topimage

2017-10

英国ドライブ旅行20(ロンドン市内観光~帰路) - 2009.10.21 Wed

2008.6.20

とうとうこのイギリス旅行最終日。

まずは確か朝9:00からだった、ホテルからすぐのスーパーにお土産の買出しに・・・
チョコレートやショートブレッド、その他・・・沢山買い込み・・・
すぐにホテルに帰って、荷物を詰め込み・・・
ホテルでのチェックアウトと荷物預けの後は、昨日と同じく「PAUL」にて朝食。
この日は店内で飲食。アップルデニッシュとカプチーノ。
このアップルデニッシュが今まで食べたこと無いほどの美味しさ・・・おいしい今でも忘れられません。
今度行ったら、また絶対食べると誓っています。
この「PAUL」というベーカリーカフェは、どうやらパリにもあるっぽい・・・だって、TVのパリの景色の中で偶然「PAUL」という看板見たもの・・・今度パリに行ったら見つけられるかな?

そして、この日の午前中まではまだ遊ぶ時間があったので、私達、最後の楽しみに取っておいた・・・ヴィクトリア&アルバート博物館に行きました。
ここは、私が前から行きたかったところ、最終日にここに行こうとこの博物館から近いところのホテルを予約したのです。

徒歩10分くらいだったでしょうか?そこは予想通り、素晴らしい博物館でした。
工芸品とか装飾品とかが中心の博物館で、女性が好きな感じのところではないでしょうか?
お金があったら全て買って帰りたいほど美しいものが沢山ありました。又絶対行きたいところです。

そしてここのミュージアムショップも素敵なグッズが多く・・・
余った時間で、お土産やら記念品やらを購入しました。

ホテルに帰って、荷物をピックして・・・さようなら、ロンドン・・・

ロンドン3 最後に何でもないロンドンの街中の景色を一つ

地下鉄に乗ってヒースロー空港に向かいました。
最後に地下鉄駅で電車を待つ父の安堵の横顔が印象的でした。何を考えていたのでしょう?
楽しかったこの9日間を思い出していたのか?これからの長いフライトのことを考えていたのか・・・?
ツアー旅行の経験しかなかった父には本当に良い思い出となったようです。

この後、ヒースローでは、オーデコロン(サラ・ジェシカ・パーカーがプロデュースしたLOVELYを発見、今では私の愛用品ハート1)を購入。
その後、靴まで脱いでの厳重なセキュリティーチェックを受け、遅いランチを取りながら、旅の思い出を話しつつ出発時間を待ちました。

ついに日本への飛行機に乗り・・・この旅は無事、終了しました。



スポンサーサイト

英国ドライブ旅行19(ロンドン市内観光) - 2009.10.20 Tue

2008.6,19続き

ホルボーン駅に着いたら、駅前にお寿司のイート・インのお店があったので面白くって入ってみました。
ちょうどお腹も空いてきていたので、おやつ代わりにすることに・・・
個包装のお寿司、好きなのを自分で取ってレジへ・・・何とお醤油の小さいパックも有料(苦笑)

サーモンやマグロなんかを2~3個食べたけど、まあまあ・・・っていうか日本の味が食べたくなったらこれでも十分楽しめると思います。美味しいものを求めるなら、高級店に行かなくちゃ・・・

でもスタッフや経営者らしい女性はどうやら韓国人?
このあたりはコリアンタウンなのでしょう。韓国系のお店が多いように感じました。
次にロンドンに来るときは、このあたりで一回韓国料理を食べてみよっと・・・

そしていよいよ父の来たかった大英博物館へ。

大英博物館 お決まりの入り口前の写真 立派な建物です

しかし、ここまで来るともう私の足腰はヘロヘロに・・・私は2回目だったこともあり、何だかダラダラ館内を歩くだけになってしまいました。興味を持ってみることもなしに・・・
父はもちろん喜んでましたが・・・

実は以前来たときには、観覧の途中で非常ベルが鳴り出し、急遽玄関外まで非難したといった怖い出来事があり、それは終わってみれば誤報で結構よくあるとのことで・・・何だよ~もう~、びっくりさせないでよ~!!困るっていう経験がありました。
今回は父も一緒だったので、もしまたそういうことがあったらイヤだな~ってちょっと緊張はしてましたが・・・大丈夫でした。

広過ぎる大英博物館の中は当然端折って見て・・・次はお土産購入。
もう、盛り沢山の1日でしょう?むふふっ絵文字名を入力してください

で、ロンドンで必ず買うことにしている紅茶屋さんに向かうことにして、ホルボーン駅に行くと・・・
入り口にすごい沢山の人が溢れてる・・・何だ何だ??

