topimage

2017-10

ブエノス・アイレスこぼれ話 - 2009.11.20 Fri

世界にはいろんな人がいるもんだ・・・
ブエノス・アイレスに行った時に出会った人のこと・・・・

ある意味忘れられない旅の思い出となったので、ここに記録えんぴつ

ホテルの朝食レストランで隣の席にいて出会った女性・・・「カリーナ」
彼女はロシア人。中国と近い地域の出身なのか?
ロシアと中国系の血が混じっているらしく、明らかにハーフ顔。
どちらかというとアジア人的要素の強い顔立ち・・・

職業は自称弁護士。
現在はミラノ在住で、バカンスでブエノス・アイレスとそこから近いスキー場への
スキーリゾート目的で来たとのこと。

一人旅。
ブエノス・アイレスにはお友達がいて、週末スキーリゾートでは一緒になるらしいのだけど、
ウィークデイの昼間は、一人で暇だったらしい・・・

それからというもの、何かと私達に絡んできて・・・
適当に断ったりしながらも、ある夜、一緒に夕食に行くことになった。
現地のお友達も合流して・・・

そのお友達がおじ様なご年齢の方。
大農場を経営したり、食品を製造販売している会社の経営者とのこと。
どんな関係?っていうほど親しげ・・・
聞けば友達の友達で今回の旅行で知り合ったばかりとのこと・・・すぐ仲良くなっちゃうのね・・・

夕食後、タンゴのショーに行こうということになっていたのだけど、
夕食中の美味しい赤ワインでへべれけに酔っ払ってしまった彼女。
クラブに「踊りに行こうよ」と言い出し・・・「タンゴ観るなんて退屈・・・」ってワガママを言い出した。

お友達は、すっかり大人の男性で常識的なおじ様・・・これにはすっかり苦笑。
私達は分かれてタンゴのショーへ・・・
おじ様は彼女のお供・・・

翌々朝もレストランでばったり・・・
一昨夜のことなんて忘れてしまったようにしゃべるしゃべる・・・

一昨日持ってたチンチラのポシェットバッグは、こっちで日本円にして10万円程度で買ったこと・・・
安いでしょう!?あなたも買えば?お店教えるわよ・・・
昨夜はモンテビデオ(ブエノス・アイレスのラプラタ川対岸のウルグアイの首都)の市長とフランス料理を食べたこと・・・
次の月に、ヴェニスで開かれるチェスの世界選手権のオフィシャルフードのプロデュースをするコックさんが友達で、招待されたから行くこと・・・
その次の月には上海の友達のところに遊びに行くこと・・・
などなど・・・

まぁ、私達日本人には分からないヨーロッパのお金持ちの生活を満喫している感じで、
他人事としては面白い話として聞けてたけど・・・

一体この人の話の奥には何が隠れているのだろう??って、子供の私(笑)には分からず・・・ぐるぐる

何となく流れでTEL番号の交換などしてしまい・・・

私の友達はパリから行っていたから、帰ったらまた遭いましょうなんて言われている・・・
私の友達はお金持ちだから・・・
友達を狙っているのか・・・?
私の友達・・・苦笑・・・

私には、上海の帰りにEkaterinaYoghurtのところに寄ってもいい?
京都に案内して欲しい・・・など・・・
とんでもない、あなたみたいな破天荒なタイプの人には私一人ではとても付き合えません・・・

友達の輪というのはこうやって広げるものなのかもしれないけど、
彼女には何となく危ない気配を感じ・・・

本当に来たらどうしよう??ってしばらく心配してたけど、そのまま連絡は来なかった・・・
パリの友達のところにも連絡は来なかったと聞いている。
(彼は男だから、本当かどうかは謎・・・?その後、色々と楽しんだかもしれない・・・笑)

弁護士って言ってたけど、彼女はいったい何者?って思ってたけど・・・
彼女の友達であるおじ様曰く、「She is phenomenon.」これはいい意味で言ったとは思えない・・・
私の友達曰く「She is crazy.」
私もそう思う・・・困る

