出来てしまいました^^


ローストポークと言っても、グリルしてオーブンで火を通したりせず、簡単にジップロックに入れてお湯に沈める・・・という荒技を使ったので、なんちゃってローストポークというネーミング(笑)

以前流行った時によく鶏ハムを作っていたのでその要領を思い出して作ってみました。


今日は半分いただいて、残りの半分はまた後日いただこうと現在冷蔵庫に入れていますが、少し置くことで味が馴染んで落ち着いて、また違った味わいでいただけると思います。



デザートは、初物の梨。20世紀梨です。


IMG_4869-1.jpg



もうすっかり甘くて、瑞々しくて美味しかったです♪



ただ、まだ梨に本格的に移るわけにはいかないんです!

今年も”桃”獲得戦に参戦していますから・・・大好きな桃の収穫の終わるその時期まで桃を食べ尽くす!!使命がありますからね^^

今年も桃はお高いですが、安価な桃を探して歩き回っています。


今夏のここまでの桃獲得戦の成果は・・・

大ぶりの立派な桃3個で1000円。
小ぶりなちょっと不揃いな桃9個で1500円。
小ぶりで少々難ありな桃6個で1120円。

間に安価なキウイとカットスイカを挟み込んで、この夏のフルーツローテーションを作っています。

毎日桃が食べられなくて、残念ですが、こうお高いとね~~^^;

もうしばらくは、桃獲得戦、頑張ります!!






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (108)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (24)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (561)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (39)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示