これまたロンドンでよくある地下鉄の停止です。
ロンドンの地下鉄は、日本では考えられない位よく止まるらしいです。
理由は分かりませんが、予告もなしに、急に「ハイ、止まります、もう乗れませ~ん」って具合です。

私も過去に1回乗車中に急に「ハイ、止まります、下りてください」っていうアナウンス一つで降ろされたことがあります。何か理由を言っていたかもしれないけど、覚えてません・・・

人ごみに紛れることを避け、バスを使って移動・・・
実は、外国での路線バスはあまり好まず・・・だって行き先とか乗り方、降り方とかが難しい気がして・・・だけど、ちゃんと調べて、間違いなく乗車&降車みくま ピンク

再びピカデリーサーカスに来ました。ここでミュージカルのチケットをピック。
徒歩にてコヴェント・ガーデンへ。
ここの「T-Zone」という紅茶屋さんには毎回来ます。自分で紅茶のブレンドが出来て楽しいし、とぉ~っても美味しいのです。ティー関連のかわいい雑貨も沢山あり、手頃で楽しいお買い物が出来ます。

いつものお気に入りフレーバーの紅茶を数種類作り、お土産用にも購入ハート
ここの紅茶を飲んでから、もう他の紅茶じゃ満足出来なくなってしまったくらい美味しいものです。
っていうか、ここの紅茶を飲んで、初めて、「え~、紅茶ってこんなに美味しい飲み物なんだ~」って紅茶を見直したほどです。日本で飲んでいた今までの紅茶って何だったんだろう?って感じたほどです。
もし、ここの紅茶が無くなってしまったら、今後私は、美味しい紅茶を探さなければならなくなります。
実は、ここの経営をしている紅茶会社が昨年のリーマンショックで経営破たんしたというニュースを日本で見たので、このお店はまだあるのか心配しています。

で、お土産購入後は、このコヴェント・ガーデンの後ろ側にある劇場へ。
ここでびっくり・・・にっこり、案内係に案内された席は、何とボックス席だったのです!!
確かに「ちょっといい席下さい」って言ったけど、まさかボックス席とは・・・!!
しかも相席ではなくプライベートで使用。ラッキー!!
ボックス席って必ずしも見やすい席ではないけど、日本の劇場ってボックス席持っているところってあんまりないでしょ?ヨーロッパっぽくって、貴族的で良いじゃないですか~。
あ~ん、こんなに素敵な席なら、もっとドレスアップして来れば良かった!!・・・といっても後の祭り・・・

楽しく見終えて・・・帰りも混雑した他の観客出口とは別のVIP専用出口から悠々とスイスイ出れて楽チンでした。

再度地下鉄に乗って、ホテルの駅まで戻り、この日は駅前の小さなトラットリアでサラダとパスタを食べて帰りました。

英国ドライブ旅行18(ロンドン市内観光) - 2009.10.19 Mon

2008.6.19続き

バッキンガム宮殿を眺めた後は、セント・ジェームス・パーク内の真っ直ぐの1本道を今度はトラファルガー広場に向かって散策。
交通量の多い道路でもロンドンではよくお馬に乗った警察官に出会う。
2F立てのロンドンバスとお馬に乗った警察官のコントラストは象徴的なロンドンの景色。

ロンドン2

トラファルガー広場とライオン、その向こうはナショナルギャラリー。

トラファルガー広場

ここはいつも沢山の観光客がいます。三越の玄関にあるライオンはここのライオンに由来があります。
ナショナルギャラリーを父に見せたかったけど、時間の関係で省略・・・残念悲しい

これぞロンドンという景色を父に見せたくて、ナショナルギャラリーの脇を抜けてピカデリーサーカスへ。
ピカデリーサーカスに続くこのカーブした道はリージェント・ストリート。沢山のお店が並んでいてカーブの美しい通りです。
初めて来た時の感激を今でも覚えています。

ピカデリーサーカス

ここで市中のチケット・エージェンシーを発見。ミュージカルなどのチケットを売っている。
本場のミュージカルを見て夜を楽しむのも良かろうと内容の分かりやすそうな「ライオン・キング」を聞くとその日のチケット有りとのこと。
ヤッター!!早速購入と思ったけど、カードが使えないとのこと。もうあんまり現金も持っていなかったので近くの銀行のキャッシュ・ディスペンサーにてクレジットカードを使って現金を引き出し・・・無事購入。

ここからは地下鉄を使い移動。
セント・ポール寺院前のカフェでセント・ポール寺院を眺めながらランチを取ってからセント・ポール寺院へ。
ここは初めて見に来た時に大感激!!そして絶対に父に見せたいと思ったところ。
いよいよ長年の夢が到来しました!!
そしてここはチャールズ皇太子とダイアナ妃が結婚式を挙げたところですって。
内部は写真撮影不可の為、写真は無いけど、初めて来て内部のドームの下に立った時、あまりの壮麗さに、「これぞイギリス人の誇り」って感じました。