本当に彼女はいったい何者なんだ??
面白い話と疑問を残し、地球人との一つの面白い出会いの思い出として残っています。

私って世間を知らな過ぎますかね~?
スポンサーサイト

ブエノス・アイレス4 - 2009.11.11 Wed

ブエノス・アイレスは、19世紀末~20世紀初頭にヨーロッパからの沢山の移民が、
貿易などで成功し、ヨーロッパらしさを忘れない街として発展してきたようです。

古きよき時代と振り返られるその頃の威勢が分かる建物が沢山あります。

大統領府。ピンクでかわいいハート1
大統領府

国会議事堂と国会議事堂広場
国会議事堂

↓これはちょっと下手な写真でごめんなさい(走っている車の中から撮ったもので・・・)
コロン劇場。ミラノのスカラ座に次ぐ世界第二の大きさで、
パリのオペラ座と合わせて世界三大劇場らしい・・・
南米にこんな立派な劇場があるなんて想像だにしなかった・・・
コロン劇場

内部も大層立派で、観客席の外周にはボックス席もちゃんとある本格劇場。
この時は、弦楽器のカルテットの演奏会に行きました。
ボックス席で鑑賞~いい気分~ハート1

この他に写真は無いけど、レコレータ墓地は有名な観光地。
芸術的な墓地として世界的にも有名らしい・・・
エヴァ・ペロンのお墓もあるところ。

タンゴのショーも外せないかと・・・本場のはすごい・・・見入ってしまいました。
本場でタンゴのDVDも買ったもんね。

革製品の本場だから、素敵な皮革製品がびっくりするような低価格で買えちゃったし・・・

日本から、私はJAL+AAにてアメリカのダラス経由で12時間+10時間=22時間かけて行きましたが、
また是非行きたいところです。

ちなみにこの時私は・・・
出発当日の朝、荷造りした重いトランクを持ち上げた瞬間、ぎっくり腰になってしまい・・・うおぉッ==
鎮痛剤と腰に湿布やサポーターをして必死の覚悟で飛行機に乗り込みました。
幸い、到着した頃にはひどい痛みは落ち着き始めていたけど・・・

おかげでせっかく南米に行くのだから、
ブエノス・アイレスを拠点にイグアスの滝とか周辺に行こうと思っていたのだけど、
大事を取って行けなくなってしまいました。

ブエノス・アイレスしか行けなかったので、将来又行かなければと思っています。

ブエノス・アイレス3 - 2009.11.10 Tue

ブエノス・アイレスは大きな街、大都会です。

ブエノスアイレス3

この写真の7月9日通りは世界一幅が広い道路らしいです。
もう忘れちゃったけど、ホントに広くて・・・何車線あったかな?
とにかく広くて、ここどうなっちゃってんの?って感じでした。

街の全体の印象は完全にヨーロッパ。

アルゼンチン4


目隠しをして連れて来られて、目を開けて「ここはどこでしょう?」って聞かれたら、
間違いなく、ヨーロッパのどこかの町って答えてしまうでしょう。

ある意味、ヨーロッパよりヨーロッパらしい印象・・・
欧米の大都会はどこも現在、多国籍。人だけ見てたらどこの国か分からない感じ・・・
だけど、ここは南ヨーロッパ系の白人率97%・・・
有色人種は時々しか見ません。

ちょっと流行遅れな感じもある・・・のんびりした大都会。
ヨーロッパの流行が半年~1年位遅れて入ってくるみたいな感じ・・・

ブエノスアイレス1

↑庶民的な町。常設の大きな市場があり、アンティーク市などが開かれる町。

アンティーク街

↑アンティークを売る店の一角。

ブエノスアイレス2

↑生き生きとした生活の様子が町に見られました。

活気があって色んな表情を持っている美しい街です。

次回はもう少し観光スポットなどを・・・

ブエノス・アイレス2 - 2009.11.07 Sat

ブエノス・アイレスではその当時、出来たばかりの
”パークハイアット・ブエノス・アイレス”に宿泊しました。

昔、お邸だった建物を改築した様子でした。
パークハイアット1 豪華なエントランス

パークハイアット2 ホテルの中庭

外観はヨーロピアンな伝統を感じる建物ですが、内装はコンテンポラリー

パークハイアット3 居心地抜群のお部屋

パークハイアット5 清潔で使いやすい水周り  
横向きですみません・・・

高いホテルだけど、ブエノス・アイレスは、とっても物価が安くて・・・
過ごしやすくて楽しいところでした。
(現在はどうなのでしょうか?)