イギリス人とイギリスの私の印象は、一言で言うと誇り高き・・・という感じです。
お札にエリザベス女王が印刷され、今でも王室が人々の身近な存在であるということを感じるにつけ、伝統を大切にしつつ世界の先端で、それらを共存させるバランス感覚を持った人々であり、国であると感じます。
こんな素晴らしい人々と国だし、こんな素敵な共有のお宝を持ってるんだから、誇り高き・・・と感じるんだと思います。

セントポール寺院 セント・ポール寺院の外観

このセント・ポール寺院のドームの頂上には展望タワーがちょこんと付いていてそこまで徒歩で上がれます。
すごく急な階段の連続で、最後の方はちょっと体型の横に大きな人は通れないほど細くなっています。
途中できつくなって戻ろうとしても逆行は出来ないので覚悟を決めてからチャレンジしないといけません。
足腰の弱い人や高所恐怖症や狭いところがダメな人も難しいかも?です。

でもそれらを乗り越えて、最後、頂上の外の光に出会ったときの感激は素晴らしいものですし、そこから360度見渡せるロンドンの景色も忘れられない景色です。

ロンドン1 現代ロンドンの象徴的な景色

テート・モダン 美しい橋、ミレニアムブリッジと橋の向こうの建物は、私の大好きなテート・モダン

テート・モダンにも行きたかったのだけど、こちらも時間の都合で断念。

この後、ミレニアムブリッジの中ほどまで行ってみて、再度地下鉄にてホルボーン駅、大英博物館へ。

英国ドライブ旅行17(ロンドン市内観光) - 2009.10.03 Sat

2008.6.19

さて、本日はロンドン市内観光。
みなさん、何度も見たことのある景色の写真ばっかりかもしれませんが・・・

この日の朝食はホテルと地下鉄駅のすぐ前、「PAUL」というカフェにてチョコデニッシュとカフェ・オ・レ。
大人から子供まで地元の人も沢山並んでいて人気のありそうなカフェ。

ポール かわいい佇まいのカフェハート1

お腹を落ち着かせたら、まずは地下鉄駅にてワンデイ・トラベルカードを購入。

ロンドンの地下鉄代は、1枚ずつ買うと一番安い区間でも1区間4ポンド。私達が行った時は一番ポンドが高かった時期だから、これは約1000円位なのです。
例えば東京で160円の地下鉄区間くらいがこの値段なのです。びっくりですびっくり
近頃はスイカみたいなオイスターカードというのがあって、こちらが主流らしい。これを使用すると先ほどの一区間が1.5ポンド(375円位)。
このオイスターカードの普及を推進しているのでしょう。この値段の差ですもの・・・

で、旅行者はというと・・・私の購入したトラベルカードか、オイスタープリペイというのが良いみたい・・・

オイスタープリペイは購入時にデポジットとして3ポンド支払い、カードを返却しないとそれは帰って来ない。
もちろんチャージ式だからよほど上手に使用しない限り、チャージ金額も残るからやはりカード返却は必要。
またロンドンに来る予定があれば、そのままでも良いけれど、具体的になかったら返却したほうが良いからちょっと面倒臭い絵文字名を入力してください

それで私はワンデイトラベルカード購入。市内の交通機関に乗り放題で5.3ポンド。
5.3ポンドであとは一日中フリーパスみたいなもの。
もちろん区間や期間によってはもう少し高いのとかがある。

予定から、どのカードや区間・期間を購入するのが良いか考えての購入が良さそうです。

私が購入したのは観光の予定から考えて、ワンデイトラベルカードのオフピーク、ゾーン1-2用。
地下鉄に乗った回数からするとこれで随分お得な旅をしました。

結構混み合った電車に乗り込み・・・スリに注意!!・・・ウエストミンスター駅へ・・・
この朝父は、ロンドンのカフェの朝食や、現地の人みたいに地下鉄に乗る経験をして、初めてのロンドン観光を前にとても楽しそうにしてました・・・

そしてウエストミンスター駅を出て・・・ちょっと歩けばこの景色・・・

ビッグベン ロンドンといえば定番の景色ですね、ビッグ・ベン

父、大感激!!(笑)

後ろを向けば・・・

大観覧車 ロンドン・アイ これも近頃は良く見る景色

何でもいつも混み合っていて、乗車するのに並んだりと時間がかかるらしい・・・
私達は並ぶの嫌いだからパス・・・

ここからまた少し歩くと今度は・・・

ウエストミンスター寺院 ウエストミンスター寺院

ここには歴代王のお墓が沢山あります。そしてここは王の戴冠式が行われるところらしいですぞ。
内部は古めかしくて荘厳、豪華です。
この旅最初に行った地、エディンバラに住んでいたメアリー女王のお墓もここにあります。
最初と最後の地を見れるなんてこの旅はストーリーがある構成になっています(自画自賛きゃ