なのでホテルも先進国なら決してこの値段では泊まれないといったお得プライスでした。
皆さんにもお勧めです。

このホテルのある地区は、ハイソな地区なので治安上の心配は全く無く・・・
近隣には、やはり豪華ホテルや各国大使館やブティック街があり・・・
ヨーロッパと何ら変わりのない生活が安く出来る素敵な場所でした。

なので、1週間ほどのここでの生活を満喫しました。

どれくらい物価が安いかというと・・・

150円位で2人分の朝食分くらいのパン(菓子パン3~4個位?)が買えちゃいました。
ホテルの近くに何軒ものベーカリーやカフェがあったので、
毎朝、ベーカリーに行ってパンを買っては、カフェに行って、
コーヒーを飲みながらパンをいただくといった生活を送りました。
日ごとに色々なベーカリーやカフェをめぐりましたが、楽しめたし、どこも美味しかったですよ。

あと、アルゼンチンは牛肉が有名なところなのですが、
700~1000円位で厚底のビーチサンダルみたいな大きさのステーキが食べれます。
ちなみに、大人用のビーサン、焼いた後でその大きさです。

日本みたいに霜降りってのではなくて、いわゆる赤肉です。
私は赤肉が結構好き・・・
カロリー低いし、噛めば噛むほど味わいが出てくる赤肉は、本当のお肉の味を楽しめるもの・・・
経済的だしね・・・

それと一緒に飲めるワインも安くてとっても美味・・・
地元産でした。産地らしいです。

このようにブエノス・アイレスでの生活は天国みたいに楽しい生活でした。

次回はブエノス・アイレスの町の様子をもう少し・・・

ブエノス・アイレス1 - 2009.11.03 Tue

今回は、地球の裏側まで行った時のこと・・・

アルゼンチンのブエノス・アイレスです。

まずは、ドドンとブエノス・アイレスの象徴的な写真
CIMG0462.jpg

カラフルなお家が立ち並ぶボカ地区のカミニートです。
ボカ地区は、サッカーファンならご存知のボカ・ジュニアーズの地元です。
スタジアムのすぐ近く・・・

カミニート2

でも私はスタジアムとか見に行ってません。
見えたけど・・・

だって、ここら辺はすごくコワいところだったし・・・そこまでサッカー好きじゃないし・・・
治安が悪いところだもん・・・

港町だから?
ラ・プラタ川に面した港・・・川の向こう岸はウルグアイ
港


今まで行った海外旅行の中でも最強にコワいところでした。

乗って行ったタクシーのドライバーが、「これ以上はもう行けないからここで勘弁してくれ」って言って、
目的地に行く前に降ろされちゃったくらいのところですもん・・・

乗ってたタクシーが野犬?(飼い犬かも?)に追いかけられたし・・・

この写真の辺りこそ観光客で賑わってましたが、100メートル離れるともうそこはスラムっぽいところ・・・
こういう程度のところをスラムっていうか本当のスラム街に行ったことないのでわかりませんが・・・

でも歩いていて何か雰囲気がコワいから、
私から「早く帰ろう」って言ったの海外旅行に行っていて初めてだったもん・・・


って、ここまでの話だと、ブエノス・アイレスってコワいとこなんだって思われてしまうでしょう。
違いますよ。そうでないところも沢山あります。
楽しい旅でした。

っていうか何でブエノス・アイレスに行ったの?
はっきりした目的はありません・・・

強いて理由を挙げるなら、
TVで「南米のパリ」と呼ばれているとのを見て知り、いつか行きたいと憧れていた・・・
ブエノス・アイレスという音の響きが好き・・・
アストル・ピアソラのタンゴ音楽がたまらなく好き・・・
ダンス全般が好き・・・もちろんタンゴも好き・・・

という理由かな~?
いつか行きたいと思いつつ、南米に行く機会なんて無いと思っていたけれど・・・
友達とどこに行くか検討していた時に、どちらからともなく冗談でブエノス・アイレスって出て、
「いいね~」なんて言っていたのが本格化しちゃったっていう感じでした。

友達はフランスはパリから、私は日本から・・・現地で合流。

ここエセイサ国際空港で待ち合わせ。
首都のメイン空港なのに小さな空港でした。
エセイサ国際空港

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示