このすぐ近所にセント・ジェームス・パークが・・・ロンドン市内には広大な公園が沢山あります。
市民の憩いの場所ですね。みんな寝転んだりして過ごしています。
こんなに都会なのに精神的にゆったり優雅だと感じます・・・
以前来たときは、ここにリスがいましたよ。

セント・ジェームス・パーク 奥に見えているのは女王のお家、バッキンガム宮殿

この辺りに来るとバッキンガム宮殿の衛兵交代式でしょうか?
鼓笛隊みたいな楽団の音が聞こえます。
私達、衛兵交代式を見たくて、間に合う時間に出発したつもりだったんだけど、ウエストミンスター寺院をゆっくり見過ぎてしまい、諦めてたんです・・・が・・・、まだ見られそう?
の予感に公園内を走り抜けました・・・日本人は忙しいからね・・・苦笑・・・

何とか鼓笛隊のお尻を見るには間に合いました・・・ゼイゼイ・・・父が大興奮しちゃって大変!!
すごい人だかりの中に突入してしまいまいました・・・私は離れたところでこの人だかりを観察・・・

実は私、3度目のロンドンなのにまだ衛兵交代式を見たことがなかったのです。
この日のこれは何だったんだろう?衛兵交代式の続きか?特別な何かがあったのか・・・
いまだに謎ですが、心地良い鼓笛隊の音と整然と歩く兵隊達の姿の凛々しさに父のみならず、私も結構感動してました。

バッキンガム宮殿 バッキンガム宮殿 すでに人だかりが解散した後・・・

これでこの日の午前中は終了。続きは次回・・・

実は、これを書いている今、TVで映画「クイーン」をやっています。
ヘレン・ミレンがエリザベス女王そっくりに演じていたあれです。
ちょうどロンドンのバッキンガム宮殿が出てくるネタを書いている時にこの映画とは奇遇だな~っと思いつつ書きました。
今日は、いつもよりリアルに旅行の時のことを思い出した気がします。

英国ドライブ旅行16(ロンドン市街到着) - 2009.10.02 Fri

2008.6.18続き

AVISオフィスで車を返却して・・・これでドライブは終わりなのだけど、この旅行はこのタイトルのまま、もう少し続きます。

AVISのシャトルバスでヒースロー空港ターミナルに運んでいただき・・・ロンドン市街へ・・・

ヒースローエクスプレスに乗るつもりだったのだけど、父と相談の上、ホテルの地下鉄最寄駅に直行のピカデリーラインを使うことにしました。

タクシーはこの混み合う夕方の時間帯を考えると金額が高騰しそうなので敬遠!!
過去の2回の旅行ではヒースローからホテルまでタクシーに乗ったのだけど、ロンドンのタクシー代は高いですぞ。
まあ、料金は明瞭なのでどこぞの訳の分からない請求をされがちな国とは違って安心だけどね・・・

ヒースローエクスプレスはパディントン駅まで15分~20分くらいなので優秀。だけどそこからの移動がこのときは面倒臭い気がして・・・

今回は、空港から初めての地下鉄移動・・・時間はかかるけど、父と2人だし、ロンドンの市民生活が見れそうだし、何だか楽しめそうとワクワクで乗り込みました。

あんまり覚えてないけど、小1時間くらいかかったっけな?エコノミーだからまあいいかってくらいの時間。

グロースター・ロード駅で降車。
駅を出て、すぐのホテル。ここも迷わないところを選んでいたのですぐに分かった。

「Radisson Edwardian Vanderbilt」(4ツ星)です。

ラディソンホテル ロンドンによく見られる形の建物ですね。

お部屋の写真を撮り忘れてしまいました・・・
お部屋内部は今までに泊まったどのお部屋よりも狭かったけど、コンテンポラリーに改装されていて、新しくて清潔で快適。
バスルームも広いとは言えないけど、狭くない程度でもちろんバスタブ付きで清潔で快適。

そして着いて早々、晩ご飯を食べに外出。
だけど2人ともこの日はとっても疲れていたし、何かの時に食べようと日本から持ってきていたカップラーメンがここまで消化されずにあったので、先ほど駅前に見つけておいたスーパーに食料の買い出しに行ってみた。

あったあった・・・
白ワイン、お寿司などのお惣菜を買って、ホテルに帰ってカップラーメンと一緒にこの旅初めてリラックスした食事を摂りました。

なぜ、リラックスって?
旅館だってお部屋食ってリラックスするじゃないですか・・・あれと一緒です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示